シーホースとナッツ

初めての子育てに奮闘中。新米パパ目線で、思ったことなどを書いていきます。

<< 2013-10- | ARCHIVE-SELECT | 2013-12- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

「産後クライシス」記事の前に、対策について考えた

「東洋経済ONLINE」というサイトで、
ビジネスニュースに混じって連載されている
「産後クライシス」の記事が面白いですね。

東洋経済ONLINE - 産後クライシス

産後クライシスという言葉が「あさイチ」から
生まれてもう1年以上がたちますが、
今回改めてしっかりと取り上げられたことで
世間でも盛り上がっているように見えます。
実際この記事も番組のスタッフさん達による
ものなので、きっと長く向き合ってこられた
その結果が詰まっているというか、率直に
とてもいい内容だなぁと思って見ています。

そしてこの連載、次回には産後クライシスの
「対策」のようなものが示されるようですね。
あさイチを受けて書いた例の記事の件以来
1年余り、自分としても何となくですが、
どうしたら産後クライシスを避けられるのか
についてはずっと考えてきた気がします。

そこで、次に公開される3回目の記事に
「こんなことが書いてあったらいいのにな」
という要望というか願望みたいな形で、
今までに考えてきたものを
まとめてみることにしました。
題して「産後クライシスを回避する方法」。

それは、
一つは男性が正しい知識を身につけること。
もう一つは夫婦間でもっと会話をすること。

何だかすごくざっくりですが、結局のところ
これしかないんじゃないかと思ってます。

現状ではあまりに事前に触れる機会が少なく
その気にならない限りまず入ってこない、
男性の「出産・育児」に関する知識。まずは
これを増やすことを何とか実現してほしい。

現実はテキスト通りになんていかないし、
実体験してみないとわからないのは勿論で
それは女性だって同じことなのですが、
その「実体験」が得られない男性だからこそ
まず「一般的にはこう」、という部分を
知識で補っておく必要があると思うんです。

じゃないと想像力が働かない。
「これってこういうことかな?」とか
「今もしかしてこうなんじゃないの?」とか、
当たっているかどうかはともかく
まずは想像してみてほしいのです。
奥さんが産前産後に直面する様々な困難を、
「あれかもしれない」と気づくきっかけの為に
基礎的な知識が男性に備わっていることが
必要なんじゃないかと思います。

あと「不安を煽ると男性はますます遠ざかる」
というような意見も見かけましたが、
不安というのは「正体がわからない」時に
最も大きく膨れ上がるものだと思うので、
逆に正しく知識を身につけ、全体像を把握して
おけた方が、よっぽど恐れたり逃げたりせず
立ち向かうことが可能になるように思えます。

そしてもう一つの方法。
とにかく2人で会話をして、
意識のすり合わせをいていくしかない。
それも産後の段階になってからでは全然遅くて
もっとずっと前から。
できればもうお付き合いが始まった段階から、
お互いどういう価値観をもっていて
どんなことを考えていて、
相手には何を望んでいるのか、について
もっと日常的に、普通の話題として話せる
ような間柄になっていてほしい。

そういう積み重ねがあって初めて、
実際に奥さんが出産する段階になった時に
どういう状態になり、何に苦痛を感じ、
どんなサポートが欲しいと思っているのか。
女性本人ですら予測不能なことだったり、
説明しにくいことだったりするそういう話を
お互いにハードル低く言い合える、
また聞き合えるんじゃないかと思うのです。

ここまで読んで、
「おいおい何だか面倒臭そうだな」とか
「全然ライフハックじゃねぇじゃねぇか」
と思われていたらごめんなさい。
別にそういうものを提案する話ではなく、
あくまで個人的に「こうかな?」と思うことを
ただ書いているだけなので許してください。

でも、本当にこういう「泥臭くて、地道な」
方法しかないんじゃないかと思っています。
そんな特効薬みたいな簡単な方法があるなら
そもそも「産後クライシス」なんて言葉は
生まれてないし、もしそんな方法が出てきても
何かのダイエット法みたいで眉唾モノですね。

とにかく、実際に産後の状態になってから
何か事を起こしたのでは遅すぎる、のは
間違いないと思います。
その時奥さんは想定を遥かに超える事態に
極限の状態になっている可能性があるので、
そんなタイミングになって初めて
「今こそチャンス!夫婦で大いにぶつかって
 二人の絆を深めよう!」なんていうのは
あまりにも無謀な話です。
ていうかそれこそ危機が大きくなってしまう。
仮にそれを男性の側が言っているとしたら
一方的すぎというか自分勝手すぎというか、
そもそも「女性側の愛情の低下」という
産後クライシスの意味を考えると、そんなの
男は絶対言っちゃいけないんじゃないかと
書きながらちょっと怖くなってきますね。

さて改めて、このあたりで
「何か男の方ばっかり負担が多くねぇか?」
という声が聞こえてきそうな気がしますが、
それは仕方ないというか当然だと思います。
さっきも書きましたが、女性は出産という
「実体験」をしていますので、それだけで
いくら想像してもしたりないくらいの負担を
背負っていることになります。
加えて生理しかり、妊娠中のトラブルしかり、
そして悪露、授乳、睡眠不足、育児ストレス…
女性には出産に関連して山ほどの負担が
「実体験」としてのしかかっている訳です。

対して男性はというと、その気になれば
ゼロです。
一切自分の身に何の変化も起きることなく、
何のストレスも受けることなく
出産前後を過ごすこともできてしまうのです。
だからこそ、もしクライシスを回避したいと
願うのであれば、男性側から動き出さないと
流れは止まらないのだろうと思います。

ていうか、こんなことわざわざ書くのも
本当にどうかと思うんですが、
自分が好きで選んだ相手なわけでしょう?
いま頑張ったら、これから先も
ずっと仲良くしていられるかもしれないんなら
そのくらいの負担、文句言わずにやれよ!って
話じゃないですか。
「女は子ども産むと変わっちゃうからなぁ」
じゃねえですよ。お前のせいだろバカ!って
話じゃないですか。
お願いですから、それくらいやりましょうよ。
何でみすみす大好きな奥さんが一人きりで
人格変わるくらいのストレスを受けて
自分に対して敵意を持とうとしているのを、
指をくわえて見てるようなことするんですか。

もし「産後クライシス」というものを
前向きに捉えられるとするならば、
男が全力で対策をして、一生懸命努力して、
勉強して、妻の負担を少しでも理解して、
話を聞いて、一緒に考えて、悩んで、泣いて、
その結果無事にクライシスを回避した時に、
初めて今までと変わらない、
幸せな夫婦関係を続けていけるかもしれない。

そんなふうに
「回避することにこそ価値がある」
というのが、
産後クライシスというものが持つ
唯一のいい面だと僕は思います。
スポンサーサイト

| 思うこと | 00:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

風邪の無限ループ

10月19日のアカチャンホンポに端を発する
我が家の”風邪クライシス”は、
すでに1ヶ月以上が経とうかというのに
未だ終息の気運が見えてきません。

せっかくなのでこれまでの経緯をまとめると、
きなこ(ムスメ):
 10/19 風邪の兆候があらわれる
 10/21 発熱を伴う本格的な風邪
 11/03 治っていたと思いきや、再度発熱
 11/10 この頃ようやく元のリズムに戻る
 11/16 子育て広場でまた別の風邪もらう
 11/24 未だに鼻水と咳が収まらず
ヨメ:
 10/28 きなこの風邪がうつる
 11/05 咳が止まらず、蓄膿症に
 11/24 未だに咳は完全には収まらず
僕:
 10/29 きなこの風邪がうつる
 11/01 こっそり治す
 11/22 夜発熱、翌日39.4℃まで上がる

おそらくですが、一昨日からの僕の風邪は
きなこのがうつったわけではなく
外出先でもらったと思われますが、
(症状が全然違うので。)
とにかく今日の最新の状況としては
きなこ→相変わらず鼻水&咳
ヨメ→相変わらず咳
僕→今朝熱が下がったばかりの病み上がり
という、おおよそ元気な人は
一人もいないという我が家でございます。

加えてつい先ほど、ヨメから
「もしかしたら風邪かも…?」
という、あまり聞きたくない申告があり、
あーもうどうなっちゃうんだ我が家!
という状況になりつつあるわけです。

幸い、きなこの機嫌だけはいいのが
今のところ救いではありますが、
もともとギリギリの状態でやっている中
家族の誰かの体調が悪いというだけで
精神的なダメージは相当大きいので、
その状態が1ヶ月以上続いてくると
これはもう本当にきますね。

今日はきなこの1年10ヶ月の誕生日。
今願うことはただ一つ、
「家族が健康でありますように。」

| 日記 | 23:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

開ける→開けたいよ→開けて

きなこの生活リズムは、朝起きる時間が
前よりも早い7時前頃になった所で
何となく安定してしまったらしく、
結果的にある程度リズムは整ったようです。
お風呂拒否もおさまってきて、
ようやく以前のような平穏さが
少しは戻ってきました。

とはいえこの期間のヨメのストレスの蓄積は
相当深刻なことになっていたようだったので、
今日は久しぶりに朝からきなこと2人で
子育てセンターに行ってたっぷり遊ばせ、
午後も家でたっぷり遊びに付き合ってあげて、
その間ヨメには外に出かけてもらいました。
おかげできなこも一日中機嫌よく過ごせたし、
ヨメもこれで多少は発散ができ…ていれば
いいのですが。

さて、謎のタイトルは
ここ最近のきなこがよく使う言葉の変遷です。
お菓子の袋からベビーサークルの扉、
ペンのフタまで何でもかんでもとにかく
開けることを要求してくるきなこですが、
最初は「開ける!」とただやって欲しい
”動作”のことを言うだけだったのが
いつしか「開けたいよ~!」と自分の
”意思”を表現する言い方に変わり、
今日はついに「開けて!」と
”依頼”の表現ができるようになりました。

もちろん、我々が頼まれる度にいちいち
「”開けたい”ってことだよね?」とか
「”開けて”って言うんだよ~」とか
言いながらやっていた結果だと思いますが、
ちゃんとそうやって変化していくんだなぁと
成長っぷりに感心させられる出来事でした。

専門家ではないので、言語の発達の過程で
こういうことが起こるのは別に驚くことでも
何でもないのかどうかはよく知りませんが、
とりあえずここ最近新しい言葉を覚える量が
飛躍的に伸びてきていることは
はっきりと実感するところですし、
こんな風に確かな成長を感じられると
まあ多少のイヤイヤくらいは我慢ができる…
かもですね。

| 成長記録 | 22:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

生活リズム

きなこは2週間前の発熱以来、すっかり
生活のリズムを崩してしまったようでした。

朝はこれまで7:40起床でほぼ決まっていたのに
ここのところは遅くて7:00、早いと
もう僕らが起きるのと一緒の6:00に
起きてしまうような状態。

そのせいで基本的に寝不足なので
午前中のうちに眠くなってしまうのか、
お昼ご飯の前に不機嫌になってきて
結局寝てしまったりする。

そんな変な時間に寝るから、結局短い時間で
起きてしまって夜も早めに眠気が来てしまい、
仕方がないので段取りを入れ替えて
早い時間に寝かしつけに入るようにするものの
最終的には大泣きでバタバタのうちに
何とか眠りについてもらう、
そんな日々がずっと続いてきました。

また、いったん治ったと思ったお風呂拒否も
結局日によってには猛烈に泣いて嫌がるので、
とにかく無理矢理連れて行くことはせず
本人がその気になるまでひたすら待ったり、
なるべく選択肢を与えて、自分自身の決断で
お風呂に向かえるようにと色んな工夫をして
何とか入ってもらう、
とにかくそんな毎日だったわけです。

それが、今日になってようやく
これまで通りの流れを崩さずに
一日を過ごすことができました。
朝は案の定早くに起きてしまったものの、
午前中の買い物に連れて行った先で
とにかく寝ないようにおだててなだめて、
移動も極力短時間で済むようにして、
帰ったらもうすぐにご飯を食べられるように
段どったことで、なんとか予定通りの時間に
お昼寝ができるように持っていったのでした。
おかげでその後も
夜まで不機嫌になることもなく、というより
ここしばらくないくらい穏やかなきなこを
見ることができた一日となりました。

やっぱり、本人にとっても
生活リズムが崩れた状態は決して気持ちの
いいものではなかったでしょうし、
おそらくそれが正常に戻せたことで
終始機嫌よく過ごせたんじゃないかと
思います。
あとは僕らも予定があまりない週末で、
体調や天候も含め比較的コンディションが
良かったこともまた、功を奏したのでしょう。

これで朝ももうちょっと寝ててくれれば
万事元通り、我々ももうちょっと
楽に毎日を過ごせるようになるのですが、
いかがでしょうか?きなこさん。

ていうかこの2週間、イヤイヤ期っぽく
なりだした頃から考えると
もっとずっと前からここまで、
ほんとにしんどい日々でした…。
そろそろ何かいいことがないと、
精神的に厳しいです。

| 日記 | 23:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

初めての、行事キャンセル

今週の3連休、本来ならヨメの実家がある
広島に帰省している予定でした。
昨年の11月以来1年ぶりのことです。

それが当日(土曜日)の朝になって
突然きなこが発熱。ドタキャンの形で
キャンセルすることになってしまいました。
幸か不幸か、ムスメの体調が原因で
重要な行事がキャンセルになるのは、
これまでで初めてのことです。

思えばここのところ、我が家はまさに
怒涛の日々でした。
きなこが初めて本格的な風邪を引いたのが
2週間前の週末のこと
その後熱は比較的すぐ下がったものの、
並行して今度は猛烈なお風呂拒否
更に先週の頭からは、おそらくきなこの風邪が
うつったと思われるヨメが風邪の症状を訴え、
立て続けに僕も火曜日頃から怪しくなってきて
結局家族3人全員が風邪、という事態に。

幸い僕は症状も軽めだったので、
より重そうな上に実家に行った時に
元気でいてくれないと確実に困るであろう
ヨメに、とにかくしっかり治してもらおうと
可能な限り家事を引き受けて、風邪のこと自体
ヨメには告げずにこっそり自力で治しました。

そしてもう一つの懸案、きなこのお風呂拒否も
火曜日に普通に入れて以来落ち着いて、
風邪の症状もほとんど残っていないくらいに
なってきていたので、安心していたのでした。

という状態で迎えた出発当日。
ヨメの風邪だけがまだ続いていましたが、
そこはもう本人も気合いで乗り切る覚悟で
準備は万端!
…のはずが、朝起きたら
きなこの体が明らかに熱い。
体温を測ると37.8℃。

とりあえず出発時間の13時まで様子を見て
決めることにしたものの、その後熱は
下がるどころかむしろ上がっていって、
お昼の時点で38.9℃。
朝は全く元気そうだったきなこも
もはや起き上がっていられない様子。
おかげで(?)我々も、実家に「今回は
キャンセルすることになった」旨の連絡を
何の迷いもなく入れることができました。

思えば帰省の計画を立てるところから、
新幹線の切符を「車両の一番前の2人掛け席」
でバッチリおさえておくこと、
(その席がベビーカーも置けて一番都合いい)
そして目下イヤイヤ期真っ最中のきなこを
片道5時間の移動でも不機嫌にしない為に
各種アイテムを取り揃えるところまで、
本当に色んな準備を重ねてここまで来たのに
当日になって頓挫してしまうというのは、
もはや「残念」以外の何ものでもありません。
でも、そもそもそんなふうに
「決して思い通りにならないこと」こそが
”子育てというもの”だという基本理念に
立ち返るならば、今回の出来事もまた
そのことを我々に知らしめてくれた
大切な経験となったのだろうと思います。

ちなみにその後ヨメの症状は全く改善せず、
僕もこれまで体に無理を重ねてきた疲れが
一気に出たのか、もう心底ぐったりに。
そんな状況を思うと、今回はむしろきなこが
身をもって止めてくれたんじゃないか?という
気すらしてきます。
今日も引き続き熱が下がらず、
ちょっと元気そうにしていたかと思うと急に
僕らのヒザに突っ伏してぐったりしたりする
そんなきなこの様子を見ていて、何だかとても
切ない気持ちになってしまったのでした。

切ないといえば、1年間きなこに会えるのを
心待ちにしていた広島の義両親、そして
ひいおばあちゃん達。
しょうがないとは言ってくれているけれど、
さぞや残念だったことでしょう。
今日、事前に送っておいた着替えなどの荷物が
送り返されてきましたが、その中には
行った時にプレゼントしてもらえる予定だった
おもちゃや絵本が一緒に入っていました。
本当は直接きなこに手渡ししてもらうのが
一番良かったのでしょうが、もはやそれも
できなくなってしまいましたので、せめて
渡した時のリアクションを動画に撮って
YouTube経由であちらに送ったことで
ちょっとでも埋め合わせになってもらえたら
と思います。

改めて、今回は本当に色んな意味で
良い経験になりました。
せっかくもらったこの3日間の
”何の予定もない”休日は、
家族全員がしっかりと「休息」をとって
また元気になること、に使いたいと思います。

| 日記 | 23:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。