シーホースとナッツ

初めての子育てに奮闘中。新米パパ目線で、思ったことなどを書いていきます。

<< 2012-09- | ARCHIVE-SELECT | 2012-11- >>

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ハロウィンじゃないけど思い出

今日はハロウィンですね。
昔はなかったお祭りですが、夏休みとクリスマスを
繋ぐ時期のイベントとして、毎年ちょっとずつ
定着していっているように見えます。
今年もあちこちのお店やお家で、
華やかな飾り付けを見かけました。

この行事の詳しい背景はよくわからないけれど
とにかく子どもが主役のお祭りだろうと思うので、
きなこがもう少し大きくなったら、ぜひ一緒になって
楽しみたいと思っています。

ハロウィンと聞いて思い出してしまったのですが、
この前「アンラッキーくん」というキャラクターの
携帯ストラップとさよならをしました。
思えば4年間くらいずっとつけ続けてきましたが、
顔の塗装も随分とはげてきてしまい
ストラップのひもも擦り切れて、いつちぎれても
おかしくないくらいになってしまったので、
無くすくらいなら大切に取っておこうと思って
外してしまったのでした。

まだ結婚前に、ヨメからプレゼントしてもらった
思い出の品だったけれど、黒い色が良かったのか
ネコにやたらと気に入られてしまい、
テーブルの上に置いておくと度々ネコパンチを
食らわされてきたものでした。
さらにきなこも、サイズ感が丁度いいのか
とにかく見つけたら必ずしゃぶりつくので、
ここ最近の傷み具合は特に酷かったように思います。

こんなにも家族全員に愛されたアンラッキーくんに
心から今までありがとうと伝えつつ、
結局子育てともハロウィンともあまり関係ない話で
今回は終わります。

↓4年間の役目を終えたアンラッキーくんの姿
アンラッキーくん

↓アンラッキーくんについて詳しくは
アンラッキーくん - CHARA PIT
スポンサーサイト

| 日記 | 22:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

娘に嫌われた日

夕方、会社で頼まれた似顔絵の仕事のために、
すごく久しぶりにパソコンの前に座って
作業をしていました。普段会社でするのと同様、
「JINS PC」のメガネをかけて。

やがて作業を始める前から昼寝中だったきなこが
目を覚まして、ちょうどベッドから遠くに見える
パソコンデスクの前に座っている僕の方を、
なんだかやたらと見ていました。
(思えばその時点で気づいておくべきでした。)

その後夕食も終わり、
僕は再びパソコンに向かって作業を始め、
ヨメはお風呂の準備のためにお風呂場に向かい、
きなこは一人おもちゃで遊んでいました。
ふいにベッドの柵からおもちゃを落としたので、
僕が席を立っておもちゃを拾い、きなこに渡そうと
顔を見るとなぜかひどくおびえた様な表情。
さてはメガネをかけているのがめずらしいのかなと、
外して「お父ちゃんだよ~」と言ってみたものの
時すでに遅しだったらしく、大号泣。

驚いて様子を見に来たヨメに事情を話して
笑い話になるかと思いきや、
その後抱っこしていてもなかなか泣きやまず、
落ち着いたかな…と思って顔をのぞき込むと
さらに火がついたように泣き出してしまう始末。
結局再び戻ってきたヨメに預けてやっと事が
おさまったのでした。

要するにきなこにとっては、
普段あんまり人がいない部屋に誰だかわからない
メガネをかけた男が座っていて、一人で遊んでいたら
急に近づいてきた、というわけです。
それは怖いよね…。
実はヨメも以前同じようなことがあって、
普段からメガネをかけているので逆に取った時に
泣かれたのですが、今回はその逆でした。
しかもレア度で言うと、おそらくきなこの前で
メガネをかけた姿を見せたのはこれが初めてです。

その後しばらくこっちも見てくれないし
ヨメにべったりの時間が続いたので、
もしこのまま嫌われて「パパ見知り」状態になったら
どうしようとかなり本気でヘコみましたが、
結局お風呂に入る時にはもうすっかり
普段通りになっていました。
何となく、きなこ自身はもうわかっていたんだけど、
一瞬ドッキリさせられた僕に対するお仕置きとして
大げさに泣いたり冷たく当たったりしたんではないか
と想像しています。
真偽のほどは定かでありませんが、今日はとにかく
たくさん謝りました。

| 日記 | 22:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ハピバスデー・ナイン

今日で9ヶ月です。
いよいよ1年の3/4が過ぎたことになりますね。

この1ヶ月も、なかなか劇的な変化がありました。
腰が座ってきたかなと思ったら一気につかまり立ちを
やってのけ、今やそれが基本ポーズになる勢いです。
まだ立った状態から座るのは上手くできないらしく、
ずっと立ちっぱなしでしんどくなってくると
「疲れたよー!」と文句を言ってきますが。

また、体が自由に動くようになってきたことで
トラブルも増えました。
落ちたり転んだりぶつけたり、もう毎日のように
何かしらで泣いているような気がします。

表情もずいぶん豊かになり、「泣く」「笑う」
以外にもいろんな顔を見るようになってきました。
ここのところ僕ら以外の人と会う機会が増えたので、
その影響もあるかもしれませんね。
今朝も、起きぬけにおどけたような顔をして
みせたりして、何だか段々「赤ちゃん」というより
「幼児」というイメージになりつつある印象です。

そんないたずらっ子を前にして、目下の課題なのが
「ヨメのストレスをいかに解消するか」です。
日によって昼寝をしてくれなかったり、
離乳食を嫌がったりと、こちらも毎日のように
何かしらの大変なことが起きていて、
ヨメのストレスの蓄積が大変なことになっています。
ここ最近は僕の仕事も忙しくなってしまって
なかなか早く家に帰ったりできないので、
そのこともまた拍車をかけている感じです。

何とか休みの日に解消してもらおうと、
1~2時間一人で外に出かける時間を作ったりは
してもらっていますが、正直言って足りてないので
やはり丸一日きなこと離れるくらいの
リフレッシュをした方が良いんだろうなぁとは
思っています。

そのあたりも今後何とかすべき課題として、
来月は遠出なども予定されているので
またいろいろ準備を進めていきたいと思います。
とにかく今日まで頑張った二人におめでとう。
今日も元気なきなこにありがとう。

| 記念日 | 21:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

「頼る」ということ

ここのところ、Twitterで見かけた
「自立とは、多くの人に依存すること」
という言葉が、ずっと頭から離れずにいます。

我々夫婦はそれぞれに地元を離れて、結婚と同時に
二人にとって初めての地で生活を始めました。
出産にあたっても、里帰りなどは全く考えずに
完全に二人だけでやりくりしてきました。
もちろんそうすることが僕らの選択であって、
それ自体は納得の上であったわけです。

そして退院直後の怒涛の日々も何とか乗り切り、
もうすぐ9ヶ月になろうかという今
だいぶ余裕も感じられるようになってきています。
でも振り返って、やはり二人に思いとして残るのは
このブログでも何度となく書いた「社会への不満」
というものだったりしてしまうのです。

実家には一切頼れない。近くに家族並みの気軽さで
頼ったり出来るような友達もいない。
その状況で我々が考えたのは
「利用できるサービスは何でも利用しよう」
ということでした。
実際、例えばヨメの食事などは
お弁当宅配サービスにたっぷりお世話になりました。
オムツも布おむつには早々に見切りをつけ、
無理のない紙オムツで存分に楽をしてきました。
離乳食だって無理せずベビーフードに頼っています。
ただ、一番期待していた「公共のサービス」だけは、
正直言ってこれまでほとんど利用できていません。

それは、手続きの煩雑さや内容のわかりにくさなど
利用するまでの敷居の高さが何よりの理由であって、
それこそその辺をヨメに語らせると
もういくらでも文句が出てきそうな感じなのですが、
とにかくその公共サービスに対する失望感こそが
再三に渡る「社会への不満」という名のグチとなって
このブログ上で展開されてきた訳です。

もっともこれはいわゆる八つ当たりのようなもので、
きっと人は想定を超える負担がかかった時に
どこかにはけ口を求めてしまう、
ということなんだろうなとは思います。
もしそれが妻から夫に向けられたときは
「産後クライシス」になるんだろうし、
2人目の子どものケースだったら
上の子がその標的になっているかもしれない。
(うちのネコなんかも若干そうなってる)
結局問題なのは、八つ当たりしないといけないほど
自分達に処理できない負荷がかかっている、
という状態を作ってしまっていることなのだと
思う訳です。

さて、冒頭に戻って
「自立とは、多くの人に依存すること」という言葉。
この言葉に僕が過剰に反応してしまったのは、
きっと自分の中に「できてない」という
自覚があったからなんだろうなぁと思います。
今ダラダラと書いてきたように、
僕ら夫婦は子育ての負担を処理しきれず、
結局多くのストレスを抱え込んでしまいました。
そして産後の大変な時期にもっとも欲しかったのは、
物的なサービスよりも人的な支援だったのです。

特に相談できる相手、そこまでいかないまでも
不安を聞いてくれる相手がいて欲しいんだろうな、
ということはヨメを見ていてはっきりと感じました。
区の保健士さん訪問がもっと何度もあったら
どれほどありがたかったかわかりません。でも、
実際にはそれは1回限り。そしてそれ以外に、
我々が頼れる人は一人もいなかったのでした。

それは事前にそういう人脈を作る努力を怠った、
自分達の落ち度だったのかもしれません。
でも二人揃って極度の人見知りの上に
過剰に他人に気を使ってしまう僕らにとって、
「人に頼る」ということのハードルの高さは
結局「自分達で何とかする」ことのつらさをも
超えてしまった、ということなのです。

将来、二人目のことを考えたときに
さすがにこのままで行けるとは思っていません。
何とかしなければという思いがあるからこそ、
今その言葉を見て辛い気持ちになってしまった。
そういうことなのかな、と思っています。
「頼る」ということが「自立」なのかどうかは
わかりませんが、少なくとも確実に自分達自身の
負担を軽くしてくれるものではあるはずなので、
もう少し意識して、これから先はやっていけたら
いいなと思う今日この頃なのでした。

| 思うこと | 22:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

男の産後手帳談義(?)

今日は「男の産後手帳」でおなじみ、
アイナロハ代表の渡辺さんご家族とお会いしました。
何の為に会ったのかについてはいつかお話できる時が
あるかと思いますが、主な目的は打ち合わせです。

もっともそれ自体はさほど時間もかからず、残りは
雑談な感じで育児のことや産後の苦労話など、
いろいろと楽しく話をさせていただきました。
渡辺さんは子育ての先輩でもあり、男性でありながら
産後関係のことに関してすごく詳しい方なので、
どちらかというと僕らのグチを聞いてもらったような
感じではありましたが…。
普段そういう話を深くする機会もなかなかないし、
とても貴重な時間を過ごさせてもらった感じです。
知り合うきっかけは例の産後クライシスの時の記事
だったわけですが、本当に感謝感謝でございます。
(なお現在、「産後手帳基金」というものが
開設されていますのでよろしくお願いします。)

ちなみにあの番組があった以降、男の産後手帳には
すごい数の問い合わせが寄せられているそうですが、
やはり男性の割合は決して高くはないようでした。
ブログの記事に関しても多くのリアクションを
頂きましたが、残念ながら男の方からはあまり
ご意見をいただけていないので、
賛成でも反対でも良いからもうちょっと何か
反応があってくれたらなぁと思ってしまいます。

あまり考えたくないですが、
あの記事の中でも書いたように
「男性が産後について知るきっかけがない→無関心」
ということを証明させられてしまっているようで
何だかしょんぼりしてしまうと同時に、
となるとやはりあの手帳のようなものの存在が
果たすべき役割は大きいな!とも思うので、
自分に出来ることがあれば
ちょっとでもサポートしたい気持ちです。

余談ですが、今日はヨメもきなこも一緒に行ったので
あちらのご家族とも交流ができて、
年の近いあちらのお子さん達と会えたきなこは
よほど楽しかったか夜はすごいテンションでした。
そして僕が話に夢中になっている間、きなこの世話を
ほとんど全部やってくれたヨメに感謝です。

| 日記 | 23:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

転落

昨日のことになりますが。
きなこがベビーベッドから落ちたそうです。

ベッドの柵はスライド式で上げ下げするタイプで、
普段きなこが中にいるときは視界を遮らないよう、
ある程度まで下げて使っていました。
でも最近はつかまり立ちもするようになって、
柵から身を乗り出している姿を何度か見たので、
数日前からは乗り越えられないように
前より一段高い位置まであげるようにしていました。

ただ、柵があがっているとやっぱり本人的には
圧迫感があるのか、昨日も不機嫌になるので
以前の高さまで下ろしていたそうです。その上で、
ヨメが離乳食の準備でワタワタしている時に
きなこは柵を超えて床に落下したそうな。

床はコルクのウッドカーペットでさほど固くないし、
頭から落ちたというよりは体の前側全体が
落ちたような形になっていたそうだし、
何より落ちてすぐに大泣きしたということで
大事にいたってはいないだろうなぁということは
ヨメからのメールでわかりましたが、
それ以上に気になったのがヨメの気持ちでした。

思った通りその時はパニックになったそうで、
その後もきなこ自身のケアだけでなく
ネットでこんな時はどうすればいいかを調べたり、
何かと対応に追われていたようです。
今までの頭ゴッチンとはレベルの違うトラブルを
初めて、しかも家に二人きりの時に体験した
ヨメの不安はいかばかりだったかと
察してしまわずにはいられません。

またよりによって昨日は仕事で帰りが遅く、
夜のきなこのお風呂も寝かしつけも全部一人で
やってもらわなくてはいけない日だったので、
23時過ぎに帰った時に寝かしつけの状態のまま
寝落ちしているヨメを見て、「疲れたんだね…」と
一日の苦労をねぎらいたい気持ちでいっぱいでした。

トラブルは親にとっても子どもにとっても
とても大きな経験になるから、
対処できる範囲のものはあってもよいと思います。
必要なのは、そういうあっても大丈夫なことに
対処する経験をたくさんすることで、
避けないといけない本当に危険なトラブルを
見極める目を養っていくことなのでしょうね。

| 日記 | 22:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

歯ブラシ

うちの子は8ヶ月目にして
すでに上下合わせて8本目の歯が生えて来ていて、
歯のことに関してだけはかなり最先端を
走っている感じですが、その分だけ虫歯のリスクも
早めに対処しておかないとなのかなということで、
少し前からヨメが毎回離乳食の後には
歯をこすってくれています。

一方歯ブラシに関しても、先がゴムでできている
練習用のものをだいぶ前から用意していたものの
正直しまいっぱなしになってしまっていました。

それが、今日僕が帰ってきて歯磨きをしていたら
すいぶん興味がありそうにこっちを見ていたので、
ためしにその歯ブラシを渡してみたところ
自分で口にくわえて真似するような仕種を
見せてくれました。

成長の本に9ヶ月くらいから動きを真似しだすと
書いてあったので、もしかしたら本当に
そういう時期に入ったかもしれませんが、
ただの親バカの可能性大なので
とりあえず様子見ということにしておきます。

| 成長記録 | 22:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

怪獣、覚醒。

今朝はあの悪夢再来かという、
大ウンチからスタートしました。
でもそれは、今日一日に起こることのほんの序章に
すぎなかったのです。

バウンサーの上で妙に大人しくしていると思ったら
久々に絞られていて、大量のおとなウンチ。
(注:しっかりした固形のもののこと。)
拭き取るのに相当時間がかかりそうだったので
その間じっとしててもらおうと、
ヨメが昨日買ったばかりのぬいぐるみを渡すと
信じられないことにきなこはそれを
開いた状態のおむつの上へ放り投げたのです。
まさかウチへやって来てたった一日で
ウンチの洗礼を受けるとは、さすがのミッフィーも
想像していなかったでしょう。
その後キレイに洗われて、窓際で日に当たる後ろ姿は
何だか悲しげでした。

昼のこと。
今日はヨメにリフレッシュしてもらおうと、
お昼ご飯を外で食べて来てもらうことにして、
僕はその間きなこを抱っこして買い物に行きました。
ちょっと遠くのホームセンターまで歩いて、
買い物を済ませて出てくると、まさかの雨。
今日そんな予報は出ていなかったはずじゃ…?
そんな訳でもちろん傘なんて持ってきていません。
そして家のベランダには洗濯物が干しっぱなし。
仕方ないので買い物の荷物を抱えながら、
持っていたガーゼのハンカチをきなこの頭に被せて
急ぎ足で家に帰るはめになりました。
途中さすがに不満だったのか、何度か大きな声で
文句を言うきなこ。すれ違うおばさんには
「かわいい~」と言われたけど、すいません
今はそんなテンションじゃないんですよ…

夕方。
ずいぶん長く昼寝をしたせいで
元気が有り余っていたのか、床に下ろすと
超ハイテンションではい回り、さらに
テーブルに手をかけて立ち上がると
上に置いてあるカゴの中のものを
手当たり次第に掴んで落っことし始めるきなこ。
そこには大事なものしか入ってないんだよ…!
でもムリヤリやめさせようとしたら、
あからさまに「何すんの!」と怒られました。
もうこれは置き場所を変えるしかないでしょうね。

ちなみに初めてつかまり立ちを見てからわずか3日、
すでにそれが基本姿勢なんじゃないかというくらい
簡単に立てるようになってしまっています。
特にベビーベッドの柵なんかは絶好の
掴まりポイントになっているので、これまでは
少し下げた位置に止まるようにしていたのを
今日はぐっと上に上げました。
そうしないと多分近いうちに柵を超えて
転げ落ちていたと思います。
ちなみにその後、上がりきったテンションが
しばらく下がらなかったのか、なぜか
『ダーウィンが来た!』に出てきたリスを見て
大爆笑していました。

そして夜。
昨日届いたばかりのリッチェルのバスチェア。
一人でもお風呂に入れられるように
前々から購入を検討していたものが届いたので、
慣れさせる意味でもためしに使ってみました。
しかし。
準備の間にしずくが飛んでいたようで、
もしかしたらそれが冷たくてイヤだったのか
招き入れたきなこをそこに乗せると大激怒。
もうそのあとは何をしても泣き止まないので
そのまま急いで体を洗い、外で待つヨメに
預けました。
これまた買ってたった一日で「嫌なもの」に
させてしまったかもしれない…
と思ったら、そのあとお風呂から出ると
再びご機嫌で床をはい回るきなこが。
もう僕はそのテンションについていけません…

というわけで振り回されっぱなしの一日が
ようやく終わろうとしています。
何だか今日一日で、一気にいたずらっぽさが
増したように見えるきなこ。
いよいよ「怪獣」らしさを見せ付け始めたかも
しれません。
我々の心の準備がまだできていなかったので、
ちょっとダメージを受けてしまいました。
おわり。

| 成長記録 | 23:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

公園デビュー

公園デビューしました。
といっても、ママたちが闊歩する
いわゆる近所の公園のことではなくて、
吉祥寺にある「井の頭公園」のことです。
今日は気候もよかったので、きなこを連れて
吉祥寺までお出かけしてきたのでした。

ぐるっと半周分をベビーカーで歩いただけだったので
本人が楽しかったのかどうかはよくわかりませんが、
今日も帰るまでずっと機嫌が良かったので
きっと悪い気はしなかったのでしょう。
スワンボートや巨大な鯉の群れ、
紙芝居おじさんや大道芸をやる外国人など
もうちょっと大きくなったら楽しめそうなものは
たくさんあるので、また機会があれば訪れたいです。

吉祥寺と言えば、街を行き交うベビーカーの数を
見るだけでも、きっと子育て世代に優しい街
なんだろうなぁという想像がつくのですが、
特に今日行った「コピス吉祥寺の3階」という所は
際立って親子向けのものが充実している印象でした。

キッズスペースも授乳室も(ちょっと狭かったけど)
もちろん完備で、ベビーカーの貸出もあって、
お昼を食べた「オーガニックハウス」というカフェは
子ども用椅子の他にリッチェルの2wayチェアまで
貸し出してくれます。(ちなみに近々購入予定です)
当然フロアは親子連れだらけなのでかなり賑やかで、
きなこは着いた時あまりの騒々しさから
ちょっと恐がって泣いてしまうほどでした。

それくらい親子連れに大人気な場所なわけですが、
きっと平日ならもっと落ち着いた雰囲気なんで
しょうし、もうちょっと近くにあったら
度々通ってしまいそうです。

というか吉祥寺全体がちょっと人多すぎ…
なのを除けばとてもいい街だと思うので、
できればまた来ようと思います。
平日に来られたらいいのにな…

なおコピスといえば開店当初に大混雑だった
キャラパーク吉祥寺」 もあるということで、
ミッフィーのお店でぬいぐるみをゲットして
きなこにプレゼントしました。
さっそく耳をしゃぶったりタグに食いついたり
良いリアクションをくれるきなこ。
今から洗脳してミッフィー好きにしてやるのだ(笑)
ミッフィー

| 日記 | 22:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

つかまり立ち

昨日は話題がブレるので控えていましたが、
昨晩きなこが自分から”つかまり立ち”をしました。

これまではこちらがサポートしてあげて、
ちょうど良い高さの台などにつかまらせてあげて
やっと何となく立つくらいだったのが、
昨日は床であぐら状態だった僕のヒザを使って、
自分から頑張って立ち上がりました。

まぁ僕のヒザの高さに手をついて、なので
立ったと言っても中腰くらいのものでしたが、
おもむろに這ってきたと思ったらヒザに手をかけ、
エイヤッという感じで一生懸命立ち上がろうとする
娘の様子を突然目の前で見せられた父親としては、
かなりヨダレもののおいしいしい思いを
させてもらった気分です。

本人的にも「やったったー!」という思いだったのか
直後にずいぶん大きな声を張り上げていましたが、
誰にやらされるでもなく自分から「頑張ろう!」
ってなるそのモチベーションは、一体どこから
来るものなんでしょうね。

| 成長記録 | 20:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。