シーホースとナッツ

初めての子育てに奮闘中。新米パパ目線で、思ったことなどを書いていきます。

<< 2012-06- | ARCHIVE-SELECT | 2012-08- >>

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

一時あずかり

今日は我々夫婦にとって特別な一日になりました。
6ヶ月になったら利用できる、子育て支援施設での
「一時あずかり」制度を利用して、
赤ちゃんを半日見ててもらったのでした。

その間僕らは二人で映画を見て、食事をして、
買い物を楽しむことができました。
赤ちゃんが生まれて以来、実に半年ぶりのことです。
特にヨメは普段の赤ちゃんとべったりの生活との
ギャップが大きくて、ここのところ育児ストレスも
溜まりがちな時でもあったので、
特に今日の開放感というのは大きかったようです。
本人の気持ちもかなりリフレッシュできたようだし、
明日からまたいつも通りの生活に戻るにしても
今日のことがあるのとないのとでは
やはり気持ちの面で大きく違うのではと思います。

一方、初めて長時間自宅からも僕らからも離れて、
知らない人に面倒を見てもらう
という経験をした赤ちゃんですが、
施設の保育士さん曰く「とっても楽しんでいた」
そうです。
まだ人見知りする時期でもないのかも知れませんが、
特に問題なく悠々と過ごしていたようです。
周りには他にも、同じように預けられた
たくさんの子ども達もいたわけで、
それはもう相当たくさんの経験をし、
刺激を受けて来たんだろうと思います。

いろいろ利用するまでの段取りは多いけど、
自宅で二人だけで面倒を見ているのでは
決して得られない多くのことを経験させてくれて、
僕らにもリフレッシュする機会をくれて、
本当にありがたい限りですね。
またぜひこの制度を利用して、
これからもなるべく笑顔で子育てができるように
なれればいいなと思います。

ちなみに赤ちゃん、いろんな刺激を受けて
テンションが上がったのか、家に帰ってからも
ずいぶん元気よく四つん這いの練習などを
していましたが、やっぱり疲れたらしく
夜には軽くじんましんが出てしまいました。
そして寝る前も久しぶりに大泣きしたりして、
赤ちゃんにとってもいろんな意味で
すごく特別な一日になったんだろうと思います。

それにしても、今日のような状態を作るのに
半年もかかって、またそれだけたくさんの段取りを
踏まないといけない今の環境に
やはりちょっと思うことはあったりしますが、
その問題はまた長い目で未来を見据えて
ちょっとずつ考えていけたらいいですね。
スポンサーサイト

| 日記 | 22:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

離乳食スタート

遅れていた離乳食を今日スタートしました。
理由としては我々が気後れしていたこと、
本人がさほど欲しがる様子を見せなかったこと、
そしてちょうどタイミング悪く風邪を引いたことで
今日までずれ込んでしまいましたが、
結局6ヶ月のスタートと合わせる形で始められたので
まぁまぁ良かったかな、と思っています。

お手本通り、「スターターセット」的な
調理道具と食器が一まとめになっているものと
保存容器を一揃え用意して、まずは
「10倍がゆ」を作りました。
といっても作ったのはヨメで、
僕は待っている間に赤ちゃんが不機嫌にならないよう
ひたすらご機嫌をとる係。
あと肝心の食べさせる係をさせてもらいました。

赤ちゃんにとってはじめてのご飯、口に入れるものの
大半を吐き出してしまい、第一回目のチャレンジは
まあ泣いたりしなかっただけ良かったかな…
という結果でしたが、
これからちょっとずつ慣れて行ってもらって、
食事を楽しんでもらえればと思います。

あと、ぜひ次は調理のほうも
やらせてもらおうかなと思っています。
すり潰したり裏ごししたり、自分からしたら
「なんでこんなに大変なの!?」というくらい
手間のかかる離乳食作りですが、何でもとにかく
経験なのでやるだけやってみて、無理な所は
極力手を抜いていけたら良いですね。

| 成長記録 | 22:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ハッピーハーフバースデー

今日で6ヶ月になりました。
生まれた時は街に雪が積もっていたのに、
今やすっかりセミも鳴く真夏です。
毎度のことながら、まずここまで頑張ってきた
ヨメと自分におめでとう。
そして今日まで育ってきてくれた赤ちゃんに、
ありがとう。

とはいえ、赤ちゃんは相変わらず風邪が治らないし、
暑さは昨日も今日も変わらず襲いかかって来てるし、
特に変わりばえもせず今日も過ぎていきます。
僕らはすっかり疲弊している状態ながら、
明日からも何とか普通に生活していくのでしょう。
あまり先のことを考えても大変なので、
少なくとも涼しくなるまでは
一日一日を乗り切ることを最優先に考えて
過ごして行くことになりそうです。

それでも、最近また成長の証もありました。
下の歯に続いて上の前歯も生えそうになっています。
いよいよ離乳食も始まるし、しっかり噛んで
味わってもらえたらいいですね。
ちなみに赤ちゃんは僕の指を噛むのが好きで
現時点で既に相当の痛さだったりするので、
これで上の歯も生えたらと思うと恐怖なのですが…。

| 記念日 | 22:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

「子育てハッピーアドバイス ようこそ 初孫の巻」

前にも少し触れた「ハッピーアドバイス」の最新刊、
改めて読みましたので感想などを少し。

今回テーマは「孫」ということで、初めて孫を迎える
祖父母の皆さんに読んでもらいたい、
というような内容になっています。
実はわが家のそれぞれの両親にとっても
うちの赤ちゃんが「初孫」になるので、
前作の 「妊娠・出産・赤ちゃん」に続いて
非常にタイムリーな内容なのでした。

今回はそういう、今までとは違った層に向けて
改めて「ハッピーアドバイス」の理念のようなものを
一から説明するような形になっているので、
正直シリーズの本をすべて読破している我々としては
おさらいに近い部分が結構入ってきたりしています。
とはいえ「新知識」のコーナーなど、これまで
何となく「常識」として信じられてきたことで
今の常識ではなくなっていることなどが
たくさん紹介されていて、やっぱりとっても
ためになりました。
自分達でも、「何となく親からそういわれたから」
という理由で疑問も持たずにやってしまっている
トンデモ常識があるかもしれない、
という視点を持つために、こういった本は
とても重要だと思います。

しかしそれよりも、この本を読んで僕が思ったのは、
祖父母(自分にとっての親)にしてもらいたいことは
「孫育て」なんかではないなぁ、ということです。
自分自身ですら、「子育て」する立場ではなくて
「勝手に育っていく子どものサポート役」だと
思っているくらいなので、ましてやジジババが
何するものぞ、というくらいの思いです。

もちろん、赤ちゃんに関わってくれる人間の数は
多い方がいいので、親も「育てよう」なんて思わず
ただ単に「楽しいから」というくらいのテンションで
赤ちゃんと触れ合ってくれればそれでいいです。
そんなことよりも、よっぽど切実にお願いしたいのは
「我々のことを助けてほしい!」の一言に尽きます。

正直ここまで2人だけでやってきて、既にかなり
消耗しているのを感じている所なので、
誰でもいいから「助けて!」と言いたい状態では
あります。だから別に、相手が親である必要は
全くないのですが、でももし向こうから
「何か手伝おうか?」と言ってくれるのだとしたら、
何よりもまず僕らのサポートをお願いしたい。
勝手な言い分かもしれませんが、実際切実なのです。

「イクジイ」なんて呼ばれてニヤニヤしている
世のおジイさんも、孫が可愛いのはわかりますから、
どうかその前に日々の育児でヘトヘトになっている
自分の娘・息子のことをもうちょっとちゃんと
見てあげてくださいね!
そして実際ウチの父親も、赤ちゃんが生まれてからの
鼻息の荒さには正直かなり辟易しているので、
その辺のことをガツンと言ってくれた方が
嬉しいかなぁ、と思います。
そういう本って出てないですかねぇ。

子育てハッピーアドバイス ようこそ 初孫の巻 ~孫が幸せに育つために子育てハッピーアドバイス ようこそ 初孫の巻 ~孫が幸せに育つために
(2012/07/10)
明橋 大二、吉崎 達郎 他

商品詳細を見る

| おすすめ | 22:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ようやく報告

一昨日の夜から急に過ごしやすくなりましたね。
今日もとても涼しかったし、赤ちゃんの風邪も
いくらか落ち着いてきた様子だったので
3人でお出かけして、出産前に何かとお世話になった
スーパーの赤ちゃん用品売場の販売員さんの所に
寄ってみました。いちおう出産の報告ということで。
もうすぐ6ヶ月になるというこの時期になって…

今回、赤ちゃんのことをあれこれホメてもらえて、
親バカ的には大変満足なんですけど
同時に新しいこともいくつか教えてもらえました。

曰く、ウチの赤ちゃんは肌が白い=弱いので、
肌荒れになりやすいんだそうです。
そういえば、顔の乳児湿疹以外にも
背中や膝の裏側などに「あせも」かと思っていたら
湿疹だったりしたものもあったので、
そういう体質だと思って少し気をつけて
あげた方がいいということですね。

ちなみに今できているもろもろの湿疹は、
この間ヨメが皮膚科で診てもらって出された薬で
あっという間に全部治りそうです。
ただ来週からまた暑さが戻ってくると
きっとたくさん汗をかくでしょうから、
せっかくきれいになった今の状態が維持できるように
ケアをしていけたらと思います。
(そのへんの担当はほとんどヨメなんですが…)

それより僕自身は、ヨメ→赤ちゃん→とうつって
今自分に回ってきている風邪を
さっさと治した方が良いですね。
今回は一家3人、見事に全滅したのでした。

| 日記 | 22:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

初風邪

赤ちゃんが本格的に風邪を引きました。
母親からもらった免疫力がなくなってくるという
6ヶ月を目前に、いよいよ初めての風邪です。

昨日くらいから明らかに症状がひどくなってきて、
せき・くしゃみ・鼻づまりがつらそうです。
今日帰って見たら顔が明らかにいつもと違っていて
かわいそうなくらいでした。

まだ本人は元気そうにしていますが
やっぱりパタッと寝てしまったり、
ぼーっとしている時間があったり
辛いんだろうなぁと思わせる時があって、
でもやたら不機嫌になったりもせず
ただ堪えているように見える様は本当に
いじらしくて、抱きしめてあげたくなりますね。

こんな厳しい天候の中だし、今はとにかく
早く良くなってくれることを祈るばかりです。

| 日記 | 22:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

猛暑

梅雨明け前だというのに毎日本当に暑いですね。
赤ちゃんもやはり暑いようで、背中や首の後ろが
あせもっぽくなってきてしまいました。
汗をかくと痒いようで掻きむしってしまうのが
また困りものだし、なるべく拭いてあげるしか
ないのかな…と思っています。

ただずっと続いていた口の周りの湿疹については、
この間ヨメが皮膚科にかかったついでに
出してもらった薬でたちまち治って来ています。
これでいよいよ離乳食もスタート準備完了、
といったところでしょうか。

あとここのところ気になるのが、咳とくしゃみを
やたらすること。それ以外に具合悪そうな所も
特に見当たらないのですが、風邪でしょうか。
そろそろ6ヶ月、免疫力も落ちて来ているだろうし
ついこの間までヨメが引いていた風邪が
うつった可能性は充分あるのですが、
とりあえず経過観察で行ってみようかと思います。

それにしてもまだ体が慣れてない内からのこの暑さ、
みんなが体調を崩してしまうのも
無理のないことかなと思います。
僕もこのあまりの不快指数の高さの中、
仕事に行ったり家事をしたりすることに対して
いちいち余分にストレスを感じてしまうので、
心の疲労の方がかなり蓄積してきているようです。
そっちの方のケアを先に何とかしたいですね。

| 日記 | 22:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ヨメ、ダウン。

週末から、喉の痛みなど風邪の兆候が出ていたヨメ。
月曜からいよいよ本格的に調子が悪くなりました。
放っておいて長引くのは余計に良くないということで
朝のうちに病院に行くことになり、
僕は出勤を少し遅らせて赤ちゃんのお世話。ヨメは
授乳中でも問題ない薬を処方してもらってきました。

明けて火曜日、朝からヨメはすでに高熱。
その日は仕事で休むわけにいかない状況だったので、
出来うる限りの赤ちゃんのことと家のことを済ませて
僕は普通に会社に行きました。
出かけてしまったあと、起きていられないくらいに
本当に辛かったヨメは赤ちゃんと一緒に横になって
ギリギリの状態でお世話をしたそうです。

今日になって熱も下がり、あとは咳が治まれば
というくらいまで回復したので一安心なのですが、
やっぱりヨメには大変な思いをさせてしまいました。
火曜日の朝は本気で「できれば仕事を休んでほしい」
と思っていたそうです。

何か急にトラブルがあったとき、サッと頼れる所が
ないというのはやっぱりしんどいな、と
今回はつくづく思わされました。
多くの場合それは親だったりするのでしょうが、
僕らはお互い親元を離れて生活しているので
それも無理だし、公共のサービスも
できるだけ活用しようとは思っているものの
そこまで気楽に利用できるほどには
制度が確立されてないし。
今の仕事は、かなり融通の効く働き方を
させてもらっている方だとは思うのですが、
今後やっぱりそれだけではどうにもならないかも…
と考え方ずにはいられない出来事になりました。

たまたま今日は「子育てハッピーアドバイス」の
最新刊が出ていて、今回は「孫」つまり祖父母が
テーマの本になっています。これについてはまた
読み終わったら感想を書きたいと思っていますが、
今はほとんどその恩恵に預かれていないわが家でも
そちらの方面も含めてもう少し何か良い方法は
ないか、もう一度考えてみたいと思います。

| 日記 | 22:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

できることできないこと

5ヶ月になってから、僕自身が忙しくて
成長記録的なことをあんまり書けていなかったので、
ここ最近で赤ちゃんができるようになったことを
まとめておこうかと思います。

1.足つかみ
誰でもやるらしい、足を掴むポーズ。
うちの赤ちゃんも少し前からしっかりできるように
なりました。
でも一度できちゃったら満足したのか、
最近はあんまり見ないような。

2.旋回
寝返りに関してはすっかり軽々とできるようになり、
最近はその状態で時計回りにぐるぐる回るのが
お気に入りのようです。(ぐるぐるといっても
1周するのに10分以上かかりますが)
首が疲れるまでは何周でも回り続けています。
もしこれで前進できたら
それが「ズリばい」ということでしょうか。

3.ンマ語
そして今一番のお気に入りは、
「ンマ~」としゃべること。
機嫌が良くても悪くても
かなりはっきりした発音で「ンマンマ」言ってます。
残念ながらわが家にはンマ語の通訳がいないので、
言ってることの9割は理解できずにいます。
(1割はニュアンスで何となく理解します)
本人も、そのうち日本語を覚えたら
「ンマ語」は忘れてしまうんでしょうね。


そして逆に、未だにできていないことについても。

1.うつぶせ→あおむけ
逆の寝返りはまだできないようで、
一回うつぶせになったらもうそれっきりです。
そのうちしんどくなって文句を言いだします。
これが簡単にできてしまったら、
いよいよ布団の上を自由に転げ回るんでしょうね。

2.そして何より、
いまだに首が座りきりません。
4ヶ月検診の時に「まだですね」と言われてから
1ヶ月、本当にあとちょっとの所なんでしょうけど、
まだ少しぐらぐらします。
早く出来てくれれば…と願っていることに限って
得てして遅れるものなんですね。


だらだらと書き連ねてみましたが、
こんなノンキなことを書けるのも
今日までかもしれません。
ヨメの風邪が本格的になって来てしまいました。
もし寝込んだり、赤ちゃんにうつってしまうかすれば
仕事も休む覚悟で、明日以降も
ヨメの体調を気遣いたいと思います。

| 成長記録 | 22:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

予防接種4回目

今日は久しぶりの予防接種で病院へ。
6月頭にBCGの集団接種をはさんだので、
実に前回から1ヶ月半ぶりの病院でした。

今回はDPTが2回目、B型肝炎は初回です。
前回の注射3本同時接種よりはマシだろうと
思って行ってみたら、着いた早々から
泣き出す赤ちゃん。
もしかしたら、既に病院=嫌な場所という
イメージが定着してしまったのでしょうか。

先生曰く「1歳過ぎたらもうダメ」だそうなので、
まだ今の時期はそこまで理解して泣いたんでは
ないかもしれませんが、でもいずれは
病院が嫌いになる日が来てしまうのでしょうね。

さて肝心の注射は、元々ある程度泣いた状態だった
こともあり、刺した直後の爆発的な泣き方というのは
特になく済みました。
帰ってからも、若干不機嫌だったのが
注射のせいなのか天気が悪かったせいなのか
といった程度で、おおむね平穏でした。

あともうちょっとで注射地獄からも抜け出せます。
それまで病院嫌いにならずに
無事乗りきってくれるといいですね。

| 日記 | 22:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。