シーホースとナッツ

初めての子育てに奮闘中。新米パパ目線で、思ったことなどを書いていきます。

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

画伯爆誕

※今回は親バカ満載ですので閲覧注意です※

きなこは、あまり絵を描かない子です。

これまでもペンを持ちたがる機会というのは
多くありましたが、何か形のあるものを
描くことというのはほとんどなく、
直近の年末年始の休み中に描いたものも
正直何かに見えるようなレベルのものでは
ありませんでした。

どちらかというと、お絵かきを始めても
すぐ「パパ描いて」「ママ描いて」と
こちらにペンを渡してくるばりで、
すぐ自分で描くのをやめてしまうパターンが
とても多くありました。

わが家は、夫婦揃ってそれなりに絵心があり、
僕は曲がりなりにも漫画でお金をもらっていた
時期もある人間で、ヨメも「記憶スケッチ」の
再現度の高さでは僕も到底かなわない
画力の持ち主なので、もしかしたらきなこは
それを見て怖気づいているというか、まさか
「本人なりに楽しんで描く」ということを
我々が阻害しているのではないか?と
若干本気で心配していたのでした。

それがここへ来て、
まず「ぬりえ」に興味を持ち始め、
(その元絵もヨメが描いたりしてましたが)
随分きれいに塗れるようになったなぁと
思っていたら、今週のことです。
急にせんせい(的な別会社のおもちゃ)で
何か描き始めたと思ったら、
いきなりビックリするようなクオリティで
人間の顔を描き上げたのです。それがこちら↓


本人曰く「帽子を被ってる」姿だそうで、
2つともまさかの「黒目にハイライト」まで
入れてきました。

なお今のところ人の顔しか披露してませんが、
次の日には「上下逆さまに顔を描く」という
スーパーテクニックまで見せてくれました。
これも、僕がきなこと向かい合って
お絵かきをしていた時、何度かやってあげた
ことではあったのですが、まさか2歳にして
そんな技を盗んでくるとは思いませんでした。

ついに長らく隠してきた封印を解き、
いよいよ画伯としての頭角を現し始めた
きなこのこれからの作品に期待です。

…は冗談としても、本人は例の絵を描く途中
我々に「見ないで!」と言ってきたので、
これまで自分の絵に恥ずかしさがあった、
というのははずれた想像でもないのかも
しれません。
まさか一人でこっそり練習してたとか…
スポンサーサイト

| 成長記録 | 22:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

「クイズしよう!」

前回のヨメによる「オムツ絵」作戦、
一旦は効果を失いましたが、その後は
自から進んで履いてくれる日もあり
逆に絵が描いてないと怒る日までありと、
まだまだ気まぐれさを読み切れない状況です。

ただ、その次に控えるパジャマの方も
日によってはそれまで断固拒否だったのが
突然「着る」と言い出して自らサッと
着てくれたりすることもあって、何だか
これまでのような「拒否一辺倒」からは
少し変わってきたような気がします。

イヤイヤ自体も、もちろん怒る時は
激しく怒るのですが、ちゃんとこちらが
話を聞いてあげて、気持ちを共感してあげて
本人が納得さえすれば、意外にその後は
素直だったりすることも出てきました。
感覚としては「聞き分けがよくなってきた」
ような感じです。以前に比べれば、ですが。
ただ気候が良くなってきたせいだけなのかも
しれませんが、イヤイヤ期もいよいよ
終わりが見えてきたかと期待は高まります。
とにかくこの先少しずつでも、きなこの情緒が
落ち着いていけばいいなと思います。

さて、そんなきなこの最近のお気に入りは
「パズル」と「クイズ」。
パズルはいわゆる「ピクチュアパズル」という
台紙の付いたジグソーパズルのようなもので、
100円ショップで4つセットで買ってきたものを
作っては壊し作っては壊しして遊んでいます。
4種類はだんだんピースの数が増えていくので
最初こそ一番難しい20ピースには手間取って
いましたが、今やすっかりコツも覚えて
すんなり作れるようになりました。

そしてもう一つハマっているのが、
「クイズしよう!」。
こちらがお題を出してきなこが答える形式で、
「鼻の長い動物は?」
「チューチュ鳴く動物は?」
「空にもくもくしているのは?」程度の
簡単な問題です。
ただこれが、お風呂の後の30分位ずっと
質問を出させられるので中々ハードです。
何しろきなこでも答えられるような言い方で
問題を考えないといけないので、
こちらの脳はもうフル回転なのです。
本人は毎日同じ問題でも一向に構わないような
様子なのですが、ついついこちらとしても
今までと違う問題を出そうとしてしまうので
相当頭を使います。

今日はさらに、そのものの色まで答える
「何色っぽい?」まで追加されました。
「首の長い動物は?」
「キリン!」
「じゃあキリンさんは何色っぽい?」
「黄色っぽい!」といった感じ。
これによって、明確な色が決まっていないと
問題にしづらくなってしまったので
余計制限が厳しくなってしまいました。
そんな時に限って突然向こうから
「動物クイズー!」と、お題の指定まで
してきたりするのでなお気が抜けません。

これから先、どんどんあちらの知能レベルが
上がっていくと、それに対応するこちらも
相当脳が鍛えられることになりそうです。

| 成長記録 | 22:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ねないこきみだ

最近きなこが夜寝ません。

とにかく眠気が限界に来るまでは起きていて、
ヘタすると21時半から寝かしつけを始めても
23時くらいまで粘られます。

きっかけは先週、「寝室を抜け出す」ことを
知ったことによるんじゃないかと思います。
これまでそういう発想がなかったのが、
「あ、ここから出ていってもいいんだ」
ということを思いついてしまったらしく、
そしてその向こうの世界がよほど魅力的な
ものに見えてしまったらしく、
何だかんだと理由をつけてはリビングに来て
絵本を持って行ったりネコにちょっかいを
出していっては戻る、の繰り返しです。

最終的にはいよいよ眠気が襲ってきて、まあ
自分から布団に行ってくれれば良い方で、
眠くなって理不尽な要求をひたすら繰り返し
(大抵は「シール!」の連呼)てきたり、
その後はキレられながら電気の消えた寝室へ
連れて行くことになるパターンで、何にしても
ひとしきり泣いてからの撃沈、ということが
ここのところほぼ毎日続いています。

要するに「寝るのがもったいない、もっと
楽しく遊んでいたい」ということなんだとは
思うのですが、付き合うこちらが限界です。
我々にとって完全な自由時間は寝入った後の
この少しの間しかないので、寝付きが遅れると
どうしてもずれ込んで夜ふかし気味になり、
そのぶん寝不足になり…でいいことなしです。

また「昼間のうちにたっぷり日の光でも浴びて
疲れさせれば夜すぐ寝る」ということも
確かに聞く話ではありつつ、連日この暑さ。
まともに外も歩けないような気候の中、
お互いフラストレーションも溜まるってもん
だったりするわけです。

とにかく今は、いつか必ず終わると信じて
少しでも平和に眠りに入ってもらえるよう
無茶な要求に答え続ける日々です。

| 成長記録 | 23:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

時制の概念

少し前に、きなこにはまだ「所有する」という
感覚がないらしい、という話を書きましたが、
今やすっかり「オマエのものはオレのもの」に
なりつつあります。
今日も「全部私のもの!誰にも渡さないよ!」
と、どこで覚えたのかずいぶん達者な表現で
お風呂のおもちゃについての所有権を
主張していました。
おそらく出どころは、最近いつも見ている
「ディズニーJr」というCSのチャンネルの
『ジェイクとネバーランドの海賊たち』とか
その辺りでしょう。(とても面白い番組です)

そして最近は、僕が出勤する時は毎朝のように
「ダメ!待って!行かないで!ストップ!」と
ひたすら出かけることに不満を訴えてくるし
本気で泣いてしまうこともあったりするので、
常にヨメにはそんな幼児を残していくことを
申し訳なく思いながら家を出る毎日ですが、
その分仕事が終わって帰ってくると
きなこもたいそうご機嫌で、高いテンションで
今日あった出来事を話してくれたりします。

といってもまだまだ言葉も明瞭ではないし
正直言ってることの8割がた聞き取れてない、
というこなどもよくある話なのですが、
少なくとも「過去の話をしているらしい」
というのはわかります。
つまり、「過去の体験を過去のものとして
振り返って人に話す」ということについては
どうやら出来ているように見受けられます。

以前何かの本でだったか、
「過去や未来という概念を認識するのは
ある程度脳が発達してから」というような話を
読んだ記憶がぼんやりとあったので、
そういう概念を理解できるくらいには成長した
ということなのかな?と捉えていますが、
でもその前に「未来」の概念に関しては
「明日は公園に行こうね」というような
「予定」に関する話を、もうずいぶん前には
理解できていたような気もするので、
何かで読んだという自分の記憶自体が
相当あやしいです。

とりあえず今日も、明日からは3連休で
ずっと家にいるよということを話したら
ずいぶん喜んでくれて、明日は2人で
お散歩に行こうねという約束をしました。
果たしてその「未来に予定されていること」を
どこまで理解しているのかはあまりよく
わかりませんが、とにかく明日は玄関先で
出ていかないように腕を引っ張られる、
ということはなくて済むのでよかったです。

| 成長記録 | 22:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

イヤイヤ セカンドステージ

いよいよきなこのイヤイヤ期も、
後半戦に入ってきたのでしょうか。

とにかく情緒が不安定で、それまで普通に
ご機嫌だったのが急に泣き出したりします。
先日も、マイクのおもちゃで楽しく遊んでいて
そのまましゃぶり始めてしまったのを
ヨメが軽く指摘しただけなのに、そこから
延々号泣でした。もうただ泣きたかったから、
としか理由が思い当たりません。

欲望ももはやとどまるところを知らず、
好き嫌いも実にはっきりしているので
ご飯も好きなもの以外は一切口を付けません。
そのくせおやつは全力で要求してきますし、
今のきなこの3大好物である「マシュマロ」、
「サクサク」(←コーンフレークのこと)、
「シール」(←?)に至っては
もうあげてもあげても欲しがるというか、
逆にあげないと即ギレ状態です。
絶叫はもちろんのこと、テーブルを両手で
バンバン叩いて脅迫してきます。

しかも要求してくる言葉も、本来なら
「○○が欲しい」とか「○○ちょうだい」とか
「○○持ってきて」とかの言い回しは
本人も絶対知っているはずなのに、ここ最近は
どういうわけかただただ単語の連呼です。
1日に100回も「シール!シール!」を言われ
続けると、流石に気が変になってきますね。

それでもヨメは慣れたもので、都度うまく
別の好きなもの(TV番組とか)を使って
気を逸らしたりできるのですが、
僕は先週おやつにあげたマシュマロで、
「これで最後だよ」と言った後になっても
ずーっと欲しがるきなこにもうどうしていいか
わからず、いつまでも同じ説明を続けていたら
結局泣かれてしまいました。
もちろんその後も延々号泣です。

とにかく目に付いたものは何でも触って
みたがるし、我々のやっていることは何でも
真似してみたがるし、
もちろんそれによって本人ができることも
どんどん増えていってはいるのですが、
まあ正直言って「大変手を焼く」日々です。
いつか終わるとは思っていても、とはいえ
あと半年で「卒業!」とばかりに
突然聞き分けよくなる訳でもないでしょうし、
もうこのままずっと手を焼かされる覚悟で
やっていった方がいいんでしょうね。

そんな中、今日ヨメに
「最近記念日的なものがあんまりないね」
と言われました。
考えてみたら昔は「立った!」「歩いた!」
というように、できるようになったことを
いちいち喜んでいたものでしたが、
だんだんできるようになることが増えすぎて
1つ1つに対する反応が薄くなってきたように
思います。それはもうしょうがないとしても、
これからは前回の歯磨き記念日のような
「自分達自身が嬉しかった」という気持ちを
なるべく大切に、このブログでも記録して
いけたらと思います。

ちなみに今日のお風呂上がり。らくがき帳に
いろんな絵を描かされていた中で、
きなこ本人を描くようにオーダーされたので
その時の姿(オムツ一丁)のままを描いたら、
突然いそいそとパジャマを着始めました。
その上で改めて、自分を描いてくれと。
どうやらちゃんと服を着た姿で
描かれていないとイヤだったようです。
最近なかなか服を着てくれなくて
これまた手を焼いていたので、
ちょっと使えそうなワザを見つけました。

| 成長記録 | 23:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

何でもやりたい期

いよいよもって、イヤイヤ期によるダメージが
我々をむしばみ始めています。
というかまあ主に僕の方なんですが、ここの所
仕事でも、極端な気候にもダメージを受けて
すっかりブログを更新する元気すらも
失っておりました。

そんな中最近のきなこは、
拒絶語ラッシュは相変わらずなものの、加えて
何かといえば「○○ちゃんがやる!」と
言うようになってきました。

とにかく我々がやっていることを
まねしてやってみたくて仕方ないようで、
爪を切りたい、米を研ぎたい、卵を割りたい、
猫にエサをあげたい、家の扉の鍵を締めたい、
プランターには水を、ご飯にはふりかけを、
納豆にはカラシを、うどんには唐辛子を…と
何でもかんでもやってみたがります。

当然どれもやったことのないことばかりで
いきなり上手にはできないので、
こちらが手を添えてあげておっかなびっくり
やるわけですが、それこそ爪切りなんかは
練習台として僕の手を差し出しましたので、
いつ指先をザックリ行かれるかと
たいそう肝を冷やす思いをしました。

それでもこうやって好奇心を持って、
あれこれチャレンジしてもらわないと
色々できるようにはなっていかないですから、
当分は骨の折れることばかりですが
時間の許す限りは頑張って付き合ってあげて、
なるべく早く一人でも上手にできるように
なってくれればと願っています。

もっとも良いことも一つだけあって、
どうやらパジャマを自分で着ることに
楽しさを見出したらしく、以前よりは大分早く
パジャマを来てくれるようになりました。
それまでは暑かったこともあって、「裸族」で
どうしようもない時期が続いていましたので
(そのうえ体をボリボリ掻いてしまう)、
自ら「パジャマ着る!」と言ってくれるように
なったことは非常に助かります。

| 成長記録 | 22:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

「所有する」という感覚

ここ最近、きなこの「あまのじゃく」っぷりが
いよいよ極まってます。
おおよそあらゆる「質問」や「提案」に
否定語で返してくるようになってきました。
「ご飯食べる?」→「ご飯食べない!」
「歯磨きしよう」→「歯磨きしない!」
「じゃあもうお風呂入るのやめよっか?」
「お風呂やめない!」てな具合です。

また、何かを上手くできないことで
自分自身に腹を立てているのか、
一人で癇癪っぽくなっていることも増えてきて
果たしてこの子のイヤイヤ期の底はどこに…?
という感じの今日この頃です。

さて、今日はそんなきなこを連れて
家のすぐそばの公園に行ったのですが、
他にも同じくらいか少し大きいくらいの
女の子を連れたパパさんが2組来てました。
といってもそこは実に男らしく(笑)、
お互いに特に交流することもなく
めいめいが勝手に過ごしていたんですが、
そのうちの1人の子が砂場道具で遊んでるのを
きなこが見つけて、「砂場で遊ぶ~!」と
駆け寄って行ったのでした。

するとその子は「○○ちゃんの!」と言って
落ちていたスコップを手元に引き寄せたので、
どうせ家もすぐそばなこともあったし
その子には「邪魔してゴメンね〜」と伝えると
一旦自分達用の砂場道具を取りに帰って
再び戻って遊んだわけなのですが、別に
その女の子の行動がどうということではなく
そういえばきなこはまだそんな感じないな…
ということにその時気づいた、という話です。

帰ってヨメに確認しましたが、普段特に
そういう主張をすることはない、というより
もしお友達が勝手にきなこの持ち物を
取ろうとしても別に気にする素振りもない、
ということでした。
つまり、まだきなこの中には
「誰かのもの、自分のもの」という概念が
あまりないのではないかと思われます。

ヨメの話では、普段そういうシーンがあるのは
主に子育て広場などの、そもそもおもちゃが
「誰のものでもない」状況が多いから
そのせいかも?ということでした。
もしかしたらそういう理由もあるにせよ、
何となく単純にまだ発達段階がそこまで
行ってないだけかなぁという気がしています。

その辺りは、保育園など普段から集団の中で
過ごしている子などはきっと早いうちから
そういう部分が発達するんじゃないかと
想像されますが、我が家の場合はまだまだ
そういう社会性を身につけるまでには
時間がかかりそうです。

もっとも、この間書いた遊びの時のフレーズ
「私の○○を返して!」は案の定、
「私が!」「私の!」という表現として
普段の会話の中に出始めているので、
本人の中で「これは自分の所有物である」
という感覚が生まれるのも
おおよそ時間の問題のように思われます。

きっとその時には、あらゆるものが
きなこのものになってしまうんでしょうね。

| 成長記録 | 22:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

「もと」赤ちゃん

この週末は、毎年恒例の暑さ対策として
グリーンカーテン用のヘチマを植えました。
きなこも興味津々で、昨日の土のかき混ぜから
今日の苗の植え付けに水やりまで、終始
ベランダに出て一緒に作業に加わりました。
とはいえ狭いベランダ、1人で作業できてたら
どれだけはかどったか…という程でしたが、
土いじりなんてそうそうできることでもないし
いい経験をさせてあげられたと思います。

さて、最近きなこが「赤ちゃんだっこ」を
度々せがむようになりました。
たまたま何かのきっかけで、ヨメが冗談っぽく
「ほーら赤ちゃん~!」とやってあげたのが
本人的にそうとう面白かったらしく、
やってあげると大層喜びます。

そこで気づいたのが、その「赤ちゃん扱い」が
冗談として通用するくらい、もはやきなこに
「赤ちゃんっぽさ」は感じないということ。
もう見た目的にも完全に、「子ども」です。
いつくらいからそんな印象になったかは
はっきり憶えていませんが、いつの間にやら
彼女の赤ちゃん時代は終わっていたようです。

考えてみれば、中身についても今日のように、
泥で汚れた手を水で洗ってタオルで拭くまで
自分でできるようになっているし、
パジャマのボタンもたどたどしいながら
自力で留められるようになってきているし、
少し前には「スープをスプーンですくって
こぼさずに口まで運ぶ」という、およそ
関節の動きとしては相当高度と思われることも
難なくこなせるようになってしまいました。

実際、そんなふうに色々と自分でできることが
増えてきて、徐々に手がかからなくなって
きているなあというのも実感としてあります。
イヤイヤで困ったこともたくさんありますが、
それと同時に楽にもなってきているんだな、と
ふとしたことで気づいたのでした。

この調子でどんどんできることを増やして
手離れしていってくれるように、これからも
最初のうちは何かと手間がかかるものの
彼女の体験値UPにつき合ってあげたいと
思います。

↑記録写真をとっていたら、真似して
マイカメラで撮影しまくるきなこ。

| 成長記録 | 22:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

靴の大きさ遍歴

今日はとても爽やかな天気に恵まれたので、
ずっとやりたいと思いつつ出来ずにいた
「今までにきなこが履いた靴を洗うこと」を
何の予定もない連休を活用して実行しました。

今から1年と少し前にファーストシューズ
11.5cmで買ってから、成長に合わせて
サイズアップを繰り返すこと4度。
今では14.5cmまで大きくなりました。

洗ってみて改めて気づいたのですが
最初の靴は他のより含む水の量が多くて、
つまり靴底だけでなく全体がふんわりと
柔らかくなるように作ってあるんですね。
それに比べれば、今の靴はもうすっかり
普通のスニーカーに近くなってきていて
子どもの時自分の靴を洗っていた頃を
思い出しました。

そして何となくきなこのイメージで
いつも「黄色系」のものを選んでたことが
改めて並べてみて顕著だなぁと実感しました。
子どもの靴(と服)のラインナップって、
たいていがピンクか水色、そして次が黄色
という感じなので、どっちもイメージに
合わない場合は黄色系にならざるを
得ないんですよね。

ともあれ、ここまで成長していっているのを
靴を通して感じられたのでよかったです。
明日はこどもの日ですが、こうやって
履いてきた靴を捨てずに取っておくことも
柱のキズと同じように、子どもの確かな成長を
実感できるなかなかいい方法かもしれません。
(本当は2人目でも使うかも…と思って
 捨てられてなかっただけですが)


左から、11.5cm、12cm、13.5cm。
そして右はじが現役で使っている14.5cm。
右上にきなこの足が見切れてますが、
こうして見るとデカいですね。

| 成長記録 | 22:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

自分で寝る力

きなこの卒乳から3週間あまり。
遅ればせながらようやく昨晩、
寝かしつけをヨメと交代して担当しました。

ほんとはもっと早く交代できたはずですが、
卒乳直後はまだ気持ちが不安定かも…
ということを勝手に心配していたのと、
とはいえこれまでずっと習慣になっていた
「寝る時はヨメと2人で」という部分が
簡単に崩せるのだろうか?という不安があって
若干二の足を踏んでいたのは事実です。
というのも、実は過去に何度か
交代を試みては拒否されてきたという
苦い経験があったりもしたからでした。

そして昨日は、お風呂上りの時点でまず
「今日はパパと寝ようね」と伝えてみたところ
案の定首を横に振られたので、
過去の修羅場を繰り返す可能性も覚悟して
いたのですが、いざ電気を消す段階になると
意外なほど素直に僕を受け入れてくれました。

それどころか、暗くして2・3言葉を交わすと
もうすぐにきなこ自ら布団に横になり、
こちらは隣にいて手をつないであげただけで
15分もたたずに寝かしつけは終了。
やり方はヨメから聞いて知っていましたが、
これまでは「泣きつかれて眠るまでひたすら
耳元で泣かれながら抱っこし続ける方法」や
「電気を消した状態で遊びつかれて眠るまで
1時間以上寝たフリを続ける方法」くらいしか
手立てがなかったことを思うと、これほどまで
あっさり寝るというのは隔世の感があります。

特に、はっきりと本人自ら「寝よう」という
意思を見せてしかも実行してくれるというのは
ほんの少し前までなかったことなので、
しみじみと成長したなぁと感じてしまいます。
そんな中、今日の昼寝にあたっては
「もう大概眠いのに遊び続けたくて大泣きして
バランスボールの上で立ったまま寝る」という
過去に類を見ない寝方を見せてくれましたが、
この先いつかは「お昼寝しようね」「うん!」
→自ら寝室に行って布団に入って寝る、
というような素晴らしく楽な展開も
夢ではなくなってきたなぁと感じる
今日この頃なのでした。

| 成長記録 | 16:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。