シーホースとナッツ

初めての子育てに奮闘中。新米パパ目線で、思ったことなどを書いていきます。

<< 2014-05- | ARCHIVE-SELECT | 2014-07- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

歯磨き記念日

前回のシールの件は、
大量に作ったフレークシール(シート状の
シールをヨメが手で切り離したもの)と、
それをしまうケース(タブレット状のお菓子が
入っていた小さな缶)、そしてシールを貼る
冊子状のシール帳を活用して、
ようやく「むやみに消費しないサイクル」を
作ることができました。
今は1日数枚を、そのシール帳に貼る程度で
何とかやり過ごせています。

そんな中、長年の懸念だったことが一つ。
もはやいつ頃からだったか覚えていませんが、
それくらいずーっと前から続いている
「歯磨き拒否」問題です。

とにかくきなこは歯磨きが大嫌いで、
イヤイヤ期の高まりとともにどんどんひどく
なってしまっています。
ヨメはまだくすぐって笑わせたりしてるうちに
ササッと済ませたりできるのですが、
特に僕がやろうとすると全力で抵抗しますし
相当本気で怒ってくるのです。
こちらも力ずくで押さえ込んでしまうと
余計に嫌いになりそうで怖かったし、
そこまでやるほど「絶対やらなきゃいけない」
とも思っていないせいもあって、
どうしても上手くできずに
結局苦手意識ばかりが大きくなってしまい、
より焦って失敗するというような
悪循環が続いておりました。

しかし1日のサイクルを考えると
平日の仕事帰りの時間帯、それはそれまで
ずっときなこの面倒を見ていたヨメが
やっと手を離せるというタイミング。
たっぷり開放感を味わってもらいたいのに
僕が上手く歯を磨いてあげられないせいで
ヨメに代わってもらう、ではあまりにも
申し訳ないことになってしまうので、
いろいろと対策を取っては来たのです。

本人の自分でやりたい気持ちを尊重して
歯ブラシを渡して好きにかじらせたり、
あらかじめスケジュールを伝えておいて
気持ちの準備をしてもらうようにしたり、
とにかくノリノリでテンションを上げて
楽しい雰囲気を演出してみたり。
しかしどれも根本的な解決にはならず、
結局嫌がるきなこを無理矢理抑えつけて
案の定そのせいで余計嫌いになるのを
実感しつつやりきるか、もしくは
見かねたヨメに助け舟を出してもらう始末。

何か別の方法が必要だと、今日は
子ども用の歯磨き粉を買ってきました。
もちろん甘い、発泡しないジェルタイプ。
これで釣りつつ、今までのリビングではなく
ちゃんと洗面所に歯ブラシとコップを用意し
台に乗ってもらって…とシチュエーションを
しっかり作ってから誘ってみると、
何とおとなしく自分から口を開くきなこ。

全体をしっかり磨かせてくれた上、
うがいも「もうおしまいにしようね」を
3回は言ったくらい何度もやってくれました。
何で最初からこれを買っておかなかったんだ
と思ってしまうくらいのてきめんさで、
本当にずいぶんぶりに2人とも笑顔で
歯磨きを終えることができたのでした。

それにしても、きなこは歯磨きジェルの
使い方を、言葉で聞いただけで理解し
ちゃんとそのように実行できるということが
今日つくづくわかりました。
イヤイヤの嵐が毎日怒涛のように
過ぎていっていますが、一方でちゃんと
本人も成長もしているんだなぁと
「歯磨き拒否」からついに開放された
喜びとともに感じたのでした。
スポンサーサイト

| 日記 | 23:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

シール熱

きなこのシール狂いが止まりません。

長らくトップの座に君臨していた「ちがう!」
を抑えて、今日は完全に「シール!」が
”きなこの口から1日に最も多く出た言葉”の
圧倒的首位に躍り出ています。
(なお参考記録ですが、2位には
 とは言えまだまだ強い「ちがう!」、3位は
 おやつ部門から「マシュマロ!」です)

もちろん以前からシール自体は大好きで、
それでも少し前までは雑誌の付録や
病院でもらう薬品メーカーの広告入りのもの、
お菓子のおまけなどで賄えていたのが
ここへ来て全く対応できなくなりました。

とにかく事ある毎にシールをよこせと言われ、
渡した端からバンバン貼っていくので
正直いくらあっても足りないのです。
「どっさりシール100まい!」とうたう
講談社の『月刊おかあさんといっしょ』など、
ものの30分でハゲ山と化す有り様です。
それこそここ数日は、きなこが寝静まった後に
部屋の床やテーブルに貼られまくったシールを
いそいそ剥がすのが僕の日課になっています。

何にせよ渡さないと不機嫌が収まらないので、
「強硬な粘着物要求に対する緊急対策本部」
(設置場所:我が家)が設けられた結果、
要求を満たせる「物量」で対抗しようと
100円ショップに走り、学校で使うような
ただの単色カラーの丸いシールが山のように
入っている商品を調達してきました。
しかしそんな単純なものではすぐ飽きるらしく
早々に放置されてもっと楽しいのをよこせと
ますますエスカレートするばかり。
今は多少値は張るものの、冊子状になった
「シールブック」の中からきなこが好きそうな
キャラのものを選んで対応しています。

そんな中、「貼る行為が楽しいのだろう」と
これまでシート状のものばかり選んでいたのが
今日たまたま「フレークシール」を渡して
みたところ、意外な結果になりました。
まだ自力でははがせないこのフレークシール、
好きなキャラだったこともあるのか
しばらくそのまま大事に持っていたのです。
しかも、シート状ではなくバラバラなので
1回の要求に対して1個だけを供出すればよく、
消費サイクルがだいぶゆっくりになりました。

そのうちそんなフレークシールも自力で簡単に
はがして貼れるようになってしまうのが先か、
はたまた本人の中での「シール熱」が
冷めるのが先かはわかりませんが、
もうしばらくこの方向で試行錯誤しながら
緊急対策本部は立ち向かっていく所存です。

| 日記 | 22:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

「パパ」ではなく「家族構成要員その1」

数日前、仕事から帰ってからのことです。
ヨメときなこが目の前で
こんなやり取りをしていました。
「お母ちゃんとお父ちゃん、どっちが好き?」
「おとうちゃん!」

それを聞いて、僕は正直驚きました。
答えの方ではなく、ヨメがした質問の方に。
別にそこは比べるものでも、優劣を付ける
ようなものでもないと思っていたので、
どうしてわざわざそんなことを娘に聞くのか?
という本人の真意が読めずに、
思わずびっくりしてしまったのでした。

ヨメはというと、別にそんな深い意味はなく
ただ何の気なしに聞いただけだったそうで、
僕の反応の方にこそむしろ驚いた様子でした。
実は昼間にも一度同じようなやり取りを
2人でしていたそうなのですが、
改めて何故そんなことを聞こうと思ったのか、
本人の中で振り返って考えたことを
後になって教えてくれました。

曰く、「きなこの目が自分だけに向いている
のではない、ということを確かめたかった」
とのこと。
要するに平日の日中、ずっと2人きりで
過ごしている中で、きなこからの好意を
一身に受けている状態がしんどいと。
だからムスメの口から「パパのことが好き」
という言葉を聞くことで、
その目線が決して自分だけに向いているのでは
ないことを確認して
気持ちを軽くしたいという思いがあった、
ということのようなのでした。

僕はその答えを聞かせてもらった時点で
すっかり合点がいったわけですが、
というのも我が家の場合、というより
僕が普段から最も強く懸念しているのが
この「ヨメの抱える育児ストレス」なのです。
家族3人、他に頼れる所があるわけでもなく
平日昼間は基本母子2人だけの生活の中、
ヨメのストレスをどうやって解消するか
というのは日頃何よりも大きな課題です。

だからせめて土日は極力きなこを引き受け、
2人だけでどこか外へ出かけるにせよ
ヨメだけ外出して我々は家で過ごすにせよ、
とにかくヨメときなこが離れられる時間を
少しでも多く作ることこそ自らの最大の
役目と思って、毎週実践しているわけです。

もっとも実際は一日のうちのたった数時間を
そんな風にしたところで大した効果もなく、
結局それによって解消された分など
あっさり上回るほどのストレスを
きなこはヨメに対してかけてくるわけで、
正直「焼け石に水」と言わんばかりの
自らの無力さに打ちひしがれる日々ですが、
それでもやらないよりはずっといいはずと
信じてとにかく続けています。

そんな状態にいるヨメの、ストレス要因に
なっているものの一つが、
きなこから向けられる「ママが好き」という
思いなのだろうと思います。
好かれることが何でストレスなのかと思われる
かもしれませんが、実際強すぎる愛情は
重く感じられるものでしょうし、
それに応じて強まる責任の重さというものも
また本人にとっては負担なものでしょう。
だからこそその面においても例えば父親が、
子どもからの思いが母親だけに集中しないよう
引き受ける必要があるのだろうと思うのです。

もちろんそれは子どもを甘やかしたり
ご機嫌を取ることで得られるような類の
ものではなく、目指すべきは母親と同レベル。
たとえ母親がいなくてもすぐに交代要員として
立てるくらいの、はたまた子どもにとって
「安全基地」として見てもらえるくらいの、
絶対的信頼感を得られるくらいの存在です。
というより、先日も書きましたが
普段から「いいとこ取り育児」状態で
子どもと接することができる立場にいる以上、
まともにやっていたら「パパのほうが好き」と
言われて当たり前、ぐらいの気持ちで
望む必要があるんじゃないかと思っています。

そのつもりでやって初めて、子どもからも
もちろん母親である自分のパートナーからも
信頼感を得られるものだと思うし、
逆に片手間だったりお手伝い感覚でいれば
それ相応の扱いしかされないわけで、
それでは「妻の育児ストレスを引き受ける」
なんて偉そうなことは到底言えないでしょう。
このブログでいつも言っていることですが、
100%当事者」のつもりで関わってようやく
「親その2」になれるくらいだと思います。


最近つくづく、子育てにおける
その人の役割を決めているのはその人の
「立場」でしかない、ということを感じます。
たまたま父親という立場で関わっているから
そういう役割として子育てをしているだけで、
仮に母親の立場になってそれをやっていたら
今のヨメのようにストレスにまみれて、
それこそ毎日イライラしながら子どもと接して
いたかもしれません。イヤしていたでしょう。

母親は母親で、たまたま「自らの体に
子どもを宿し、産んだ」という立場にいるから
そういう役割を担っているだけであって、
なのに本人の特性とか向き不向きとか関係なく
その役目を果たしていることを考えれば、
父親も「向いてる向いてない」なんてことを
とやかく言う前に、まず自分の立場でやれる
役割くらい全部やっておけと思います。

そこまで行ってようやく対等な立場というか、
晴れて二人揃って順序のない「親その1」に
なれるんじゃないかと思うのです。
それくらい同じ目線に立てたとしたら、
そこで改めて本人達が生まれ持った特性や
「向き不向き」に合わせてそれぞれが担当する
役割を当てはめる作業に進めるんだろうし、
お互いが最もストレスの小さくできる形での
役割分担というものも
出来上がっていくんだろうと思います。

理想論を言っているのは自覚していますが、
個人的な気持ちとしてはやはり家族という
ちいさな共同体の中で、全員が並列に
「家族構成要員その1」になっている状態が
みんなが気持ちよく暮らしていく上では
一番いいんじゃないかと思いますし、
そのつもりでこれからも今の家族の中で
関わっていきたいと思うパパなのでした。

| 思うこと | 23:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

何でもやりたい期

いよいよもって、イヤイヤ期によるダメージが
我々をむしばみ始めています。
というかまあ主に僕の方なんですが、ここの所
仕事でも、極端な気候にもダメージを受けて
すっかりブログを更新する元気すらも
失っておりました。

そんな中最近のきなこは、
拒絶語ラッシュは相変わらずなものの、加えて
何かといえば「○○ちゃんがやる!」と
言うようになってきました。

とにかく我々がやっていることを
まねしてやってみたくて仕方ないようで、
爪を切りたい、米を研ぎたい、卵を割りたい、
猫にエサをあげたい、家の扉の鍵を締めたい、
プランターには水を、ご飯にはふりかけを、
納豆にはカラシを、うどんには唐辛子を…と
何でもかんでもやってみたがります。

当然どれもやったことのないことばかりで
いきなり上手にはできないので、
こちらが手を添えてあげておっかなびっくり
やるわけですが、それこそ爪切りなんかは
練習台として僕の手を差し出しましたので、
いつ指先をザックリ行かれるかと
たいそう肝を冷やす思いをしました。

それでもこうやって好奇心を持って、
あれこれチャレンジしてもらわないと
色々できるようにはなっていかないですから、
当分は骨の折れることばかりですが
時間の許す限りは頑張って付き合ってあげて、
なるべく早く一人でも上手にできるように
なってくれればと願っています。

もっとも良いことも一つだけあって、
どうやらパジャマを自分で着ることに
楽しさを見出したらしく、以前よりは大分早く
パジャマを来てくれるようになりました。
それまでは暑かったこともあって、「裸族」で
どうしようもない時期が続いていましたので
(そのうえ体をボリボリ掻いてしまう)、
自ら「パジャマ着る!」と言ってくれるように
なったことは非常に助かります。

| 成長記録 | 22:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。