シーホースとナッツ

初めての子育てに奮闘中。新米パパ目線で、思ったことなどを書いていきます。

<< 2011-10- | ARCHIVE-SELECT | 2011-12- >>

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ネットの引用から

今日、ネットでステキなつぶやきを見つけたので
そのまま引用してみます。

>子連れの人に優しくするのは、苦労が理解できる
>からじゃない。子供がのびのびと育つことが、
>社会にとっていいことだと信じるからだ。
>ギスギスした社会で素直な子供が育つとは
>思えない。子供にはまずその存在をまっすぐに
>受け止められる世界が必要なんだ

「子は宝」という言葉もありますが、
社会全体が、もう少し子どもを優しく見守れるように
なればいいのにな、と心から思います。何となく
「子育てのつらさ」とか「経済的負担」とか、
子どもを持つことに対してネガティブなイメージが
多く世の中にあふれすぎのように感じるのです。
むしろ、子どもという存在がどんなに素晴らしくて
社会にとっても欠けがえのないものであって、
もっともっと大事にされていいんだよ、みたいな
メッセージがどんどん出てきたらいいのに。
そういう価値観が当たり前になっていけば、
もう少し暮らしやすい世の中になるんじゃ
ないでしょうか。

たとえば、妊婦さんがつける「マタニティマーク」。
これをムカつくと言って批判する声を聞きますが、
それに対して「そういう意見もあるよね」と
理解を示してはいけないような気がするのです。
そっちの価値観がまかり通ってしまうような社会は、
すごくギスギスして住みにくそうですもの。
やっぱり、そっちを目指すのは間違ってるよ!と
声を大にして主張していかないといけないんでは
ないでしょうか。
子どもたちが暮らす、将来のためにも。

33週3日
予定日まであと46日
スポンサーサイト

| 思うこと | 22:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

助産師外来

昨日、ヨメは病院の「助産師外来」に行きました。
先生が診てくれるいつもの定期検診に替わって、
実際のお産に向けて不安なことや疑問点などを
助産師さんに直接聞ける、というものです。
これは平日しか受けられないので、参加はヨメのみ。
もっとも「おっぱいチェック」とかもあるので、
オットが行ったところであまり意味はないのですが。
話しやすい助産師さんだったようで、本人は
いろいろと話ができて帰ってきたそうです。

助産師外来の時期までくると、いよいよ迫ってきたな
という印象になりますね。
実際出産した後のことも考えながら、
あれこれ準備を進めないといけなくなってきます。
生まれてから3週間は、ヨメは赤ちゃんにべったりの
状態にならざるを得ないようなので、その間の
家のことやネコのことは全て僕の役目になります。
もともと結婚前には普通にやっていたことだから
別にどうということもないはずなのですが、
すっかり楽をすることに慣れてしまった今、
しばらくはしんどいかもしれません。
そんなこともあって、今はならし運転で
ちょっとずつ家の仕事を引き継いだりしています。

ウキウキしてばかりもいられない、
現実的な対処をしていく段階に入ってきました。

33週2日
予定日まであと47日

| 日記(誕生まで) | 20:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ネコのこと その5

個人的な願望としては、子どもにはなるべく多くの
「他人」と関わって欲しいと思っています。
異なる価値観、異なる思想を持つ人と接することで、
柔軟でフラットな目線で物事を見られるように
なるんじゃないかと思うからです。

しかし残念ながら、ウチは夫婦揃って人見知り。
いろんな人と関わるのなんて夢のまた夢だし、
親元を離れて二人暮らしなので家族も最小単位です。
そんな中、家にネコがいてくれるというのは実は
すごくありがたいことだと思っていたりします。
この「ザ・マイペース」な生き物は、まさに
異質な存在として子どもに関わってくれるでしょう。
話は通じないけど、どうやらこちらの
言っていることは何となくわかるらしい。
体は小さいけれど、身体能力は人間より高いようだ。
こんな生き物と一緒に暮らすというのは、
きっと我々親だけでは与えられない沢山の刺激を
子どもにもたらしてくれることと思います。

2匹は今8歳、長生きしてくれれば子どもが小学校に
上がった後まで僕らと一緒にいてくれるでしょう。
子どもが人格を形成していくその間に、ネコの存在が
どれ程大きな影響を与えてくれるか計り知れません。
彼らには、今のうちから心よりありがとうと
伝えておきたい気持ちでいっぱいなのです。

| ネコのこと | 22:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

気温

今日は予想に反して寒い一日でしたね。
わが家でもいよいよコタツをつけました。

赤ちゃんが生まれる頃は、まさに寒い盛りです。
いろいろな本などを読んでいると
「赤ちゃんが快適な温度は、○度です」のように
書かれているのをよく見かけますが、
正直そんな高い温度にするのは勘弁してほしい、と思っています。
いくら快適だからといって、外気温と室温があまりに
違うというのは自分自身が感覚的に気持ち悪いし、
そもそも「冬は寒いもの!」という価値観なので、
自然の摂理を無視して温度をコントロールすることに
抵抗を感じてしまうのです。

できれば室温は最低限の範囲までしか上げないで、
あとは着るものや布団で調節してあげたいですね。
そこから外に出ている部分では、実際には気温は
低いのだということをぜひ肌で感じてほしいし、
もっと言ってしまえば、将来エアコンなしでは生きられないような
大人になるくらいなら、小さいうちに寒さをたくさん経験して、
風邪なんかもなるべくたくさん引いて、
抵抗力を高めてもらえた方がよっぽどいいです。
その方が経済的だし暮らしやすいよ、ということを
父親らしい意見として伝えてあげたいと思ってます。

33週0日
予定日まであと49日

| 日記(誕生まで) | 23:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

おむつ

以前見に行った近所のスーパーに置いている
おむつメーカーの布おむつを、今日買ってきました。
成型おむつの他、ライナー、おむつカバーの一揃え。
さらに肌着やおくるみ、ベストなど
あらかたのものをこのメーカーの商品で
揃えてしまいました。

量販品よりかなり値段はあがりますが、品質の良さと
加えて「長く使える」ということを考えると、
トータルの金額はあまり変わらないかもしれません。
おむつは耐久性があって2人目までずっと使えると
いうことだし、肌着も首周りの調節が可能なので
それなりに大きくなるまで使い続けられるようです。
というわけで、二人で相談の上「ちょっとだけ
良いものを長く使う」ことに決めたのでした。
それはもちろん実際の経済的なこともありますが、
「ゴミを出さない」という部分で
精神的に非常に健全な気持ちになれることも
大きいように思います。

今日でいよいよ予定日まであと50日。
このおむつを使える日がくるのを
ワクワクしながら待っています。

32週6日
予定日まであと50日

| 日記(誕生まで) | 22:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

カレー

だいぶ風邪も良くなったヨメが、
週末に合わせてカレーを作ってくれました。

土日にカレーがあると、正直すごく助かります。
それがあるだけで料理をしなくても済んでしまうし、
洗い物もあんまりでないし、何よりすごく美味しくて
飽きないのです。そして野菜もちゃんと摂れるという
まさに万能メニュー。

おかげで休みはゆっくりゲームを楽しめそうです。
子どもが生まれてからはなるべく僕が作ることに
しようと思いますが、とりあえず今回は遠慮なく
頂くことにします。

32週5日
予定日まであと51日

| 日記(誕生まで) | 22:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

対人

もし、何かの恐怖症ですか?と聞かれたら
僕は迷わず「対人恐怖症です」と答えます。
集団行動が苦手で、自己評価も低いので、
他人に対する敷居はきっとすごく高いと思います。

実は今日仕事で、つくづく思い知らされることが
あったので思わずそんなことを書いていますが、
じゃあなんでヨメとは仲良くなれたのかと思うと、
恐らく自分と同じものを感じたからなのでしょうね。
人付き合いが苦手なモノ同士、気があったのだと
思います。

そう考えると、生まれてくる赤ちゃんは
かなりの確率で自分達と同じく、人付き合いは
あまり得意でない子になるものと思われます。
これもまたどうにもできないことなので、
もし僕らにできることがあるとすれば
「人付き合いが苦手でも、ステキな人にはなれるよ」
ということを教えてあげることでしょうか。
幸い目の前には良い手本があるので、
夫婦がお互いに相手の良い所をきちんと見て
尊重し合っていられれば、仮に似たような気質を
子ども自身が持っていたとしても、
自分に対する評価を変に下げてしまうようなことも
ないのではないかと思います。

32週4日
予定日まであと52日

| 日記(誕生まで) | 19:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ゲーム

今日は夫婦そろって大好きな
とあるゲームの新作が発売になったので、
とにかくそれを二人で楽しみました。
お腹の赤ちゃんも、
最近はいくぶん子宮が狭くなってきたのか
動きがおとなしめになってきていたようなのですが、
今日はわりと元気だったとか。
やっぱりゲーム好きの血を受け継いでいるものと
思われます。

いよいよ子育てが始まる、その直前の平和な時を
たっぷり堪能するためのアイテムを手に入れました。
これでもう思い残すこともなくなると思います。
生まれてくるその日まで、しっかり遊び尽くしたいと
思っています。

ちなみに今日は、一月ぶりにまたヨメのおなかを
写真に撮ってみました。
もうどこからどう見ても立派なお腹です。
先月とは比べものにならないくらいのサイズに
なっていますし、2月前の写真に至っては
「ほんとにふくらんでるの?」と思ってしまう
くらいに違って見えます。
よくぞここまでになってくれました、
と二人に感謝です。

32週3日
予定日まであと53日

| 日記(誕生まで) | 22:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

いい夫婦

今日はいい夫婦の日。
特別どうということもないのですが、とりあえず
わが家は今日も仲良しです。

知り合った当初から、僕らはそれぞれに
「仲良し」ということを何となく意識してきました。
お互いがお互いに、相手との関係を表現すると
「仲良し」という言葉が一番しっくりくるのです。
「知り合い」がやがて「恋人」になり、
そして「夫婦」になって行ったわけですが、
大もとの関係は今でも変わってないように感じます。
いつまでたっても、やっぱり一言で言うなら
「仲良し」なのです。

これから先、子どもを介してお父さん、お母さんの
関係になるかもしれませんが、たとえそうなっても
二人で向き合うときはやっぱり「仲良し」でいたいと
思っています。そしてそういうふうに言えるように、
二人向き合う機会はなるべく多く作っていきたいと
思います。

32週2日
予定日まであと54日

| 日記(誕生まで) | 09:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

知人のご尊父に不幸があり、今日はお通夜に
参列してきました。
これは本当に他人事ではなくて、すでに還暦を過ぎた
自分の親のことを思うと、いつ何があっても
おかしくないんだという覚悟だけはしておいた方が
いいんだと思っています。

今は仕事の都合で親元を離れて暮らしていますが、
出来ることならば家族はなるべくまとまっていたい、
というのが本心なのです。
実際に頼るかどうかは別にしても、いざという時の
精神的な支えとしてとても大きなものがありますし、
子どもにとっても親以外の存在と触れる機会が
あるというのは、社会性を育む上で大変大きな
効果があるのではないかと思うからです。

そしてこれから先、はたしてどれくらいの間
両親に子どもと関わってもらうことができるの
だろうかということを思うと、
もう今すぐにでも地元に帰ってしまいたい、という
気持ちに駆られてしまいます。

現実にはなかなか難しいことではありますが、
決して会いに行けない距離ではないし、可能な限り
まめに帰省して、孫と子が触れ合う機会を
作ってあげられれば、と思って止みません。

32週1日
予定日まであと55日

| 日記(誕生まで) | 21:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。