シーホースとナッツ

初めての子育てに奮闘中。新米パパ目線で、思ったことなどを書いていきます。

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

上の子のケア

我が家には僕の方の連れ子がおりまして、
まあネコが2匹なんですけど、
気づけば今年でもう10歳になりました。

そんなネコ達の普段の飲み水に使っているのが
フレッシュフローという自動水やり器で、
週に一度は中の水をキレイなものに入れ換えて
タンクの水も補給することにしています。
それが先週は、夏休みの関係でスケジュールが
いつもと違う感じになっていたせいか、
うっかり忘れてそのまま放置の状態に
なってしまっていたのでした。

そのことに気づいたのが昨日の夜。
まだ中の水が完全にはなくなってなかったのと
ここ数日が比較的涼しかったのが
せめてもの救いでしたが、ただでさえ
飲み水で体温調節するネコのことです。
命にかかわる重大なミスをしてしまったことに
昨晩は随分と落ち込んでしまいました。

それは勿論、彼らに対して申し訳ないという
思いと同時に、4日間もそれに気づけなかった
自分の余裕のなさに気づいてしまった、
そのことがショックでもありました。
ここ数日カリカリの食いつきがあまり
よくないのを見ておきながら、
なおミスに気づかず
「暑いから夏バテ気味なのかねぇ?」なんて、
のんびり構えちゃってた自分に。

前も書きましたが、きなこが生まれて以来
上のネコたちに向く「気持ち」が圧倒的に
減ってしまったのは否定しようもありません。
結婚前の「一日中部屋でお留守番」の頃に
比べれば、ヨメが家にいる分
かまってくれる人は増えたかもしれませんが、
結局きなこが生まれてからはヨメの意識も
圧倒的にきなこの方へ向かざるを得ないし、
はっきり言って2人ともネコ達のことは
ある程度ほったらかしていたと思います。
それどころか、時には「ムスメの昼寝を
邪魔する困った存在」ですらあったわけです。

もうそのこと自体は、申し訳ないけど
「どうしようもない状況」だと思ってました。
そんなただでさえ育児で余裕のないヨメに
ネコたちの心のケアまで求められないし、
本来であればそこをフォローすることこそが
まさに僕の役割だったはずなのですが、
気づけば自分自身の気持ちのコントロールすら
まともにできない、ここ最近の現実があり。

しかし今回のことは、自分の中で決めた
彼らに対しての「約束」を犯すミスでした。
できる範囲で、食うに困らないように
面倒を見ることが、自分にとっての
最低限の心構えだったはずなのに、
それすらもできなかったことが何よりの
ダメージでありました。

ワークライフバランス」の話のように
自分自身をリソースとして捉えたとして、
そこから何に対してどれくらいずつ
時間なり意識なりを割いていくのか。
ここのところの自分の余裕のなさを
振り返るに、その配分のバランスについては
今一度考え直す必要があるのかもしれません。

ネコのことを、「子育ての予行演習だ」
なんて書いたこともありました。
彼らにとっては失礼な話かもしれません。
でもこうやって、本当にたくさんの気付きと
たくさんの経験を事前にさせてもらえるのは
本当にありがたいことだと思っています。
文句一つ言わずにそんな役割を担ってくれる
彼らに改めての謝罪と、
感謝を申し上げたいと思います。
スポンサーサイト

| ネコのこと | 22:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ネコのこと その6

昨日ちょっとネコの話題が出てきたので、
産後すっかり話題に上ることも少なくなってしまった
うちのネコ達の様子を書いてみようと思います。

まずは赤ちゃんのほうの、ネコへの関わりについて。
生まれてから最近までは、そもそも視界にすら
入っているのか、時々ベッドの近くにネコが来ても
別段興味を示す様子はなかったのですが、
だんだん周りに興味を持つようになると
ネコに対しても特別な反応を示すようになりました。

その一つは「見つけるとテンションがあがって
甲高い大声を出す」こと。
声のトーン的には嬉しそう&楽しそうなので、
きっとかわいいネコ達を見て喜んでいるのでしょう。
他であまり聞いたことのない声を張り上げます。
二つ目は「体を触ると毛をむしろうとする」こと。
これは僕らも散々やられていますが、
今の赤ちゃんにとって基本的に毛というものは
全てむしる対象です。
抱っこしてネコのそばに連れていってあげると、
喜んで毛をつかんで引っ張ります。

それに対してネコのほう。もうお察しのとおり、
今まで書いてきた赤ちゃんのリアクションは
ネコにとっては「大迷惑」です。
せっかく僕らのそばでのんびりくつろいでいる時に
そんなけたたましい音を出されたら、耳のいいネコは
「うるさいなぁ」といった感じで
さっさと隣の部屋に逃げていってしまいますし、
いきなり近づいてきた奴に毛をむしられるなんて
「何すんねん!」という思いでしょう。
これが今後、部屋を自由に動き回るようになったら…
ネコ達のストレスはいかばかりかと、心配です。

そしてもう一つ、甘えん坊のオスだけなのですが
ちょっと困ったことも起きています。
赤ちゃんが生まれて以来、ヨメは当然お世話で
かかりっきりになっています。
そんな平日の昼間のうちで、唯一休めるのが
赤ちゃんが寝入った時。
ようやく寝静まって、ホッと一息入れられる…と
思ったとたん、すかさずネコの鳴き声が。

きっとやっと静かになったから
お母さんを独り占めできると思うのでしょう。
それとも、今までずっと赤ちゃんに気を使って
おとなしくしてたんだから、
あいつが寝た時くらい甘えさせてよ!
という思いなのでしょうか。
どっちにしても、そうやって甘えて来る時の
ネコの声はとっても高いので、
せっかく寝た赤ちゃんがその声で起こされてしまう、
ということがこれまでに何度もあったそうです。

彼の気持ちになってみれば、
急にやってきた奴にお母さんを独り占めされる。
そんなおもしろくないことはないでしょう。
まさか故意に嫌がらせで鳴き声を出している
なんていうことではないでしょうが、
これまでずっと気を遣って我慢してきたのが、
ここへ来て限界に来てしまったのかもしれません。
でもその鳴き声攻撃によって
赤ちゃんを起こされてしまうヨメの方のストレスも、
同時に積もりはじめているのも事実です。
まさによく聞く「上の子のケア」というような問題が
わが家でも起きてしまっているのです。

そんな時こそ父親の出番です。
昼間は手が離せないヨメに代わって、
僕が夜帰ってから今までの何倍もネコのことを
かわいがってあげられれば、そんなふうに鳴き声で
ヨメに対して余計なストレスを与えてしまうことも、
少なくなるかもしれません。
昨日からやることにしたブラッシングも
やられている本人は大層気持ち良さそうなので、
これでまずはネコのストレスを軽減してあげて、
家族の関係がもう少し改善するように
できればと思っています。

| ネコのこと | 22:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ネコのこと その5

個人的な願望としては、子どもにはなるべく多くの
「他人」と関わって欲しいと思っています。
異なる価値観、異なる思想を持つ人と接することで、
柔軟でフラットな目線で物事を見られるように
なるんじゃないかと思うからです。

しかし残念ながら、ウチは夫婦揃って人見知り。
いろんな人と関わるのなんて夢のまた夢だし、
親元を離れて二人暮らしなので家族も最小単位です。
そんな中、家にネコがいてくれるというのは実は
すごくありがたいことだと思っていたりします。
この「ザ・マイペース」な生き物は、まさに
異質な存在として子どもに関わってくれるでしょう。
話は通じないけど、どうやらこちらの
言っていることは何となくわかるらしい。
体は小さいけれど、身体能力は人間より高いようだ。
こんな生き物と一緒に暮らすというのは、
きっと我々親だけでは与えられない沢山の刺激を
子どもにもたらしてくれることと思います。

2匹は今8歳、長生きしてくれれば子どもが小学校に
上がった後まで僕らと一緒にいてくれるでしょう。
子どもが人格を形成していくその間に、ネコの存在が
どれ程大きな影響を与えてくれるか計り知れません。
彼らには、今のうちから心よりありがとうと
伝えておきたい気持ちでいっぱいなのです。

| ネコのこと | 22:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ネコのこと その4

今こうしてネコと暮らすというのは、ある意味
「子育ての予行演習」のようなものだと思うことが
よくあります。

猫の知能は人間で言えば2歳児程度だそうですが、
もちろん人と違ってそれ以上に発達はしないし、
言って聞かせたところで理解できる訳もありません。
ウチのネコ達も、それぞれいろんな困ったことを
してしまうところがあるけれど、それをいくら
本人達に言ったところで仕方がないのです。
そんなことでイライラしたりするよりは、
「そういうもの」と理解をして、その上でいかに
この同居人たちと仲良く幸せに過ごせるかを
考えた方が、ずっと建設的だし楽しいはず。
これまで長くネコと接してきて、だんだんと
そんなふうに考えられるようになりました。

ネコと暮らしてそういう発想の仕方を養ったことが
これから先、子どもを育てていく上でも
とても役立ってくれるのではと考えています。
子どもだって、言うことは聞かないし
言ったってわからないしで、思い通りにならない
ことばかりなんだろうと思うんですが、
その時にいちいちイライラしないということが、
難しいけどすごく大事なことではと思うからです。
ネコから教わることは他にもたくさんありますが、
こうやってシミュレーションする機会を
与えてくれるというのは本当にありがたいことです。
このことを「経験」と捉えて、もうすぐ始まる
子育て生活に活かしていけたらと思っています。

ちなみにもちろん、子どもを動物扱いするとか
そういう意味ではありません。
個人的にはむしろ、最初は親の手を借りなければ
生きてさえいられない赤ちゃんですが、
できれば最初からきちんと一人の人間として
平等な立場で接して行きたいという気持ちでいます。
(実は人扱いしすぎて、すでに僕の方が
彼女に対して人見知りしてしまわないかと、
心配しているくらいだったりします(笑))

| ネコのこと | 21:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ネコのこと その3

うちのもう一匹の住人、メスの方の猫について
書いてみようと思います。

野良猫時代を経験しているせいか、
警戒心が強いとされる三毛の血が入っているせいか、
いつまでたっても人間になつかない彼女。
とにかく気まぐれ・気分屋なところも含めて
実に「猫らしい」猫です。

ヨメが来て以来すっかりデレ化して、今まで
見たことのなかったような心を許しきった姿を
見せてくれるようになりましたが、実はそれも
ヨメに対してだけ。
僕には相変わらず距離をおいて接してきます。
たまに機嫌が良いらしく甘えてくる時でも、
お腹を触らせるのはいつもちょっと離れた場所から。
常に「いつでも逃げられる」距離を確保した上で
甘えてくるのです。

もっともそういう性格なので危機回避能力は高く、
危険なことをすごく早く察知します。
そのおかげか、これまで病気らしい病気も
したことがないし、きょうだいでケンカしても
オスの方と違って、まず怪我なんかは作りません。
そういった意味では非常に手のかからない、
とても自立した猫であるとも言えると思います。

しかしそんな彼女の、一番のやっかい事が
「吐きグセ」。
胃が小さいのか、ちょっと食べ過ぎると
たちまち食べたものを出してしまいます。
後に取っておく、というよりは単純に食べ過ぎて
気持ち悪くなって吐いちゃう、という感じ。

この体質には、本当に悩まされてきました。
人間なら「あんまりがっついたら吐くから、
ほどほどにしとこう」と考えるのでしょうが、
ネコにそんな学習能力はありません。
ただ欲求に任せて食べ、吐く、を繰り返すのです。
とわかっていても、やっぱりイライラしてしまうのが
人間です。せめて掃除しやすいところで吐かせようと
えづきだした彼女を部屋中追いかけ回したことも
何度もありました。
なかなかなつかないのはそれが原因だろう、と
言われても仕方ないくらい、
たくさん怖い思いをさせてきたと思います。

それがいつのころからか、そのことで腹も立つことも
あんまりなくなってきました。
そういう体に生まれてしまったのはしょうがないし、
(実際お腹を触ると、肋骨が曲がってるのがわかる)
学習しないのだって猫なんだからしょうがないし、
何より本人が、好きで吐いてるわけじゃない。
気持ち悪いけど、どうしようもないんだよね。
ってことを、考えられるようになってきたのです。
きっとこれからも彼女は吐くだろうし、
時々はイライラしてしまうこともあるだろうけど、
今はそんな彼女と、これからもいいバランスを
保ちながら付き合っていきたいと思っています。

| ネコのこと | 23:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ネコのこと その2

この週末はゆったりしていたので、
久々にがっつり「ネコをネコかわいがり」しました。

特に、最近デレ化したメスのせいか
甘えることを遠慮しがちになってしまっていた、
元々は「超」のつく甘えん坊だったオスの方のネコ。
今日は気が済むまでなでてあげました。
今もひざの上にちょこんと座ってくつろいでます。
ネコというよりは本当に赤ちゃんのよう。
きっと本人も自分がネコだとは思ってないでしょう。

思い返せば一緒に暮らし始めたばかり頃は
いきなり知らないアパートに連れてこられ、
しかもたいして懐いてもいない僕との生活で
よっぽど不安だったのか、
毎晩のように夜泣きをしていたものです。
その後は尿路結石に血尿と立て続けに体調を崩し、
毎週のようにあの恐ろしい動物病院に
連れて行かれる日々。
今やすっかり恐がりになってしまったのも、
あの頃のつらい経験が影響しているかもしれません。

でも持ち前の食い意地&天然っぷりで、
なんだかいつもなごまされてきました。
脚がすらっとして長く、目鼻立ちもかなりの
イケメンなのに、性格は天然キャラ。
人間だったらかなりチヤホヤされそうです。
今でも時々おしっこをトイレからはみ出して
してしまうという粗相をしますが、それも何となく
笑って許せてしまうところがあります。

赤ちゃんがこの家にやってきた時、
実は最も気を使ってあげないといけないのは
この子なんじゃないかと思っています。
すごく優しい子だから、きっと赤ちゃんのことも
すぐに受け入れてくれるだろうけど、その分
本人はとても寂しい思いをしているはずなのです。
そんなことを、今日思いきりノドを鳴らす
彼を見ながら思いました。

次回はツンからデレに大変身した、
メスの方の話を書こうと思います。

| ネコのこと | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ネコのこと

この間は「もうすぐ3人」なんて書きましたが、
大切な家族のことを忘れてました。
わが家の小さな住人、ネコのきょうだいです。

生まれて何ヶ月間か野良生活だったせいか、
ウチに来てからも人間に対して警戒心が抜けず
特にメスの方とは常に距離をおかれる日々でしたが、
結婚してヨメが来てくれてから一気に打ち解けて
今ではすっかり仲良し家族になりました。

とは言え相変わらずの恐がり&人嫌い。
誰か知らない人が来れば部屋の隅に隠れちゃうし、
予防接種で病院に連れて行けば
すっかり怯えてハゲまで作っちゃう始末。
赤ちゃんに悪さをするんじゃないかと
心配する人がいますが、どちらかと言うと
怪獣みたいに騒がしい生き物が家にやって来たとき、
ネコたちの方がストレスに耐えられるんだろうか…
ということの方が心配です。

111012

| ネコのこと | 22:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。