シーホースとナッツ

初めての子育てに奮闘中。新米パパ目線で、思ったことなどを書いていきます。

<< 2013-03- | ARCHIVE-SELECT | 2013-05- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

献血のススメ

今日は、趣味の献血に行ってきました。
これで通算55回目になります。

事あるごとに「趣味は献血です」なんて
冗談半分に言いふらしているんですが、
ただ「良いことをしている」という満足感と
単純に回数を重ねることの達成感によって、
20年近く飽きもせず通い続けてきました。
でも実際は、それ以外にも色々なメリットが
献血にはあるんじゃないかと思っています。

一つには、簡易的な健康診断になるという点。
献血前に行われる血液検査の結果は、
後日ハガキで送ってもらえます。
これによって血液の濃度以外に、白血球数や
コレステロール値などもわかるので、
定期的に受けることで自分の体調の変化を
把握するのに大変役立ちます。
もちろん無料でやってもらえるわけですから、
こんなありがたいことはありません。

そしてもう一つ、これは何の根拠もなく
ただ勝手にそう思っているだけなのですが、
「定期的に一定量の失血がある」ことが
実は健康維持に有効に作用するのではないか?
ということを考えていたりします。

数ヶ月に一度、たったの400mlではあっても
血液を失うということは、当然それを補うのに
新しい血液が生成されることになります。
ずっと体の中に留まって古くなった血液より
新しいほうがきっと体にとってもいいだろう
というのがまず理由の1つです。

さらに「時々血を流す」という行為が、
本当にわずかでも「生命の危険」として
体にメッセージが伝わっているとしたら、
それはそれで体に緊張感を与えるというか
生命維持に関する体そのものの能力を
高めることになるのではないだろうか?
というのがもう一つの理由です。
つまり、「死ぬかもしれない」という意識が
より強く生きさせてくれるというか。

もしその説が本当であれば、
いいことした~と心もスッキリする上に
実際に体もリフレッシュできるという、
2倍もお得な献血ってステキ!という話に
なるわけです。

そんなことを、55回献血に行く間に
自分の中でぼんやりと考えていた訳ですが、
結婚するくらいになって初めて
新たな事実に気づくことになりました。
それは、「同じことを女性は毎月やっている」
という至極当然の事実でした。

男性であれば、怪我でもしない限り
まとまった量の血液が体から出て行くことは
そうはありません。
でも女性は否応なしに毎月それがやってきて、
しかも数十年単位で続く訳です。
さらにさらに、授乳中のお母さんに至っては
毎日毎日献血1回分くらいの血液
(正確には血液由来の生成物)が
体から出ていっているのです。

そのことがわかってから、
これまで自分が考えていた説の小ささに
とても恥ずかしい気持ちになったのですが、
だったらなおさら男性は
そんな女性の大変さを少しでも実感する意味で
もっとどんどん献血に行って血を流してくれば
いいじゃないか!と開き直ることにして
次回また8月、無駄に健康な血を少しでも
役立ててもらいに行ってくるつもりです。
献血で提供された血液は出産時の輸血にも
使われていることですしね。
スポンサーサイト

| 日記 | 22:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

じらす女

きなこがヨメの前で、突然すっくと
立ち上がる姿を見せてからはや2ヶ月。
それ以来いっこうに一人でたっちをする気配の
ないまま、ずいぶん日が経ってしまいました。

慎重派なのか、よほどのマイペースなのか
とにかくあまり本人にその気がないように
見えるので、ヨメとは
「絶対ほんとはもう立てるよね」
なんて話をしています。

たっちもそうですが、あんよについても
同じことが言えそうです。
今日も図書館に行って、「補助つき」での
あんよの練習をたっぷりやってきましたが、
結構ノリノリのテンションの時でも
やっぱり補助がないとすぐ座ってしまうし、
ちょっとの距離でもハイハイに切り替えて
しまうのです。

そして夕方には片手を支えてあげるだけで
もうほとんど一人で歩くくらいになっていて
いよいよその日も近いかなと思っていたら、
夜になって僕らが話し込んでいる時に
きなこはなぜかこっそり一人で
たっちをして見せたのでした。

ところが、それに喜んでもう一回やってと
せがむと、これまたなぜか立ち上がろうと
しかけるのにギリギリでやめてしまうきなこ。
しかも、ニコニコ笑いながら。
この時僕らは確信しました。
「やっぱりわかっててわざとやってる」と。

ほんとはとっくに立てるのに、
こちらのリアクションを楽しんで
あえて引き延ばしている。
そうに違いありません。
あんよだって本当は一人でできるのに、
面倒だから補助を付けさせてラクしてる!?
そうに違いありません…!

我々はすっかり手玉に取られているようです。

| 日記 | 22:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

出して、しまう

1歳を過ぎてから、めっきり誕生日のことを
意識しなくなってしまいましたが、
今日で1年と3ヶ月になりました。

ここの所劇的な変化というものはないものの、
確実にこちらの言うことは理解できるように
なってきているし、本人のおしゃべりも
だいぶ言葉らしくなってきていたりして
着実に育ってきているのを感じる毎日です。

そんなきなこの最近のブームは、
「出して、しまう」こと。
随分前から、リップクリームのキャップを
はめ直そうとしたり、外れたリモコンの電池を
元通りにしようと頑張ったり、
そういうことに興味がありそうな様子が
ちらほら見受けられたので、この間
型はめができるブロックを買ってあげました。
フィッシャープライス ブリリアントベーシック はじめてのブロック (K7167)
フィッシャープライス ブリリアントベーシック
はじめてのブロック (K7167)

型はめ自体はちょっと難しかったらしく
自分ではあまりやりませんが、
(代わりに僕らにやって、とせがみます)
一旦ブロックをぶちまけて、散らばったものを
カゴに戻すという作業がよほど楽しいのか、
それ以来飽きもせずやり続けています。

さらに、使わなくなったヨメのカードケースに
同じく使ってないカードを何枚か入れて
渡してみたところ、これまた気に入ったらしく
引っ張り出したりしまったりに
しばらく夢中になってくれるので、
おむつ替え等のおとなしくしていてほしい時に
大活躍しています。

そんなふうに段々と、彼女なりの性格というか
特徴的な行動パターンが見えて来ていますが、
このあたりの興味の示し方は
完全に彼女の個性だと思うので、
ぜひ大事にしていってもらえればと思います。
何より本人が楽しそうですし。

なお「お片付けが好き」なんて聞くと、
親にとってもずいぶんありがたい趣味のような
気がしますが、
実際には「出す」ところまでで気が済んで
しまうことも度々あるのでそうもいきません。
この間も食料の入ったワゴンの中身を
散々部屋にぶちまけたところで終了して、
結局後片付けをやるはめになりました。
今後行動範囲が広がっていくと
きっといろんなものをぶちまけられるように
なるんだろうなぁ。

| 成長記録 | 23:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

人見知り?

昨日は地元に住む妹が家に遊びに来たんです。
お昼過ぎ頃に駅まで迎えに行って、
家に着いたのはちょうど
きなこのお昼ご飯がすんだ頃。

それまでご機嫌でおしゃべりしていたという、
きなこの動きがびたっと固まりました。
そして大泣き。
最近はあまり聞いたことのなかった、
怖い思いをしたとき特有の泣き方です。

きなこが妹に会うのは、もちろん
これが初めてではありません。
それこそつい3ヶ月前にも会ったばかりです。
去年の11月に実家に連れて行った時も
家族の中で一番なついていたはずなのに。
結局、その後で昼寝から起きた後にも
もう一回おんなじように大泣きして、
夕方帰る頃になってようやく慣れてきたものの
最後まで抱っこはさせてもらえませんでした。

妹が長かった髪をバッサリ切っていたから?
それともちょうどお昼寝の前後のタイミングで
たまたま機嫌が悪かったのでしょうか。
理由は全く想像がつきませんが、
傷心の妹はゴールデンウィークでの再戦を
誓って帰って行ったのでした。
そう、今度のゴールデンウィークには
また家族揃って実家に遊びに行くです。
流石に昨日会ったことは覚えているだろうし、
きっと今度こそは大丈夫でしょう。
実家にはこれまた同じくらい久しぶりの
じぃじもばぁばがいるけどね。

それにしても、
本当になぜあんなに泣いたんでしょう。
前日ケーブルテレビの業者が入ってきた時は
特に気にするでもなく普通にしていたので、
何かしらの理由があるのは間違いないと
思うのですが、もしそういう
人見知りをする時期に入ったんだとしたら、
これからちょっと苦労するかもしれません。

やっぱり、普段家に1人か2人しかいない
生活っていうのがあまり良くないん
でしょうかねぇ…。

| 日記 | 22:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

「右へならえ」と「見えない不安」

数日前、Twitterで
「学校指定で買わされる物が多くて大変。
 どれも高いし。」
というような話題が盛り上がり、かくいう僕も
「指定の上履きが高すぎる!と親がダイエーで
 似たような靴を買ってきて、履かされた」
という思い出話をつぶやいたりしましたが、
その件に関してちょっと思うところがあり
もう少しだけ書いてみようと思います。

今にして思えば、おそらく学校指定の上履きも
「必ずそれにしなければならない」という程の
ものではなかったし、そうだったからこそ
きっと親も真に受けたんだろうと思います。
またそれ以上に当時の我が家は「貧乏」が
アイデンティティになっているような所があり
値段の安さが何よりも正義とされていたので、
それに「恥ずかしいからヤダ!」みたいな
子ども自身の意志など挟める雰囲気では
ありませんでした。

しかしその、決して強制ではなかったはずの
「学校指定の上履き」は、フタを開けてみれば
履いていないのはクラスで一人だけという
衝撃の事実に直面して、僕は「何でもっと
ちゃんと抵抗しておかなかったんた!」と
激しく後悔することになるわけです。
幸いそれでいじめに遭うこともなかったので、
今となっては単純に「恥ずかしさに耐えながら
中学3年間を送りました。」というだけの
ほのぼのエピソードに過ぎないのですが、
あの時感じた「どうしてこうなった」感は
今でもなお疑問として残っているのです。
「何で、みんな一緒になっちゃうんだろう?」
という疑問。

今でこそ、すっかり「マイノリティ」の
居心地の良さに身をうずめていますが、
僕も子どもの頃は周りと同じであることに
憧れも持っていたし、家庭環境のせいで
みんなと同じように振る舞えないことに
強いコンプレックスも感じていました。
それが、どうやっても必ずマイノリティに
なるように人生を歩んでしまう原因は
家庭の環境にあるのではなく、
自分自身が生まれつき持っている
ものなんだ、と気づく20代を経て
いつしかそんな気持ちもなくなり、
むしろ周りに合わせようと必死になって
頑張る人を見て「大変そうだなぁ」と
感じるくらいに、考え方が変化しました。

もちろん孤独に対しての不安は今もあるし
自分の考えが揺らぐことも多々あります。
それでも少なくとも、訳も分からず
ただ右へならえを「しなきゃいけない」
みたいな考えには捕らわれなくなったし、
そこからはみ出ることを恥ずかしいとは
あまり感じなくなりました。

この、「周りと一緒がいい」と思う感覚って
一体どこからくるものなんでしょう?
マズローが言うところの「所属の欲求」の
せいでしょうか?それともさっき書いたような
「いじめられるかもしれない」という不安?
もちろんそれは相当あると思います。
親の立場からすると、周りと違うことをしたら
自分の子どもがいじめられるかもしれないし、
子どもにそんな靴を履かせている自分自身が
周りから白い目で見られるかもしれない。
それはきっとかなりつらいことでしょう。
でも実はそんな具体的なことではなく、
もっとあやふやでもっと巨大な
「何だかわからないけど不安」というものが
根底にあるんじゃないかと考えています。

不安というのは、「何が不安なのか」という
対象がハッキリしている場合は
そんなに脅威ではないです。それに対して
必要な対処をすればいいだけのことだし。
オバケと同様、見えていればさほど怖くない。
でも「何だかわからないけど不安」だと
あるのかないのかがよくわからないから
直接対処することもできないし、
無限に膨らむ可能性があるのでやっかいです。
日本人というのは、特にそういう不安を
感じやすい人達のように見えます。
だからこそ、その恐怖から逃れるため、
つまり「心の平穏を保つため」に
何かしらの対処が必要なんだろうと思います。

「周りと違うことをする」というのはまさに
その『何だかわからないけど不安』という
危険地帯に足を踏み出すようなもので、
逆に言えば「周りと同じようにする」のは
『決して自分一人ではない』という
安全地帯に留まっていられる
絶対的なカードなんだろうと思うのです。
本当に「孤独→不安」、「集団→安心」
というようなことが心理学の本に載っている
かどうかはわかりませんが、実際に周りと
同調した行動を取ることで不安がやわらぐ、
というのは感覚としてとてもよくわかります。
ドッジボールで言えば、一人きりの状態で
狙われるか、みんなと団子になっている状態で
狙われるかみたいなことですね。
前者のそれの心細さったらないわけです。

だとすると大事なのは、そのように
「周りと合わせようとする行動」の理由が
実は「自分の中の不安な気持ち」にあること、
それを自分自身がちゃんと認識することに
あるんじゃないかと思います。
逆に、全く不安のない人は
別に周りに合わせる必要なんてないわけです。
結局何をを選ぶかはその人の「選択」なんだ、
ということがちゃんとわかっているかどうかが
とても重要なことのような気がします。
それを認識することで、不安そのものには
対処できないかもしれないけど、少なくとも
行動の理由がはっきりすることによって
それ以上余計なストレスになるのだけは
避けられるんじゃないかと思うからです。


さて、大変前置きが長くなりましたが
実はここからが本題になります。
これから先、子どもが集団の中に入って行く時
親としてそういったものを自分の子どもに
買い与える機会がきっと訪れます。
ここまで書いてきたような、「選択」を
子どもに代わってやることになるわけです。
その時果たして自分ならどうするのかを
ここ数日ずっと考えていました。
まだ結論は出ていないし、今どれだけ悩んでも
どうせその時になったらまた考えは揺らぐに
決まっています。

でも今の時点で言えるのは、どちらにしても
僕はその「選択」をしたということ自体を、
子どもに対してきちんと明示することが
できたらいいのかな、ということです。
不安に負けて周りに合わせるにしても、
値段を優先して独自のものを探すにしても、
単純にそういうことに悩む手間自体を惜しんで
与えられたものを受け入れるにしても、
別に初めから決まっていた事なんかではなく
その時点での「選択」なんだよ、ということを
ありのままに、できれば理由もちゃんと添えて
子どもに伝えてあげたらいいんじゃないか。

それに本人が納得するかどうかは別としても、
少なくとも親の行動の理由を正直に提示して
説明することで、自分自身も選択をすることが
できるものなんだ、ということは理解をして
もらえそうな気がします。
そして将来、自分も同じような場面に
出合った時に、本人自身の判断基準に
何かしらプラスできるのであれば、十分
役目は果たしたことになるかなと思うのです。


今回、思い出話がきっかけで
久しぶりに過去の自分としっかり向き合って
あれこれ考えました。
あの頃に比べればいろんなことがわかってきて
見える不安は減ったけれど、見えない不安は
かえって増えたような気がします。
ただ、今の方が多様性に対してずっと寛容に
なってきているし、やっぱりいい時代には
なってきているんでしょうね。

子育てなんて、それ自体が壮大でゴールのない
「何だかわからない不安」の固まりみたいな
ものですから、自分の心の平穏のためにも
「右へならえ」なんかもどんどん活用して、
ゆるゆると乗り切って行ければ
もう十分なんじゃないかと思いますけどね。
あの時あれだけ自分は恥ずかしい存在なんだと
思って生きてきたけれど、何だかんだで
今もこうやっていっちょ前に親をやっている
わけですし。

| 思うこと | 23:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

横向き寝

すごく細かいことなんですが、いつの間にか
朝寝ているきなこを起こし行くと
「横向き」でいることが多くなりました。

ちょっと前まではうつぶせ寝ばっかりで、
その前はといえば仰向け以外で寝られなかった
というのに、よくここまで育ったもんです。
横を向いて寝ている姿はもうすっかり
「子ども」という感じですね。

最近はスマホで写真を撮ろうとするとすぐ
「それをよこせ~!」と寄って来てしまうので
結果寝顔写真の率が増えがちな、
今日この頃なのでした。

| 成長記録 | 23:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

お風呂での反応の違い

きなこも、ある程度の年齢になったら
きっと風邪を引きまくるように
なるんだろうなぁと思ってはいたのですが、
それを上回るまさかのハイペースで
僕自身が風邪を引いてしまっています。
育児疲れか、それとも加齢のせいでしょうか…

特に今回の風邪はなかなかのしつこさで、
熱が下がらないまま4日目に突入です。
この風邪はうつってほしくないなぁと
なるべく近寄らないようにしているのですが、
これまでにきなこが引いた風邪の
ほぼ全ての感染源になっている身としては
もう戦々恐々なのです。

そして何よりつらいのが、僕がきなこに
接触しないようにしていた分
ヨメとベッタリな時間が増えてしまって、
ヨメの負担が大変大きくなっていることです。
特に週末は率先して楽をしてもらいたいのに、
できないのが本当に心苦しいばかり。
つくづく健康であることの大切さを
思い知らされています。

ところで、今回の件できなこのお風呂担当も
代わってもらって初めて気づいたのですが、
僕が入れる時とヨメが入れた時とでは
きなこの反応に若干の違いがあるようです。
それは、「声」。

実は僕がお風呂に入れた時(特にお湯に
つかる時)、きなこはあまり声を出しません。
決して機嫌が悪い訳ではなく、
おもちゃや手桶で楽しそうに遊んでいますし
一時期のような仰向けを怖がるような様子も
なくなってきている感じではあるのに、
そういえば声だけあまり聞いていないのです。
今までは何となく「そういうものかな」と
思ってたのですが、ここ数日ヨメとお風呂に
入っている様子を外から聞いている限りだと
どうやらそんな感じもなく、部屋にいる時と
同じように楽しくおしゃべりしています。

ただ単純に懐き具合の違いで、やっぱり
僕との間には多少の緊張感があるのかなぁとも
思ったのですが、それがお風呂の中限定の
特別な反応だということを考えると
もう少し他の要因もありそうですね。

そんなちょっと残念な発見をしてしまった
わけなのですが、もし僕とお風呂に入っている
数分間が彼女にとって普段とは違う
「完全にはリラックスできない時間」に
なってしまっているのだとしたら、
何とかしてあげたいなぁと思うのでした。

| 日記 | 23:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

大行進

今日は天気が荒れる前の午前中のうちに、
図書館に行ってきました。
さすがに人の少ない絵本コーナーの
じゅうたんの上で、きなこが一番楽しんだのは
今本人の中で大流行りしている
あんよの練習でした。

何しろ機嫌の悪い時だろうが寝起きだろうが
これさえ始めれば機嫌よくなってくれるので、
我々を含めた家族全員が幸せになれる
非常にありがたい存在なのです。

それをあの広い図書館の絵本コーナーで
やれるとあってはもうテンション上がりまくり
なわけで、空いているのをいいことに
何周するんだっていうくらい歩いてきました。

しかも帰ってからも、休日で練習相手が
2人いるのをいいことに度々部屋の中では
行進がおこなわれ、たっぷり運動したきなこは
先ほどコロッと眠りにつきました。

いざひとりで歩けるようになってしまえば
こんなふうに一緒に練習する機会も
無くなっていくんでしょうから、
今だけの期間限定のつもりで
楽しくお供させていただくつもりです。

| 日記 | 22:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ウィークポイント

現在、きなこは生まれて何回目かの
風邪に悩まされています。
今回の症状もまた、鼻水です。
これまで引いた風邪では
もれなく鼻水が出ているような気がします。

昨日の夜はやはり息苦しかったのか
何度も起きてしまい、今日も拭いても拭いても
垂れてくる状態でかわいそうでした。

人それぞれ、風邪の症状が出やすい場所
というのがあるかと思いますが、きなこの場合
完全に鼻に来るタイプのようです。
ちなみに両親のウィークポイントでいうと
僕が子どもの頃は頭痛に散々悩まされてきて、
ヨメは圧倒的に喉に出るタイプ。
ということでどうやら遺伝ではなく、
きなこの個性として鼻がウィークポイント
だった、ということなんでしょうね。

夜寝られないというのは厄介な症状ですが、
それでももしお腹にくるタイプとかだったら
今よりさらに大変な状況だろうと思うので、
とにかく早く治ってもらえることを
祈っています。

| 日記 | 22:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。