シーホースとナッツ

初めての子育てに奮闘中。新米パパ目線で、思ったことなどを書いていきます。

<< 2014-08- | ARCHIVE-SELECT | 2014-10- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

気持ちを言葉にする

半年ぶりくらいにきなこが風邪を引きました。
夏の間は奇跡的にずっと元気でしたが、
ちょっと空気が乾燥してきたらたちまちです。

数日前からどうもくしゃみが沢山出るなぁと
思っていた月曜の夜、寝た後しばらくして
寝室から唸り声と「ダメ!ダメ!」という声。
もう相当体がしんどくなっていたのでしょう、
そこからは久しぶりにたっぷり3~40分かけて
ワッとなったりおさまったりを繰り返しながら
泣き続けました。

翌朝はもう起きた時から鼻がズルズルで
熱のわりには元気だったものの、ハイライトは
電動鼻吸い器を使った時(やっぱり超泣いた)
と、この日も昼寝の時。前の夜と同じように
寝てしばらくしてからの大泣きでした。
今回つくづく思ったのですが、やっぱり
こういう時に指名を受けるのはヨメですね。
夜、一瞬だけ僕が交代した時のきなこは
まさに鬼神のごとき猛烈な怒りっぷりでした。
安心が欲しい時の母親、遊びたい時の父親、
きなこにとってここの使い分けは
まだまだ健在のようです。

ところで3度目の大泣きの時、ヨメが膝元で
涙と鼻水とよだれまみれになってるきなこを
何とかなだめようと「お茶飲みたい?」とか
「おやつにしよっか!」と声をかけていて、
まあ僕だってその立場だったら同じことを
してたに違いないのですが、その時はふと
まず「気持ちを言葉にしてあげたらどうか?」
ということを考えたのでした。

とにかく本人は「風邪の症状がしんどい」で
泣いているわけだから、多少当てずっぽうでも
「鼻が苦しいんだよね」
「体が痛くて嫌なんだよね」
「つらくて泣きたいんだね」という感じで、
本人の気持ちを代弁してみるつもりで
声をかけてみました。

果たしてそれがどれだけ当たっていたのか
一応呼びかけにはうなずいてくれて、
その後程なくして泣き止んだものの
たまたま本人の気持ちが落ち着く
タイミングだっただけかも…と思いつつ、
ただ少なくとも自分の中で「こういうことは
あまり意識してやってこなかったな」という
発見があったのでした。

実はこの「気持ちを言葉に」のフレーズは、
大好きなドラマ『TEAM』に出てくる一節です。
うろ覚えですが
「子どもは表現力が未熟なんです。
 彼らの声に耳を傾けて、
 気持ちを言葉にしてあげてください。」
というようなことを主人公が言うのです。

そして実際に自分が子どもの頃にも、
学校で風邪がひどくなり保健室に言った時に
先生に症状を聞かれても言葉を知らないから
どう伝えていいか分からなくて
「具合悪いんです」しか言えなかった、
という経験をしたことがありました。
それは症状だからまだ具体的だけど、
「気持ち」みたいなぼんやりしたものなら
ますます子どもには言葉で表現しにくいもの
なのかもしれません。

これまでイヤイヤのきなこと向き合う時、
まず彼女が「何を望んでいるか」をなんとか
引出そうとしたり、とにかく話を聞いたり、
「イヤ!」という気持ちに共感することは
意識してやってきたけど、それに加えて
「代わりに言葉にしてあげる」というのも
もっと意識的にやっていこうと思いました。
外れてもいいから「こういう表現があるよ」
ということを教えてあげるつもりで、
どんどん言ってあげられたらいいなと
思います。
スポンサーサイト

| 日記 | 23:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ヘルメット問題とシャンプー問題

ここ10日ほど、きなこに関して同時に2つの
似たような問題を抱えています。

一つは「ヘルメット問題」。
今に限らず、土曜の午前中といえば
たいていきなこを自転車に乗せてどこかに
連れて行くのが定番になっているのですが、
その際にかぶらせるヘルメットのアゴ紐を
ある時きなこの首の肉を挟んで留めて
しまったことがあったらしく、以来怖がって
ヘルメットをかぶってくれなくなって
しまいました。

成長に伴ってアゴ紐が短くなっていたのに
気づかずそのまま使っていたことも、
きちんと挟まらないようなケアをしないで
留めてしまったのも完全に僕のせいですが、
「紐を長くしたからもう大丈夫だよ~」
「留める所に布をあてたから挟まらないよ~」
「じゃあもうアゴ紐は留めなくていいから、
 頭に乗せるだけ乗せてみようか~」
と、いろいろ対処しようと言って聞かせようと
一切聞く耳を持ちません。

結局せめてお腹に抱える形で持ってもらって
出かけることがここ2回ほど続いています。
ヘルメットは努力義務とはいえ気が引けるし、
やっぱり何かあった時のことを考えると
できればかぶっていて欲しいのですが、
ここまで拒否されるとどうにもなりません。

そしてもう一つが「シャンプー問題」。
これも同じ頃、最近きなこがハマっている
「シャンプーの泡でせっけんの膜を作る」を
いつまでたってもやめようとしないので、
「もう終わり~!」と半ば強制的に流したら
抵抗したきなこの鼻にお湯が入ってしまい、
大泣きさせてしまったことがありました。

しかもその次のシャンプーの時、
前回の経験からお湯をかぶるのを渋るきなこに
「じゃあ下を向いて、鼻をつまんでみようか」
とにわか仕込みの方法をアドバイスしたら、
慣れないことをしたせいで却ってうまく行かず
まさかの2連続で鼻にお湯が入る最悪の事態。

この問題もその後、新しいおもちゃで誘ったり
これまで一切使う必要がなかった
シャンプーハットも新しく調達して、
これを使えば顔が濡れないことを懇切丁寧に
(僕自身が実演しながら)説明してみたり、
キャラもののシャンプーに替えてみたり
あれこれ手を尽くしたものの効果はなく、
結局今日まで基本はシャンプーを使わず
洗髪はお湯を含ませたタオルを使って
流すだけで済ます状態が続いています。

この件も完全に僕の過失ですし、
少し前にあったお風呂完全拒否よりは
まだお風呂には素直に行ってくれるぶんだけ
(たまに20分くらいかかる時もあるけど)
ましではあるのですが、
先日さすがに匂いが気になったので
ちょっと強硬的にやってみたら、泣きながら
今やすっかり達者になった喋り方で
「やめて!お願い!鼻が痛くなっちゃうよ!」
と訴えられてしまい、為すすべを失いました。

期せずして二つとも、きなこの「恐怖心」と
向き合うことになった事例。
今のところ解決策は見いだせていませんが、
きっと本人もつらいと思うので
何とか気持ちに寄り添いながら、気長に怖さを
解きほぐしてあげられればと思っています。

| 日記 | 22:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

幼稚園見学

ここの所、若干聞き分けの良くなっていた
きなこですが、昨日今日はまたちょっと
元に戻ってしまった感じです。
今日は、お風呂に入るまでは良かったものの
最後の上がる段になって徹底拒否が始まり、
結局そこから15分ほど粘られたあげく
ヨメの助け舟(新しいおもちゃ)によって
やっと出る、という一幕がありました。
まだまだ3歩進んで2歩戻る状態です。

そんなヨメときなこは今週、初めての
幼稚園見学に行ってきました。
もう来年の4月には幼稚園(3年制)に
行く時期になるので、そろそろ活動開始です。
本来はもっと早くから始めておくべきだとは
思いつつ、2人とも何だか気が重いというか、
調べれば調べるほどイヤになる事が続いて
結局ギリギリになってしまいました。

そもそも「幼稚園」というものの考え方自体が
個人的にあまり合わないのかもしれませんが、
「教育機関」っていうその「教育」の部分の
考え方が狭すぎて、正直どこの園を見ても
大体どこも同じように見えてしまいます。
大体どこも同じように「ウマが合わなそう」。
私立なんて好きなだけ個性を出していけば
いいのにと思うのですが、そいういうものでも
ないのでしょうか。

そんなわけで、あまりの選択肢のなさに
がっかりしつつ、とはいえ今の我々の
置かれた状況では他に選択の余地もないし、
ヨメのことを考えると1日も早くどこかに
通ってもらわないことにはしょうがないし。
だったらということで、「近くの園」に絞って
入園に向けて動くことにしたのでした。

さて、当の幼稚園見学。残念ながら平日につき
あとでヨメから話だけ聞きましたが、
本当に「見るだけ」だったそうです。
詳しい話は別途説明会で聞けると思われます。
きなこは園庭に繰り出したがったり
帰るのを嫌がったりと、案の定それなりに
大変だったようですが、ある意味いつも通りに
のびのびと楽しんできたようで、
実際通園することになったら彼女なりに
幼稚園ライフを堪能するのでしょう。

もう1ヶ所、同じく近くの別の園でも
見学を受け付けているので、また2人で
心折れることなく行ってきてもらえればと
思っています。

| 日記 | 23:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

「クイズしよう!」

前回のヨメによる「オムツ絵」作戦、
一旦は効果を失いましたが、その後は
自から進んで履いてくれる日もあり
逆に絵が描いてないと怒る日までありと、
まだまだ気まぐれさを読み切れない状況です。

ただ、その次に控えるパジャマの方も
日によってはそれまで断固拒否だったのが
突然「着る」と言い出して自らサッと
着てくれたりすることもあって、何だか
これまでのような「拒否一辺倒」からは
少し変わってきたような気がします。

イヤイヤ自体も、もちろん怒る時は
激しく怒るのですが、ちゃんとこちらが
話を聞いてあげて、気持ちを共感してあげて
本人が納得さえすれば、意外にその後は
素直だったりすることも出てきました。
感覚としては「聞き分けがよくなってきた」
ような感じです。以前に比べれば、ですが。
ただ気候が良くなってきたせいだけなのかも
しれませんが、イヤイヤ期もいよいよ
終わりが見えてきたかと期待は高まります。
とにかくこの先少しずつでも、きなこの情緒が
落ち着いていけばいいなと思います。

さて、そんなきなこの最近のお気に入りは
「パズル」と「クイズ」。
パズルはいわゆる「ピクチュアパズル」という
台紙の付いたジグソーパズルのようなもので、
100円ショップで4つセットで買ってきたものを
作っては壊し作っては壊しして遊んでいます。
4種類はだんだんピースの数が増えていくので
最初こそ一番難しい20ピースには手間取って
いましたが、今やすっかりコツも覚えて
すんなり作れるようになりました。

そしてもう一つハマっているのが、
「クイズしよう!」。
こちらがお題を出してきなこが答える形式で、
「鼻の長い動物は?」
「チューチュ鳴く動物は?」
「空にもくもくしているのは?」程度の
簡単な問題です。
ただこれが、お風呂の後の30分位ずっと
質問を出させられるので中々ハードです。
何しろきなこでも答えられるような言い方で
問題を考えないといけないので、
こちらの脳はもうフル回転なのです。
本人は毎日同じ問題でも一向に構わないような
様子なのですが、ついついこちらとしても
今までと違う問題を出そうとしてしまうので
相当頭を使います。

今日はさらに、そのものの色まで答える
「何色っぽい?」まで追加されました。
「首の長い動物は?」
「キリン!」
「じゃあキリンさんは何色っぽい?」
「黄色っぽい!」といった感じ。
これによって、明確な色が決まっていないと
問題にしづらくなってしまったので
余計制限が厳しくなってしまいました。
そんな時に限って突然向こうから
「動物クイズー!」と、お題の指定まで
してきたりするのでなお気が抜けません。

これから先、どんどんあちらの知能レベルが
上がっていくと、それに対応するこちらも
相当脳が鍛えられることになりそうです。

| 成長記録 | 22:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。