シーホースとナッツ

初めての子育てに奮闘中。新米パパ目線で、思ったことなどを書いていきます。

<< 2013-06- | ARCHIVE-SELECT | 2013-08- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

感情と理性のせめぎ合い

この間までの、猛烈なお風呂拒否はいつしか
ピタッとなくなり、今はむしろ自分から
進んでお風呂場に行くようになりました。
あの号泣号泣の1週間くらいの日々は
きなこにとって一体何だったのか。
真相は本人のみぞ知る、といった所です。

それに限らず、ここ最近は感情を
ストレートに表現することがとても多く
なってきていて(主に怒りですが)、
自分の思い通りにならないことがあると
たちまち爆発的に怒りをあらわにします。

例えば今日も、僕がお茶を飲んでいた
湯のみに手を突っ込んで遊ぼうとしたので、
「飲んでるからダメだよ~」とほんのちょっと
苦言を呈そうものなら、もう止まらず
そのまま大泣きです。「ダメ」という言葉は
意味も明確にわかるらしくものすごく敏感で、
どうやら「止められた」という事態が
本人の中では相当大きいことのようなのです。

ただ、そういった一見爆発的な感情の動きも
よくよく見てみるとそんなに単純なものでは
ないらしく、大泣きに至る間にも彼女の中で
気持ちのぶつかり合いがあるのかも…?
ということが何となく見えてきました。

やりたいと思っていたことを止められるのは
やっぱりすごく嫌なことだから、泣きたい。
というすごく素直な感情と同時に、
「まあ別にいいか」なのか、
「ここは言われた通り従っとくか」なのか、
「今せっかく楽しい気分だからやめとこっか」
なのかはわかりませんが、とにかく
ただ感情に任せて泣き出すのとは逆の、
何か押しとどめるような感情の動きも
時々は見せることがあるのです。

詳しいことはわかりませんが、恐らく
彼女の中で、何かしら心の発達に欠かせない
感情と理性のせめぎ合いのようなものが
あるのではないか、という風に見えました。
これから先、自分の思い通りにならないことは
もっともっと増えてきます。その時に
ただ泣いているだけでは何にもならないことを
わかっていて、でもやっぱり素直に
「イヤだ!」という感情もあって…という間で
揺れながらも頑張って成長している最中、
ということなのかもしれませんね。
スポンサーサイト

| 成長記録 | 22:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

子ども乗せ自転車

きなこの体重も10kgを超えてきて、
少し遠くへ移動する時に
「抱っこ紐で自転車」というのも
そろそろ大分しんどくなってきたため、
子ども乗せ自転車を新たに購入しました。

車種は検討の結果、おそらく一番人気の
ブリジストン「アンジェリーノ」
僕自身は普段、同じくブリジストンの
「マークローザ」というかなりマイナーな
自転車に乗っていますが、今回は
とにかく目的のことを考えて
安心のどメジャーを選択しました。
といっても主に使うのはヨメなので、
本人の選定です。

きなこは初めてのチャイルドシート、
初めてのヘルメットということで
おとなしく座ってくれるか心配でしたが
購入手続きの間に自転車屋さんの中と外で
さんざん遊ばせておいたおかげか、
機嫌よく前座席に乗ってくれました。
でもやっぱりちょっと暑かったみたいなので
暑い時間に長時間は難しいと思われます。

都内に住んでいると、車を持たなくても
やっていけるというメリットがあるものの、
それでも徒歩(&ベビーカー)だけでは
やっぱりちょっと機動力不足なので
自転車は非常に重宝します。

意外に坂の多い東京ですが、家の周辺は
それほど凸凹もしていない為
これ一台で行動範囲は相当広がります。
今日の感じなら本人も気持ちよく
乗っていてくれそうなので、これからは
今まで行っていなかった所へも
家族で出かけていって、また新たな
発見ができるかもしれません。


↑特に文句も言わず座ってくれました。
手は最近お得意の「Yes We Can!」

| 日記 | 22:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

1歳半

何だか久々の記念日。
ムスメが今日で1歳半になりました。

1歳を過ぎると、ひと月ごとの記念日はもう
ほとんど意識することもなくなって、
たまたま思い出した時にどちらかが
「今日で1歳2ヶ月だねぇ」なんて言う程度に
なってしまいましたが、それでもようやく
こうして1歳半まで育ってくれました。

最近のきなこは、いよいよ「イヤイヤ期」の
前兆らしきものが見え始めていて、
自分の思い通りにならないことに対して
とにかくすごく怒ります。
特に僕らが本人の意思に反することを
無理矢理やろうとすると激しく怒るので、
そうなったらもう僕なんかはとにかく
本人の自由意志の妨げにならないように、
それこそ家来のように付き従うばかりです。

中でもここ数日ひどいのが「お風呂」。
最初は入るタイミングが本人の思っているのと
違うせいで怒っているのかと思ったのですが、
どうやらお風呂に入る事自体が相当嫌らしく
昨日くらいは連れて行ったら大号泣、今日は
近づくだけで「連れてかれるー!」とばかりに
あまりに激しく泣くので、さすがにお手上げで
急遽ヨメと交代してもらいました。

でも大抵は入って遊んでいるうちに泣き止み、
出る頃にはすっかり普通、というか超ご機嫌。
今日も大はしゃぎで先ほど眠りにつきました。
要するに「お風呂に入る覚悟をするのがイヤ」
ということなのかなぁと思ってます。
入ってしまえばやっぱりサッパリするし
そんなに悪いものでもないな、みたいな。

この調子でだんだんといろんなことに対して、
激しく拒否されるようになっていくかと思うと
果たして乗り切れるのかと不安になりますが、
何とか気持ちを「ちゃんと成長している証だ」
という方向に持っていけるように
頑張っていきたいと思います。

| 記念日 | 22:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

あせもで病院へ

これまできなこが病院お世話になることの大半
というかほとんどは、”肌”のトラブルです。

これまで大した病気もなく、至って健康に
育ってきてくれていますが、
肌だけはどうやらあまり強くないようで
年中湿疹ができては病院に薬を出してもらって
「マル乳」のお世話になってきています。

そんな中、ここ10日ほど鼻の頭が赤く
ブツブツしてきていたので、そうかもなぁと
思っていたら案の定、汗疹(あせも)でした。
梅雨が開けて暑くなって以来
とにかく鼻の頭にはしょっちゅう汗をかいて
いたので、それが原因なのでしょう。

原因もわかって新しい薬も処方してもらったし
これで治ってくれればと思います。
そんな感じでお肌のトラブルは尽きませんが、
とにかくそれくらいで済んでいてくれて
ありがとうと彼女に感謝しつつ、
頑張って薬を塗っていくことにします。

ちなみに余談なのですが、
休日だからと自分一人だけで子どもを
病院に連れて行こうとするお父さんがた、
普段自分の子どもにどんな症状があって
どんなふうに薬で対処しているか、
よく知りもしないで病院(&調剤薬局)に
行くことはあまりおすすめしません。
結構先生や薬剤師さんから結構シビアで
細かな質問が飛んできますので、
にわか仕込みの知識では対処できません。
そして先方もその答えを頼りにいろんな判断を
しますので、「知りません」では済みません。
一人で行くなら相当ちゃんと知って
おいたほうがいいし、よくわからないなら
一人では連れて行かないほうがいいです。

実は今日も、過去に一度処方されたことのある
シロップタイプ(顆粒)の薬が再度出て、
薬剤師さんから「飲めますか?」と聞かれ
たのでした。実は当時、本人は美味しいのか
全く抵抗なく飲んでくれていたのですが、
その頃の記憶が完全に抜け落ちていたために
「何かに混ぜて飲ましていた…と思います。」
なんていういいかげんな返答をしてしまい、
かなりバツの悪い思いをしました。
そういう場合は、変に知ったかぶりしないで
わからないなら正直に言った方がいいですね。
子どものためにも。

| 日記 | 22:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ヨンデ~地獄

ムスメの「ヨンデ~」が止まりません。
寝る前の絵本タイムはもちろん、
朝目が覚めればヨンデ~。
お腹いっぱいになればヨンデ~。
昼寝が終わればヨンデ~。
置いてある絵本が目に留まればヨンデ~。
要するに、一日中です。

しかも一冊読んで終わりではなく、
今図書館から借りてきている6冊と、
もともと家にある3冊。
全部一通り読まないと気がすみません。
中でもお気に入りの「きんぎょがにげた」は
その間に3回は挟まります。
最近は読み始めても最後まで大人しく聞いて
いるわけでもなくなり、話の途中にかぶせて
次を読めと言ってくるので
もう読んでもらうのが目的なんじゃなくて
「ヨンデ~」と言いたいだけなんじゃ
ないかとさえ思えてきます。(かといって
読まないでいるとそれはそれで怒るんだけど)

今週一週間、ヨメはこの「ヨンデ~」攻撃に
すっかり参ってしまいました。
しかも、どうやら徐々にイヤイヤ期が
始まろうとしているのか、フリーダムっぷりに
拍車がかかってどんどん言うことを
聞かなくなってきているので、
いよいよもってストレスが蓄積しています。
少し前までの、呼べばすぐついてくるような
従順なきなこはかりそめの姿だったんだなぁと
2人で遠い目をしている今日この頃です。

なんて言っている場合ではないので、
とにかくダメージの大きいヨメには
この週末しっかりリフレッシュしてもらって、
これからもっともっとひどくなるであろう
きなこのやんちゃっぷりに対抗できる
エネルギーを充電してもらえたらと
思います。

| 日記 | 22:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

一時あずかり 4回目

今日は通算4回目の、子育て支援センターへの
一時預かりでした。実はほんの2週間前にも
一度利用はしているのですが、
その時は「半分」の3時間だけだったので
6時間フルで預かってもらうのは
5月の時以来3回目になります。

5月の時は本人にもかなりつらい時間を
経験させてしまった一時預かりなのですが、
その後何度となくその施設に足を運んだし
つい2週間前に半分の時間とはいえ
本人だけの状況も経験したばかりだし、
もはやすっかり慣れているだろうと
高をくくっていました。

しかし「両親が2人共いなくなる」という
シチュエーションはやはり重みが違うのか、
施設につくとやっぱりちょっと緊張気味。
スタッフさんに声をかけられると
明らかに何かを我慢しているような表情。
結局、バイバイした後で泣いてしまったんだ
そうです。

それでもあとで教えてもらった限り、
前回全く食べられなかったお昼ごはんを
今回はほぼ完食。
他にも年上の男の子と楽しく遊んだり、
スタッフさんに絵本を読んでと
お願いしたりなんかもできたそうで、
確実に「慣れ」の効果は出ているようでした。

あとは疲れからくると思われる、
帰ってからの不安定な感じがなくなれば
だいぶ安心して預けられるように
なるのではないかと思います。
もちろん僕らにとってもリフレッシュ効果は
絶大なので、今後もある程度のペースで
連れていけたらいいですね。

| 日記 | 22:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ヨンデ

現在、きなこのボキャブラリーの中で
もっとも高度な、かつ使用頻度の高い言葉が
この「ヨンデ!」と思われます。

もちろんその意味は絵本を「読んで!」な
わけですが、この間から2度目の絵本ブーム
やってきている彼女にとって
この表現はとにかく必要にかられて
身につけたものと思われます。

最近は1日1冊どころでは済まなくて、
図書館で借りている6~7冊の絵本を
全部引っ張り出してきては
読めや読めやの大合唱(いや独唱)。
今日図書館で借りてきた新しい絵本も
さっそく全種、しかも同じものを何度も
夫婦揃って読まされるハメになりました。

そんな、永遠に続くかのように思われる
「読んで」コールの前に、我々も
かなり修行のようなものを感じながらも
頑張って対応している毎日です。

ちなみに今本人の中で一番楽しいのが
「ページ内の何かを探す」パターン。
というわけで、ずいぶん前に買っていた
「きんぎょがにげた」という絵本が
以前とは同じ楽しみ方ができるようになって
大変きなこのお気に入りになっています。

きんぎょが にげた<br />(福音館の幼児絵本)きんぎょが にげた
(福音館の幼児絵本)

(1982/08/31)
五味 太郎

商品詳細を見る

| 日記 | 22:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

バナバタ

今夜は七夕ですね。仕事のピークと
イベントでの休日出勤が重なって
ここ2週間ほどボロボロになっているうちに
気がついたら梅雨が開けていて、
久しぶりに週末ゆっくりできると思ったら
暑さにすっかり参ってしまいました。

そんな間にもきなこは確実に成長しています。
先週は、以前緊張してご飯も食べられなかった
子育てセンターでの一時預かりを
何事もなく楽しんで帰ってきたそうです。
最近毎日のようにヨメがその施設に連れて
行っているので、すっかり慣れたのでしょう。

また別の施設(午前中だけ幼児に開放している
学校併設の学童)では、七夕が近いと
いうことで笹飾りをもらってきたそうです。
別に本人は短冊に願い事を書いたわけでは
ないですが、代わりに手型をとってもらって
飾ってありました。

(すぐしおれてしまって見栄えは悪いですが)

そして最近のきなこの好物なのが、バナナ。
毎日朝食の後に半分だけあげているそれを
大層気に入ったらしく、食卓に出てくる度に
「バナ!バナ!」と大喜びです。
もともと僕らが毎日食べているからという
理由であげ始めた(ほぼ唯一の)フルーツ、
というだけのものでしたが、
こうやって食文化は親のそれを引き継いで
行くんだなぁということを実感しています。
栄養価も高いので、気に入ってくれるなら
申し分ないのですけども。

他にも好物はいろいろわかってきましたが、
今一番「よこせ」と言われるのは
休日に一緒に食べている僕ら2人の食事です。
「人の食べてるものがほしくなる」という
パターンで、あれこれ要求してきます。
少量なら大人の食べ物も少しずつ
あげられるようになってきたので、
味の濃くないものを選んであれこれと
おすそわけをしている日々です。

色々と取りとめのないことを書きましたが、
とりえあえず一刻も早く夏が終わって
涼しくなってくれるよう短冊に祈りを込めて、
明日からまた仕事を頑張ろうと思います。

| 日記 | 22:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。