シーホースとナッツ

初めての子育てに奮闘中。新米パパ目線で、思ったことなどを書いていきます。

<< 2014-09- | ARCHIVE-SELECT | 2014-11- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ムーミン公園


今日は絶好の行楽日和にも恵まれる中、
「ムーミンの世界観を再現した」と
よく話題になる「あけぼの子どもの森公園」に
行ってきました。

自宅から電車で1時間程の距離ですが、
普段まず見ることのない「大自然」の中の
広大な公園とあって、きなこは終始大興奮。
お昼ご飯もろくに食べずにずーっと
動き回って(走り回って)いました。

公園内は起伏の激しい地形な上
斜面の下には川が流れていたり、
柵も何もない状態で崖になっていたり、
ムーミンらしい建物の中はアスレチック並みに
立体的な作りになっていたりと、
面倒を見るこちらは一瞬も目を話せない
常時ヒヤヒヤ状態で、すぐ駆け出すきなこを
追いかけるだけで何度も全力疾走するハメに
なりましたが、喜んでもらえてよかったです。

本当に、家の周辺では中々やらないような遊び
(土を掴んで投げたり川に手を突っ込んだり、
 自生するキノコを発見したり。)
ができたのはとてもいい経験になったんでは
ないかと思います。あとは我々2人が、
明日筋肉痛にならないことを祈るばかりです。
(明日ならまだしも明後日とか…)

最寄りの西武線元加治駅からかなり歩きますが
途中の景色も中々魅力的。写真は入間川↓
スポンサーサイト

| 日記 | 22:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ご指名

ここへ来てまた、きなこのイヤイヤっぷりが
戻ってきているような気がしています。
特に、一時預かりに行ったり
幼稚園の説明会に行ったりして
外部との接触が増えると、その分
ちょっと賢くなって帰ってくるのですが、
同時に相応のストレスも受けているのか
我々に対する当たりがキツくなります。

イヤイヤ期に終わりが見えた気がしたのも
幻だったのではないかと思われるくらい、
というよりこのままずっと続くのではと
思われるくらい、今は再び手を焼く日々です。

さて、わが家は笑い飯方式
基本的なことは夫婦どちらもできるように
しておいて、家事も育児も状況に応じて
交代したりしながら分担しているのですが、
きなこのことに関しては最近それがあまり
通用しなくなりつつあります。
というのも、当人から決まって「ご指名」が
入ってしまうせいです。

たとえば朝のオムツ替えと着替えの時には
必ずと言っていいほど僕にお声がかかり、
逆に寝かしつけに関してはどんなに言っても
「ママと寝る!」と代わってもらえません。
平日寝坊した朝など、できればヨメと交代して
急ぎ準備をしたい時でも、ご指名によって
お呼びがかかってしまうので、
早いところどっちがやってもいいことに
ならないかぁと思っています。

昨日は昨日で、この所風邪気味だったきなこが
鼻詰まりのせいで寝た後に泣いて起きてしまい
結局1時間以上夜泣きに付き合うという事が
あったのですが、
二人がかりであれこれ手を尽くした末
たまたま僕の抱っこで泣き止んでくれて、
その間にヨメがパジャマに着替えるために
部屋を出た時のことでした。
やっと落ち着いたきなこが「寝よっか!」
というので一緒に横になろうとしたら、
再び猛烈に怒って泣き出したのです。

急ぎ戻ってきたヨメと、再び手を尽くして
大泣きの彼女から聞き出したことによると、
普段寝る時の段取り( 僕は寝室を出ていって
ヨメと2人手をつなぎながら暗くして寝る)
の流れに合っていないから、というのが理由の
怒りの大泣きだったようです。

結局その後、夜中の1時にきなこが寝入るまで
寝室の外で待つという、普段なかなか
できない経験をすることになりました。

早く彼女の「ご指名制」がゆるくなって
くれるのを、今はただ祈るばかりです。

| 日記 | 23:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

二人だけで話す時間

今日は、前回から約3ヶ月ぶりの一時預かり。
もうきなこもすっかり勝手がわかっているのか
「預かられる」ことにも慣れた様子で、
前の晩に今日の予定を伝えてから
朝預ける時も、夕方迎えにくるまでの間も
何一つ滞ることなくスムーズに事が運び、
本人も心ゆくまで半日を楽しんだようでした。
また今回は同じく預かりで来ていた子達とも
仲良く遊べたらしく、やはり我々だけでなく
きなこ自身のためにも定期的に預けることは
大切なことであると感じました。

ちなみに今回、預けた後の我々の行動は
特にこれといって決めておらず、
結婚5周年のお祝いに美味しいお昼を食べて
あとは家でのんびりしようかなどと
話していたのですが、急遽情報が入ってきた
スウェーデン大使館でのキッズブランドの
イベント
に行くことになりました。
スウェーデンの子ども向けブランドというと
「ベビービョルン」がとても有名ですが、
実際に我が家でお世話になっているのは
食事用のプラ製のスタイが1つくらいで、
(むしろリッチェルさんにお世話になってる)
特にそこに行って何の購入を検討する訳でも
ないのですが、ただ普段ならまず用事のない
ましてや子どもがいたらおおよそ足を運ばない
「六本木一丁目」という街に、せっかくの
機会だし行ってみたくなったのでした。

結局そこではパンフレットをいくらかもらって
無料の飲み物と美味しいクッキーを食べて
帰ってきただけでしたが、その後は近くの
ちょっとオシャレなお店でお昼を食べ、
さらに思いつきで、帰る途中の駅で
フラッと途中下車してコーヒーを飲み、
家に帰る直前にも思いつきで、最近ドラマで
話題のお酒を買い(飲めないのに)、という
「完全に子どもがいたらやらないだろう」
な自由な動き方をして帰ってきたのでした。

大人2人だけなら難なくできる行動が
子どもがいるだけではるかに大変だし、
ベビーカーがあるとないとでは
縦移動の労力(地下から地上までとか、
ちょっとした段差や坂も)が全然違うし、
何より気持ちのハードルがまるで違う。
3人で出掛けてたらこんなふうに気ままに
「思いつきで動く」なんて絶対しない。
今更ながらにそのことを実感しました。

それ以上に、今回あちこち移動したことで
その都度2人でとりとめなく、ダラダラと
いろんな話をできたことが収穫でした。
ここの所やらなきゃいけない用事が
毎週のように詰まっていて、ゆっくり話を
する機会もとれずにいたので、今日改めて
たっぷりとそういう時間が取れたことに
ものすごく充実感がありました。

また次の一時預かりの時も、
あまり何かをやろうと決め込まず
ただ「2人きりで話す時間をもらう」
というようなつもりで過ごしてもいいな、
と思った結婚6年目の一日でした。

| 日記 | 23:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

幼稚園をはしご

今日は幼稚園に2箇所続けて行ってきました。

1つめは家から一番近い幼稚園、実はここが
今度入園を申し込むつもりの園なのですが、
今日は運動会が行われる日でした。
「未就園児」向けの競技もあるということで
見学も兼ねて皆で見に行ってみたのでした。

きなこは今日の予定を聞かせた日から
もうすっかり盛り上がってしまって、
朝から「運動会!幼稚園!」と喜び勇んで
向かったのですが、どうやら
「幼稚園に行く=そこの遊具で遊べる」と
思っていたらしく、今日は運動会のため
全てにシートが掛けられているのを知ると
あからさまに不機嫌になってしまいました。

それでも見学の親御さん達でごった返す中を、
園舎の行ける所まで探検しに連れて行ったり
同じく親御さんで全く見えないグラウンドを
肩車で見せてあげたりご機嫌を取りながら、
無事未就園児向けの「かけっこ」(とっても
ほんの10mほどを親と一緒に走るだけ)に
出場を果たして帰ってきたのでした。

きなこも園児たちが玉入れをする様を見ては
「ボールで遊びたい!」と言ったり、
順番待ちの間も「早く中に行きたい!」と
全力で参加する意欲を見せてはいましたが、
正直あと半年後にあんなふうに集団行動が
できるとはとても思えない傍若無人ぶりで、
もし入園できたとしたら先生方に
「苦労かけます…」と声をかけたい思いです。

さらにその後別のもう一園、そちらでは
「入園説明会」が開かれていたので、
運動会後のその足で向かいました(一人で)。
実はこちらは事前にヨメが見学に行った結果
もう申し込みしないことに決めていた園で、
なので完全に興味本位で話を聞きにいった
だけになってしまいました。

そういう立場なので周りの真剣に検討しに
きている親御さん達に申し訳なくもあり
黙って内容だけ聞いて帰ってきましたが、
まあ実際「自分達とは馬が合いそうにないな」
ということを改めて実感しただけでした。
上と同じ理由であまり悪くも書けませんが、
その園はお受験に興味があるような人が
行かせるような園だそうなので、
「まあ頑張ってください」としか…。

子どもにより多くのスキルを身に着けさせ
ようとするならば、果たしてそれが本当に
「子どもの為」なのか、それとも
「自分の為」なのか。その点を自分自身と
しっかり向き合って考えなきゃいけないし、
それができないうちは、まだ自らの意思で
物事を決定できない子どもに
何かを背負わせるのはあまりに危険だし
酷な話だと僕は考えます。

| 日記 | 23:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。