シーホースとナッツ

初めての子育てに奮闘中。新米パパ目線で、思ったことなどを書いていきます。

<< 2014-06- | ARCHIVE-SELECT | 2014-08- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

逃げてしまった日

昨日の話です。
まだ腰が完治していないヨメに代わって、
乾いていた前日の洗濯物を片付けてしまおうと
朝の出勤前にいそいそタンスにしまっていた
時のことでした。

ちなみにここ最近、僕が会社に行こうとすると
きなこは大いに怒ります。この日もやはり
「行かないで!」とひっついてくるので、
「まだいるよ~」と適当にごまかしながら
着々と作業を進めておりました。

最後に残ったタオル、収納場所は洗濯機の上。
きなこが絶対届かない棚に置かれたカゴの中。
実はこの場所、相変わらず大好物の
「シール」の隠し場所にもなっていました。
そこへタオルをしまおうとして、うっかり
シールの入った缶を落としてしまったのです。
ついてきていたきなこの目の前で。

当然、色めき立つきなこ。
やむにやまれず、散らばった数枚のシールを
「これ全部あげるよ!」と差し出しました。
しかし彼女が要求したのは、
その何倍もの枚数がたっぷり詰まった缶の方。
そして、これをしまったら着替えて出るだけ
と思っていたので、出勤時刻はもう間近。
その時、僕がとった行動は
様子を見に来たヨメに全てを任せて
「その場を離れる」だったのです。

結局ヨメは機転を利かせて、同じ場所にあった
マスキングテープできなこの注意を引き、
シールのストックはあとで別の容器に移して
置き場所も変えることで
この事件を万事解決してくれました。

はたしてこれは仕方のないことだったのか。
家を出てから、僕は強烈な自責の念にかられ
夜に家に帰ってからヨメに謝罪をしています。
まず単純に、缶を落とすという不注意。
また大事なものが隠してあるにもかかわらず、
きなこの見ている前でその場所をいじる失態。
そしてそもそも「自分でできるからいいよ」と
ヨメから言われていたのも聞かずに
手を出して失敗するという、
「良かれと思って」の典型的な悪いパターン。
避けようと思えば避ける機会は
いくらでもありました。

しかし強い自責の念の正体は
どうやらそれらのどれでもなく、何よりも
「出勤時間を言い訳にその場から逃げ出す」
という、最後に自らがとった行動のことが
自分で許せなかったようなのです。
あれだけ普段から「100%我が事」などと
いうことを主張しておきながら、
また「旭○成ホームズ」のCMの夫達のことを
あれだけバカにしておきながら、
結局お前も逃げようと思えば逃げられる
お気楽な立場なのかと。
知らず知らずに、自分自身で作り上げた
「規範意識」に囚われていたようでした。

これは育児とかあまり関係なく
自分自身の気持ちの問題でしかないので、
「この時こう思った」というただの記録です。
あとで読み返して、どう感じるか楽しみです。
そして今回の失態をあっさり許してくれて、
なおかつ「僕自身の問題」と指摘してくれて、
ブログに吐き出すことも勧めてくれたヨメに
ただただ感謝です。
スポンサーサイト

| 日記 | 23:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

「子どものいる生活」は腰に優しくない

今朝、ヨメがぎっくり腰になりました。
朝食後にお風呂を掃除していた時のこと、
中腰姿勢でギックリいってしまったらしく
人生初の体験だそうです。

運良く土曜日だったので、午前中のうちに
整形外科に行ってもらうべく
タクシーを手配しました。
平常時なら徒歩10分で行ける距離ですが
本人がとても歩ける状態ではなかったので。

しかしながら、
今日も朝からイヤイヤ全開だったきなこが
予定していなかったヨメの一人外出を許さず、
結局急遽3人でタクシーに乗ることに。
一転してめったに乗れないタクシー&
初めて行く病院&薬局に大層ご機嫌のきなこと
ヨメの「付き添い」をして帰ってきました。

そして今日一日、ヨメの体を気遣いながら
普段2人で分担している作業も引き受けつつ
過ごしてみて感じたのですが、
子どものいる生活というのは思った以上に
腰に優しくないですね。
もちろん子ども自身(現在約13kg)を
抱き上げたりすることもそうだし、
子どもに靴下を履かせるのも
子どもが床に散らかしたおもちゃを拾うのも
とにかくあらゆる物が下の方にあるので、
どうしたってかがむ姿勢が多くなるのです。
ウチの母親(同じくギックリ経験者)からも、
「子どもがいたらしょうがないよね~」という
メッセージをもらったし、子育て中というのは
とかく「やってしまう」リスクが高いのだなぁ
と思いました。

まずは少しでも早い回復を祈るとともに、
今度は自分までもがピキッと行ってしまって
2人とも動けない、みたいな
目も当てられない事態にならぬよう、
腰をいたわりながら生活したいと思います。

それにしても今回、リビングで遊んでいながら
かすかに聞こえたヨメの奇声にいち早く気づき
(僕は外から何か聞こえたくらいに思ってた)
一人素早く様子を見に行き、戻ってくるなり
「ママが困ってる!」と教えてくれるという、
災害救助犬ばりの活躍をしてくれたきなこには
心から感謝状を贈りたい気持ちです。
ありがとう。朝はベランダのプランターの土に
顔を突っ込もうとしてたのを無理矢理止めて
泣かしてしまってごめんなさい。

| 日記 | 23:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

時制の概念

少し前に、きなこにはまだ「所有する」という
感覚がないらしい、という話を書きましたが、
今やすっかり「オマエのものはオレのもの」に
なりつつあります。
今日も「全部私のもの!誰にも渡さないよ!」
と、どこで覚えたのかずいぶん達者な表現で
お風呂のおもちゃについての所有権を
主張していました。
おそらく出どころは、最近いつも見ている
「ディズニーJr」というCSのチャンネルの
『ジェイクとネバーランドの海賊たち』とか
その辺りでしょう。(とても面白い番組です)

そして最近は、僕が出勤する時は毎朝のように
「ダメ!待って!行かないで!ストップ!」と
ひたすら出かけることに不満を訴えてくるし
本気で泣いてしまうこともあったりするので、
常にヨメにはそんな幼児を残していくことを
申し訳なく思いながら家を出る毎日ですが、
その分仕事が終わって帰ってくると
きなこもたいそうご機嫌で、高いテンションで
今日あった出来事を話してくれたりします。

といってもまだまだ言葉も明瞭ではないし
正直言ってることの8割がた聞き取れてない、
というこなどもよくある話なのですが、
少なくとも「過去の話をしているらしい」
というのはわかります。
つまり、「過去の体験を過去のものとして
振り返って人に話す」ということについては
どうやら出来ているように見受けられます。

以前何かの本でだったか、
「過去や未来という概念を認識するのは
ある程度脳が発達してから」というような話を
読んだ記憶がぼんやりとあったので、
そういう概念を理解できるくらいには成長した
ということなのかな?と捉えていますが、
でもその前に「未来」の概念に関しては
「明日は公園に行こうね」というような
「予定」に関する話を、もうずいぶん前には
理解できていたような気もするので、
何かで読んだという自分の記憶自体が
相当あやしいです。

とりあえず今日も、明日からは3連休で
ずっと家にいるよということを話したら
ずいぶん喜んでくれて、明日は2人で
お散歩に行こうねという約束をしました。
果たしてその「未来に予定されていること」を
どこまで理解しているのかはあまりよく
わかりませんが、とにかく明日は玄関先で
出ていかないように腕を引っ張られる、
ということはなくて済むのでよかったです。

| 成長記録 | 22:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

黄色のベンザ

「いつか使うだろう」と買ったおまる
たちまちきなこのおもちゃと化してから、
はや一年近く。
改めて今日、我が家に「補助便座」と
「踏み台」がやってきました。
もちろん、これから始まることになるであろう
「トイレトレーニング」の為の準備です。

きっかけは数週間前のこと。
最近おしっこでもウンチでも、出たよと
教えてくれることが多くなってきたきなこが、
初めて「ウンチ出るー」と事前に
申告してくれたことがあったのでした。
その日は試しにトイレに連れて行っては
みたものの、本人も急に便器に座らされて
何をどうしていいのかわからなかったらしく
結局うまくはいかなかったのですが、
この感じならそろそろ本格的に
トイレで用が足せるようになるための練習を
始めてもいいのではないか、
という話になったのでした。

そうして今日届いた補助便座とステップ、
設置して見せてみるとさっそく座りたい!と
こちらが想定していた通りの体勢に。
普段からしょっちゅう我々のトイレ風景を
ドアの隙間から覗いていたおかげなのか、
何の迷いもなくそのポーズになるところまでは
行ってくれました。
もっとも今日はズボンも履いたままだったし
あくまで「ポーズをとってみる」が
できただけで十分目的は果たしたので、
その後すっかりはまったトイレットペーパー
出しまくり遊びについても、まあよくある話と
好きなだけ付き合ってあげました。

これから、どういう手順で取り組んでいくのか
正直あまりわかっていませんが、
少なくともきなこにとってトイレという空間は
「嫌な場所ではない」どころか「楽しい場所」
と認識してもらっていたようなので、
スタート段階としては悪くないかなと
思っている次第です。


↑黄色で揃えてみました。
左端に見切れているのは結局一度も
使わないことになりそうな、おまる。

| 日記 | 22:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

イヤイヤ セカンドステージ

いよいよきなこのイヤイヤ期も、
後半戦に入ってきたのでしょうか。

とにかく情緒が不安定で、それまで普通に
ご機嫌だったのが急に泣き出したりします。
先日も、マイクのおもちゃで楽しく遊んでいて
そのまましゃぶり始めてしまったのを
ヨメが軽く指摘しただけなのに、そこから
延々号泣でした。もうただ泣きたかったから、
としか理由が思い当たりません。

欲望ももはやとどまるところを知らず、
好き嫌いも実にはっきりしているので
ご飯も好きなもの以外は一切口を付けません。
そのくせおやつは全力で要求してきますし、
今のきなこの3大好物である「マシュマロ」、
「サクサク」(←コーンフレークのこと)、
「シール」(←?)に至っては
もうあげてもあげても欲しがるというか、
逆にあげないと即ギレ状態です。
絶叫はもちろんのこと、テーブルを両手で
バンバン叩いて脅迫してきます。

しかも要求してくる言葉も、本来なら
「○○が欲しい」とか「○○ちょうだい」とか
「○○持ってきて」とかの言い回しは
本人も絶対知っているはずなのに、ここ最近は
どういうわけかただただ単語の連呼です。
1日に100回も「シール!シール!」を言われ
続けると、流石に気が変になってきますね。

それでもヨメは慣れたもので、都度うまく
別の好きなもの(TV番組とか)を使って
気を逸らしたりできるのですが、
僕は先週おやつにあげたマシュマロで、
「これで最後だよ」と言った後になっても
ずーっと欲しがるきなこにもうどうしていいか
わからず、いつまでも同じ説明を続けていたら
結局泣かれてしまいました。
もちろんその後も延々号泣です。

とにかく目に付いたものは何でも触って
みたがるし、我々のやっていることは何でも
真似してみたがるし、
もちろんそれによって本人ができることも
どんどん増えていってはいるのですが、
まあ正直言って「大変手を焼く」日々です。
いつか終わるとは思っていても、とはいえ
あと半年で「卒業!」とばかりに
突然聞き分けよくなる訳でもないでしょうし、
もうこのままずっと手を焼かされる覚悟で
やっていった方がいいんでしょうね。

そんな中、今日ヨメに
「最近記念日的なものがあんまりないね」
と言われました。
考えてみたら昔は「立った!」「歩いた!」
というように、できるようになったことを
いちいち喜んでいたものでしたが、
だんだんできるようになることが増えすぎて
1つ1つに対する反応が薄くなってきたように
思います。それはもうしょうがないとしても、
これからは前回の歯磨き記念日のような
「自分達自身が嬉しかった」という気持ちを
なるべく大切に、このブログでも記録して
いけたらと思います。

ちなみに今日のお風呂上がり。らくがき帳に
いろんな絵を描かされていた中で、
きなこ本人を描くようにオーダーされたので
その時の姿(オムツ一丁)のままを描いたら、
突然いそいそとパジャマを着始めました。
その上で改めて、自分を描いてくれと。
どうやらちゃんと服を着た姿で
描かれていないとイヤだったようです。
最近なかなか服を着てくれなくて
これまた手を焼いていたので、
ちょっと使えそうなワザを見つけました。

| 成長記録 | 23:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。