シーホースとナッツ

初めての子育てに奮闘中。新米パパ目線で、思ったことなどを書いていきます。

<< 2014-10- | ARCHIVE-SELECT | 2014-12- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

バランスを取るということ

この度、人生何度目かの、ちょっと大きな
節目を迎えました。いいタイミングなので、
以前からちょっと考えていたことを
ダラダラと書き連ねてみようと思います。

実はこれまで丸5年勤めてきた会社を辞め、
フリーランスになることになりました。
といっても「独立開業」みたいなかっこいい話
ではなく、「5年雇い止め制度」のせいで
元々非正規雇用だった契約が終了したのです。

会社からはありがたいことに、正社員という
選択肢も提示していただきましたが、
そこには総合職としての道しかない為、今の
・子育て最優先
・自分の裁量で早く帰れること最優先
の状況を考え夫婦でよく話し合った結果、
業務内容はこれまで変わらない状態で
フリーにならせてもらうことを選択しました。

未来を考えると不安で死にそうになるので
いま目の前のやれることをやるだけですが、
「日本で子育てするなんてぜいたく」などと
おかしなことを言われないためにも、
たとえ定職に就いていなくても、
シングルインカム・シングルポケットでも、
親兄弟が近くに住んでいなくても、
地縁が何ひとつない土地に暮らしていても、
周りに友達がろくにいなくても、
子育てはできるんだ!ということを
身をもって証明していきたいと思います。
うそです。
別にそんな立派な志は持っていませんが、
少なくとも家族が行き倒れにならないように
精一杯頑張っていこうと思います。

ただ、実はこの「頑張る」ということに関して
少し前から引っかかっていることがあって、
それは「こういう日本人の”自己犠牲精神”が
社会が良くなることを妨げているのでは?」
という考えのことです。

例えばスポーツ選手が、またはアイドル歌手が
自らの身を削ってまで期待に応えようとする。
またそういう行為を、美談としてもてはやす
ような風潮が日本にはあるように見えます。
「個人の頑張りに押し付ける」の話で言えば
子育てにおける母親なんていうものは、まさに
この図式によって長年苦しんできている訳で、
その考え方を改めなければ日本の社会は
ちっとも良くなっていかないのではないか?
という思いも実は持っていたりします。

本当は、つらいのならつらいと言える社会。
誰か一人に負担が偏るのではなく、
全員が手を差し伸べあってやっていく社会を
少なくとも「目指そう」としていくことが
望ましいあり方だと個人的に思っているので、
ここで自分がただ「仕事も家事も育児も
精一杯頑張ります!」と言ってしまうことは
誰かの首を絞めていないか?という問題です。

それはたとえば目の前のヨメだったりするの
ですが、要は「自分が背負い込んで頑張ると
却ってヨメを息苦しくさせないだろうか?」
というようなことを、実はずいぶん長く
頭の片隅で悩み続けてきたのでした。

で、現時点で何となく出ている答えは、
「本人に余力があるならいいんじゃん?」
ということです。
上の「手を差し伸べあって」という社会も、
誰も彼もが同じだけ手を伸ばせと言って
いるわけではなく、その人その人の持てる力や
その時々の状況に応じて「伸ばせる分だけ
伸ばしてね」ということだと思うので、
逆に「今は余裕がないから助けてもらう」も
もちろんアリなわけです。

それで考えると、今の自分自身の状況は
体はいたって健康だし、お母さんが負いがちな
プレッシャーや強迫観念からは自由だし、
男としての規範意識なんて元々感じてないし、
言ってみれば「余裕ありあり」な状態です。
実際にはここ数ヶ月、仕事のピークの時期と
相変わらずイヤイヤMAXのムスメの入園準備、
そして開業に伴なういろんな準備とが重なって
正直倒れんばかりに弱ってはいましたが、
それが落ち着いた上で冷静に状況を考えれば
全然まだまだ動ける立場です。

以前も書いた通り、自己評価が低い人間なので
自分がそういう日本人的自己犠牲精神に
寄って行きがちであることは否定しません。
だからこそ必要なのは、常に自分自身を
チェックする目を持つことではないのかな、
と思っています。
体力面ならあとどれくらい余力があるのか、
精神面では本当にそれは自分が納得して
取り組めていることなのか。
そこに隠れたストレスや我慢はないのか。
そういうことを常に自分でチェックして、
それでバランスが保てると判断できるなら
その時はGOすればいいのだと思います。

先ほどのスポーツ選手などの例も同じで、
本人がきちんと自分と向き合った上で
誰かや何かにやらされているわけでもなく、
納得の上でやりたいと判断していることまで
他人がどうこう言うことではないと思います。
もし冷静な判断ができない状態であれば
その時は第三者の目が必要でしょうが、
本来は自身の自由意志が尊重されるべきです。

しかし、日本において何より問題なのは
「それを他人に押し付けない」という大前提が
あまり徹底されていないことなのではないか、
と思います。
本人がやりたいのならやればいい。
でもそれを見て「お前もやれ」となるのは
おかしい。
できる人もいればできない人もいるのが
当たり前のことで、だから個人の頑張りに
任せたのではバラつきが出るのも当然で、
そこを社会としてちゃんとバランスを取るべく
受け皿を用意しなければいけない。
そういう取り組みを疎かにしすぎてきたのが
今の日本のように感じます。

基本的に、どちらかに偏っているというのは
あまり良い状態ではないのかもしれません。
利他的であることも利己的であることも
それぞれ良い面と悪い面があるわけだけれど、
偏りすぎればバランスが崩れてしまう。
個人で言えばそこは自己チェックをすることで
行き過ぎが起きないように調整が必要だし、
社会もまた然りなのではないかと思います。

ついでにもう一つ、最近Twitterの方では、
出産・育児のことを通じて感じた
日本のあまりの女性差別を何とかしたいと
あれこれ取り組みを行っています。
もちろんこれも余力の範囲でやっていますし、
できないと思ったらすぐ手放すつもりですが、
あれについても「そういうことを言う男性が
あまりにも少ない状況」を見かねて、
バランスを取ろうとしている部分は
あるような気がします。

もちろんいろんな意見があっていいし、
議論そのものの多様性は認められてしかるべき
だとは思っているのですが、
今のTwitterを端から見る限り、あまりにも
女性差別に反対する男性の声が少なすぎる。
だからもし、もっとそちら側の男性の主張が
今後盛り上がってきて、自分の役割が
必要ないと思えた時には、遠慮なく身を引いて
他のことに取り組みたいと思っています。

終始とっちらかったことを書きましたが、
そんなふうに偏り過ぎな状況に入っていって
バランスを取る役目を果たすのが
自分にとってとても気持ちの良いことで、
だから今まで生きてきてずーっと
多数派になったことがないのかな?
ということに気づいた人生の節目の夜でした。

明日からもまた平常営業です。
スポンサーサイト

| 思うこと | 23:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ミュートボタンがあればいいのに

大きなイベントの後というのは、
大抵きなこはちょっと賢くなって
ちょっと面倒くさくなるものなのですが、
今回の帰省&結婚式もやはりご多分にもれず
かなり面倒なことになっています。

まず深刻なのが、「昼寝消滅」の危機です。
この1週間、平日休日問わず
なかなか本人が昼寝の意思を見せず、
いつまでも遊んでいてようやく4時過ぎに
なってから寝始めたり、数分で起きてしまう
というような事態が続いています。
朝からずっとイヤイヤに振り回されている
我々にとって、この午後の休み時間は
何よりも貴重な息抜きなので、
もしこのまま昼寝無しになっていって
しまうとしたら本当に危機的状況です。
というよりトータルの睡眠時間を考えると
やはり昼寝をしてくれないと足りないので、
どうか一時の気の迷いであって欲しいです。

また、もう何度目かかもわかりませんが
お風呂&歯磨き拒否が続いています。
しかも意味がわからないのが、
お湯を溜めている間に
「おふろ入る!」
「まだ溜まってないからピピって言ったらね」
というやり取りをしているにもかかわらず、
いざ入る段階になったら
「おふろ行かない!」と泣き出すことです。
本人が行く意思を見せた瞬間に
すかさず対応できないと、
たちまち行く気を失ってしまうのでしょうか。
今日はもう、極力無理矢理にならないように
本人が行く気になるまで待っているつもり
でしたが、いつまでも遊びをやめないので
さすがにしびれを切らして
「よし、じゃあ行こう!」と
ちょっと無理に抱き上げようとしたら、
「パパにだっこされるのがこわいの!」と
はっきり言葉で説明されてしまいました。
(結局普段の30分遅れで行きました)

そして、もうひとつの困りごとは
やたらと「はしゃぐ」こと。
楽しそうなだけならいいのですが、
どちらかというと「調子乗ってる」感じで
さっきのお風呂のお誘い等を
完全に無視する形でふざけたりするので、
こちらのイラつかせ度はかなり強力です。
それに変なテンションで奇声を上げたりも
以前より多くなった気がします。
特に顔の前で大声で叫ぶのは本当に
勘弁してくれという気持ちになります。

タイトルは、そんな状態のきなこを前に
ヨメがつぶやいた一言です。
思わずそんな心の叫びが出てしまうくらい、
打ちのめされている我々なのでした。
どうかだんだん落ち着いていきますように。

| 日記 | 23:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

2歳児が結婚式に出たらこうなった


このエントリはもうこの写真1発で
終わってもいいような気もするのですが、
一応もう少し続けます。

この週末、ヨメの親族の結婚式に家族揃って
片道5時間かけて出席してきました。
きなこにとっては、生まれて初めての
「フォーマルな場」ということで
上手くやれるかどうか心配していたのですが、
上手くいかないことのハイライトは
予想以上に早い段階で訪れたのでした。

それは会場についてすぐ、この日のためにと
用意していたドレス風の洋服に着替える時。
ヨメを含む女性陣は着付けのためのフロアに
向かうのですが、そこは男性は入れないと。
突然パパとはぐれて、ママは自分の準備で
あまり相手をできる状態でもなく、
しかもよくわからないおばさん達(スタッフ)
に囲まれて、きなこは軽くパニックに
なってしまったのかもしれません。
とにかく大荒れになったそうで、
着替えも断固拒否、ヘアセットも勿論拒否、
下着姿で「パパに会いたい」と大さわぎ。
控室で待っていた僕は急遽電話で呼び出され
特別に着付けフロアに通されて
カーテン越しに受け取ったきなこを
ひたすらなだめる係に。
要求されるままに外階段を(下着姿のまま)
5階から1階まで歩いて探検したりしました。
そして結局、用意していたドレスは着られず
かろうじて上に羽織るものだけを着せて
下は普段着のままで出席、となりました。

その流れで式に突入したものだから
まだ本人の気が収まらず、まずおとなしく
座っていることなんてできずに暴れ放題。
そこでの事態はある程度想定していたので、
用意していた下ろしたてのシールブックで
気を紛らわせながら乗り切ったのでした。
冒頭の写真は、その後の写真撮影の時に
カメラマンさんが使っていた脚立です。
会場がブーケトスやらで大いに盛り上がる中、
ひたすらあれで遊ばせろと主張し続けた末の
きなこの姿なのでした。

披露宴が始まっても自由度は変わらず、
事ある毎に早くケーキを食べさせろ、
出された料理はいらんジュースを飲ませろ、
窓の外に見える滝の所に行かせろ、
キャンドルサービス用のロウソクをよこせ、
暗くするな明るくしろ、と要求は
とどまることを知りません。
さらに完全に飽きてしまった後は
再び誰もいない中庭へ繰り出して
大はしゃぎで全力疾走、(下の写真)

戻ってきては新婦がお手紙を読んだ後で
しんみりムードの会場内を奇声を上げながら
駆け回る、といった感じで、
参加者やスタッフの皆さんが
笑ってくれているのが唯一の救いな状態で
怒涛の時間が過ぎていきました。

まあきなこにしてみれば、こちらの事情なんて
知ったこっちゃないし、ここ最近はなるべく
本人の気持ちの準備ができるように
事前にこの先起こることを説明しておくように
しているものの、結婚式というのが何なのか
しっかりと理解などしてもらえるわけもなく、
(一回「行かない!」と言い出した時には
「ケーキ食べれるよ!」と説明したりしてた)
そもそもこっちの都合でおとなしくして
もらおうなどと考えること自体に
無理がある話なんだろうと思います。
本人にとっては、あくまで自然に、ただ自分の
やりたいようにやりたいタイミングで
行動しているだけなのですから。

今はもうとにかく「終わってよかった…」の
一言につきますね。
きなこもヨメも僕も本当にお疲れ様でした。

その他、今回思ったことをいくつか。
一切言うことを聞かない、しかもそれなりに
機動力のある2歳児を結婚式に連れて行くなら、
子どもの世話は完全にパパの仕事です。
女性はどうしたってきっちり着飾らなければ
いけない以上、準備に時間も取られるし
動きだって制限されてしまいます。
だいたいヒールなんか履いて、全力疾走する
子どもを追いかけ回したりなんてできません。
ぜひパパが全力で、気を抜けば池に落ちそうに
なる子どもを追いかけてあげてください。

そしてもう一つ、今回大勢の親族に囲まれて
きなこもたいそうチヤホヤされた訳ですが、
同時に感じたのが親族の皆さんから飛んでくる
「指示」「誘導」「制止」の声の多さです。
もちろん良かれと思って言ってくれてるのは
わかるのですが、ちょっときなこが
水辺に近寄ったり、全体の流れに乗れずに
一人突飛な行動をしたりすると、
大勢の口から「ほら○○ちゃん行くよ!」
「こっちだよ!」「あー!危ないよ!」
の声が飛んでくる訳です。声だけが。
これは言われる本人にとっては
鬱陶しいだろうなぁと思いました。ていうか
僕自身が鬱陶しく感じた、のが本音です。

こっちは毎日彼女と向き合ってる訳だから、
そんなふうに言われて素直に動くわけがない
ということも知ってるし、どこまで行ったら
本当に危ないのかも知ってるし、
そんな時は声掛けなんか意味なくて
体を張って止めなきゃいけないのも知ってる。
彼女がそういう行動をするのは「そうしたい」
という意思があってのことなのだから、
まずそういう本人の気持ちを無視して
ただ「ああしろこうしろ」と言ったのでは
決して納得などしてくれません。
彼女がどうしたいと思っていて、もしそれが
無理なことならどうしてできないのか、
危ないとしたらどういうふうに危ないのか、
ちゃんと向こうの気持ちを聞いてから
説明して理解してもらう段取りがなければ、
普段だったら確実に反発されている所です。
状況的に仕方のないこととはわかりつつも、
そして流石にそこできなこも
いちいち反応したりはしなかったけれど、
あんなふうにほうぼうから言われたのでは
さすがに傷ついただろうなぁと思いました。

最後にもう一枚、式が終わった後の夕方
家族3人だけで散歩に出かけた時に。
僕らの開放感が表れているかのような
きれいな空でした。

| 日記 | 23:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

まず、親が元気に

まずきなこが風邪を引いたのが2週間ほど前、
その後なかなか鼻水が治らず
ズルズルと続いていたなぁと思ったら
ヨメにうつったのが先週末、
そして結局そうなるのね~、な感じで
僕が発症したのが3日前の木曜日。
通算何度目かの「一家全滅」です。

しんがりの僕は毎度のことながら
1日発熱のピークがあれば割とすぐ治るので、
明日からの仕事に影響はなさそうだし、
きなこもようやくここへ来て鼻もくしゃみも
出ないようになってきているし、
最後まで咳が止まらなかったヨメも
夕方になってやっと終わりが見えてきました。
というわけでめでたく3人揃って、
この週末のうちに無事回復できそうです。

とはいえ親2人のピークに当たった期間は
比較的仕事も忙しく帰るのも遅かったので、
きなこの機嫌はかなり悪化していました。
機嫌というか、ぶっちゃけて言うと
かなり「やな感じ」な奴になっていました。
言うことは徹底して聞かないし、
すぐ切れて癇癪を起こすように泣くし、
怒るとすごい顔をして叩いてくるし。
それが、今日になってみんなが元気になった
夕方以降は本当に人が変わったように、
終始上機嫌だしわがままもさほど言わないし、
歯磨きもお風呂も実に素直に、こちらが
「行くよ!」と言えばすぐ動いてくれました。

結局、我々に余裕がないせいで
きなこの話もちゃんと聞いてあげられないし、
気持ちにもちゃんと応えてあげられないしで
悪循環が発生していたんだろうと思います。
まあ幼児から親への感染力の高さを思えば
不可抗力といえば不可抗力なんですが、
まるでループするかのごとくに全員で
風邪を引きまくっていた去年の二の舞いに
ならないよう、今年はまず我々が無理をせず
「健康第一!」で行きたいと思います。

| 日記 | 22:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

幼稚園 願書提出

今日は幼稚園の入園願書提出の日。
結局近くの園のうち、「ユルそう」という
理由を一番の判断材料に絞り込み、
今日はいよいよ願書を提出して
面接を受けてきました。

別に先着順でもないし、
早い時間に行っても混むだけだと思って
受付終了の30分前くらいに行った所
ほぼ最終組という感じで、我々が帰る頃には
もう片付けが始まっていました。
それでも子ども面接・親子面接と
その間の待ち時間も合わせて結構な長時間
だったので、きなこも疲れたと思います。

子ども面接(といっても遊んでいる所を観察
するだけ)の間我々は別室で待機だったので
どんな様子だったのかはうかがい知れません
でしたが、元気に戻ってきた所を見ると
それなりに楽しんできたのでしょう。
ただ次の親子面接では呼ばれるまでの間で
大分飽きてしまったのか、場の空気を無視して
控室中をはしゃぎながらグルグルと走り
出してしまい(僕も止めませんでしたが)、
それに釣られた男児数人が一緒になって
グルグル走り回るという、園が園なら相当
顰蹙を買いそうなことをしてしまいました。
(あーユルい園でよかった…)

親子面接ではきなこも緊張したのか
質問にはあまり答えられませんでしたが、
とにかく本人が幼稚園に対して
嫌な思いを残さずに帰ってこられた
(と思われる)ことが良かったと思います。

| 日記 | 23:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。