シーホースとナッツ

初めての子育てに奮闘中。新米パパ目線で、思ったことなどを書いていきます。

<< 2014-03- | ARCHIVE-SELECT | 2014-05- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

自分で寝る力

きなこの卒乳から3週間あまり。
遅ればせながらようやく昨晩、
寝かしつけをヨメと交代して担当しました。

ほんとはもっと早く交代できたはずですが、
卒乳直後はまだ気持ちが不安定かも…
ということを勝手に心配していたのと、
とはいえこれまでずっと習慣になっていた
「寝る時はヨメと2人で」という部分が
簡単に崩せるのだろうか?という不安があって
若干二の足を踏んでいたのは事実です。
というのも、実は過去に何度か
交代を試みては拒否されてきたという
苦い経験があったりもしたからでした。

そして昨日は、お風呂上りの時点でまず
「今日はパパと寝ようね」と伝えてみたところ
案の定首を横に振られたので、
過去の修羅場を繰り返す可能性も覚悟して
いたのですが、いざ電気を消す段階になると
意外なほど素直に僕を受け入れてくれました。

それどころか、暗くして2・3言葉を交わすと
もうすぐにきなこ自ら布団に横になり、
こちらは隣にいて手をつないであげただけで
15分もたたずに寝かしつけは終了。
やり方はヨメから聞いて知っていましたが、
これまでは「泣きつかれて眠るまでひたすら
耳元で泣かれながら抱っこし続ける方法」や
「電気を消した状態で遊びつかれて眠るまで
1時間以上寝たフリを続ける方法」くらいしか
手立てがなかったことを思うと、これほどまで
あっさり寝るというのは隔世の感があります。

特に、はっきりと本人自ら「寝よう」という
意思を見せてしかも実行してくれるというのは
ほんの少し前までなかったことなので、
しみじみと成長したなぁと感じてしまいます。
そんな中、今日の昼寝にあたっては
「もう大概眠いのに遊び続けたくて大泣きして
バランスボールの上で立ったまま寝る」という
過去に類を見ない寝方を見せてくれましたが、
この先いつかは「お昼寝しようね」「うん!」
→自ら寝室に行って布団に入って寝る、
というような素晴らしく楽な展開も
夢ではなくなってきたなぁと感じる
今日この頃なのでした。
スポンサーサイト

| 成長記録 | 16:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

「いいとこ取り育児」を担う身として

先日、いつも見ている「MAMApicks」に
こんな記事が出てました。

MAMApicks:「ハレノヒ育児」
 ~子育ての「ハレ」と「ケ」考~


僕も会社勤めをしている以上、
平日の日中ずっと一緒にいるヨメと比較すると
圧倒的にきなことの接触時間は少ないので、
多分僕がやっているのは「ハレの日育児」
ということになるんだろうと思います。

もちろん、年に数回しか会わない実家の両親や
記事に出てくるような月に1度しか会えない
シングルマザーの方の夫さん達に比べれば、
ほぼ毎日お風呂の時間までには家に帰るし
土日もたいてい1日中一緒にいるわけだから、
さほど時間の差は大きくないかもしれない。
それに夫婦で情報を共有して、
きなこと2人きりの日でも平日の生活と
極力違いが出ないようにしているので、
きなこにとって僕といることでの「ハレの日」
の度合は大して強くもないのかもしれません。
だとしても、
間違いなくそこにヨメとの差は存在します。

それは以前にも書いた
きなこが僕らに求めている(ように見える)
それぞれの役割の違いのことでもそうですし、
またヨメからたびたび聞かされている
「僕が帰ってからの方が
 きなこのテンションが高い」
という話からも伺い知ることができます。
それはもちろん、話相手が帰ってきたことで
ヨメ自身が2人きりの時より明るくなるし、
それによって単純に家が賑やかになるから
という要素があるとしても、いずれにせよ
僕がきなこと接している総時間のうち、
「ご機嫌な姿を見ている割合がヨメより高い」
というのは紛れもない事実です。

で、大事なのはまずそうやって自分が
「ハレの日育児」を担当させてもらっている
(”いいとこ取り”をしている)
という自覚を持つのはさることながら、
別にそれが決まり事でも何でもないという
つもりで臨むことかなぁと思っています。
今はたまたま状況がそうさせてはいるけれど、
場合によっては僕が「ケの日」を担う立場で
あってもよいわけだし、実際専業主夫家庭では
お父さんがその立場を果たしているわけだし。
だからいつでも入れ替われるつもりで、
今は「昼間はいなくて、夜遊んでくれる人」
として、きなこの期待に応える役割を
きっちりやって行こうと思っています。

それより何より考えなければならないのは、
そんなきなこにとっての「ケの日」の部分を
一手に受け持ってくれているヨメ自身は、
きなこが生まれて以来ずっと
本人が「ケの日」である、という現実。

子どもを持った多くの女性が経験している
「不自由さ」が一体どれほどのものか
ということを、パートナーである僕らは
しっかり見なきゃいけない。
それは物理的に子どもから離れられない
ということだけでなく、
周囲からの目だったり、
世間が「ママ」というものに持つ
勝手なイメージだったり、
またそこから外れることに対する
得体の知れないプレッシャーだったり。
とにかくそういういろんなものによって
外からも中からも「不自由さ」を
感じさせられるのが、今の(昔から?)日本の
「母親」というものなんじゃないかと、
端から見ていて感じるのです。

対して男はといえば、
月ごとの体の変化からも解放され、
飲める薬・飲めない薬の判断からも解放され、
「女なら言ってもいいだろ」と
相手を見てからベビーカーに向けて吐いてくる
チキンな方々の暴言からも解放され、
「ママは母性があるから耐えられるよね!」
とかいう何の根拠もない激励からも、
「子どもの責任は全て母親にある!」
とかいう全く筋違いな批判からも解放され。
実に自由気ままに子育てに関われる、
そういう立場に男はいるわけです。
「男である」ということで、実は育児に関して
ものすごくいいとこ取りができる状況に
はじめからいるのです。

そのことを自覚し、というより最大限活用し、
例えばそれによって生じる気持ちの余裕を
目の前のパートナーの声に耳を傾けたり
手を差し伸べる為に使うことによって、
少しでもその不自由さの肩代わりができたら。
ほんのわずかでも、「ケの日」つづきで
しんどい妻の気持ちを軽くしてあげたり、
平坦な日々に変化をつけてあげられたら。

つまり「ハレの日」を担うのは
決して子どもに対してというだけでなく、
パートナーに対しても同じだということです。
それが多くの、父親である以前に夫としての
とても大切な役割ではないかと思うのです。

この間ようやく卒乳を果たして
きなこがずっとこだわり続けてきた
「おっぱいを飲んでから寝る」という習慣が
ついに崩れました。
つまりもう夜の寝かしつけをヨメがやる必要も
いよいよなくなったわけです。
これからはぜひ夜の時間帯も視野に、
ヨメ自身の「ハレの日」を作ってもらえるよう
働きかけていきたいと思います。

| 思うこと | 22:29 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

電動鼻吸い器

久しぶりにきなこが風邪を引きました。
今回もまた、鼻風邪です。

とにかくきなこは鼻がウィークポイント
風邪を引く時はほぼ確実に鼻に症状が出ます。
そんな訳でまたタラタラしだしたのですが、
今回はヨメがすぐにある対策を取りました。

それが「電動鼻水吸い器」。
これまでも鼻が出る度に
人力の鼻吸い器は使っていたものの、
管から息を吸って鼻水を吸い込むタイプのため
一緒に風邪をもらってしまうことが頻発。
それでこの冬などは家族全員で
一体何回風邪を引いたかわからないくらいに
なってしまっていました。

そこで対策として電動のものを購入し、
昨日早速使ってみたところ、
その効能か今日はもうすっかり鼻も止まり
いたって元気に。
なおきなこ自身はその吸い込む威力にか
ものすごい拒否反応を示していましたが、
もし本当にそんなにすごい効果があるなら
そのうち自分から鼻を差し出すように
なるかもしれません。

まあその前に、もう少しして
自力でちゃんと鼻が噛めるようになれば
お役御免になるのかもしれませんが、
とりあえず頻発する鼻風邪対策として
当分は活躍してくれそうです。
電動鼻水吸引器 ベビースマイル S-302電動鼻水吸引器 ベビースマイル S-302
()
シースター

商品詳細を見る

| 日記 | 22:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

卒業証書授与

前回の更新からだいぶ間が空きましたが、
この間に「あまロス展」がフィナーレを迎え、
そこに向けて夜更かししながら記念マンガを
描いたりしていたせいか、終わってからは
気が抜けてすっかり体調が悪くなってしまい、
毎年春になるとひどくなる持病のめまいに
悩まされる毎日です。

そんな中、意外に大きな出来事が
我が家では起きていたのですが、実は
きなこがついに卒乳を果たしました。

2月末に2度ほど授乳なしで
寝られたことがあったのですが、
それから1ヶ月後、まさに卒業シーズンの
終わりに合わせるかのように
3月最後の日から本格的にパイなし期間に
突入したのでした。
途中1回だけ、やっぱり名残惜しいのか
ものすごく執着した日があって
その日はたっぷり飲んだのですが、
それで完全に踏ん切りがついたのか
以来もう1週間を超えて授乳はしていません。

終わってしまえば何だかあっさりな感じも
しますが、実際に授乳をし続けたヨメの方は
よっぽど感無量なんではないかと思います。
気持ちだけですが、
卒業証書はヨメにこそ贈りたいと思います。

2年と2ヶ月ちょい。
本当にお疲れ様でした。

| 成長記録 | 23:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

着るものにこだわる

二週間前の帰省以来、やはりというか
きなこの成長が著しいことになっています。
一言で言うと、「言ったことが伝わる感じ」が
すごくするようになってきました。
といってもまだまだ何を言ってるのかは
わからないことの方が多いですが、
聞いて理解する力はだいぶ付いてきたのかな、
と思います。

他にも、歯磨きの時に自分から口を開けたり、
結構な高さの滑り台を自分一人で
登って降りて来られるようになったり、
何だかいろいろ「手がかからなく」なりつつ
あるような気がしています。

そんな中、これはもう少し前からの
傾向なのですが、着る服へのこだわりが
日に日に強くなって来ています。
最初は冬の終わり頃、「着替えを嫌がる」
という形で表れ始めました。
その後どうやら選択肢を与えれば
納得して着てくれることがわかってきて、
毎朝2つの候補を示して自分で好きな方を
選んでもらうようになりました。
するとだんだん本人の好きな服の傾向の
ようなものが見えてきて、
最初の「ハイネックを嫌がる」から始まり
「無地よりも柄の入った方を好む」
「キレイな色のものをより好む」
「とにかくスカート」というように
選ぶものが変化していきました。

今はもうスカートを着せろの一点張りで、
とはいえそんなに枚数もないので
数少ない中でヘビーローテーションしたり
ただのレギンスの上に真夏に着るような
スカートを重ねたりして対応しています。

多分、だいぶ前から我々がスカートを
かわいいかわいいとほめていたことで
気に入ったんじゃないかと想像していますが、
そんなにこだわりが出てきたのであれば
とりあえず次にきなこの服を買いに行く時は
本人に選んでもらってお気に入りのものを
買ってこようかと思います。

| 成長記録 | 22:24 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。