シーホースとナッツ

初めての子育てに奮闘中。新米パパ目線で、思ったことなどを書いていきます。

<< 2015-02- | ARCHIVE-SELECT | 2015-04- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

「失敗ばっかりしてる」

今日はきなこと2人、
近所で一番遊具が充実している公園に
お昼ご飯を挟んで2時間半ほど滞在しました。
その道中の行き帰りにもまた別の公園に寄り、
お昼の調達にパン屋に行ったりもしたので
トータル5時間くらい外出していましたが、
さすがに疲れたのか大荒れの末に
さきほど寝ました。

公園では、少し年上の男の子達の
ちょっと激しめの遊びにも何とか対応して
一緒に混じって楽しく遊んだりしていて、
もうすぐ始まる幼稚園への不安を
吹き飛ばすような社交性の発揮っぷりでした。

そんな大はしゃぎの外出から戻って
部屋でおしゃべりをしていた時のこと、
急にきなこが「自分は失敗ばっかりしてる」と
語りだしたのです。
きっかけは、未開封のふりかけの袋を
開けてみたいというので渡したら、あんまり
切り口がきれいに開かなかったことでした。

「もっと上手に開けたかったなー」から始まり
「いっつも失敗しちゃうんだ」と言うのです。
それは、今日の公園ですべり台の壁に
ちょっと頭をぶつけたことや、数日前に
病院への道すがら転んでしまったことなども、
本人にとっては「失敗ばかりしてる」の中に
含まれているようでした。

なぜそんなことを考えたのかはわかりませんが
これは逆にチャンスと思って、
パパもママも毎日いろいろ失敗してるよ、
失敗することは誰だって当たり前で
別に悪いことじゃないんだよ、
でもきなこはそれが残念だったんだね、
次はもっと上手にできたらいいね、
というようなことを話して聞かせました。

2歳の頃というのは「全能感」があると
聞いたことがあります。
自分は何でもできるように思ってしまう
感覚だそうです。
それに対して、3歳になったここへきて
自分では「やれる」と思っていたことが
実際にやってみたらどうも上手くいかない。
そんなことがたくさん出てきて、
もしかしたらその1つ1つが本人にとっては
ショックなことだったのかもしれません。

もしかしたら最近覚えた「失敗」という
言葉をただ単に使ってみたかっただけ
という可能性もありますが、
(例えばここの所のきなこの流行り言葉は
「イヤ!」や「ダメ!」に代わって
「そんなことはしないよ!」だったり。)
いろいろと表現力が付いてくると
本人の考えていることを
言葉で伝えてくれるようになるので、
それを知らせてもらえてよかったな、と
感じたできごとでした。
スポンサーサイト

| 日記 | 23:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

泣かせてしまった日

僕はもともと目眩の出やすい体質で、
特に春になると毎年のように症状が悪化して
大変手を焼いているのですが、
今年もまた数日前からその気配があって、
加えて昨日は爆弾低気圧の通過で
夕方から急激に気圧が下がり、相乗効果なのか
体調もすこぶる悪化していました。

そんな日に限ってきなこは夕飯時から
どうしたんだというくらいはしゃいでいて、
ヨメが何とか気持ちを落ち着かせようと
「目を閉じて10数える」というおまじないを
やってくれたのですが、それでも変わらず
ご飯の後もずっとおふざけモードでした。

その流れのままお風呂の時間になり、
僕は立っているのもやっとの状態ながらも
一緒にお風呂に入る準備をしていたのですが、
増えすぎて脱衣所の隅で山積みになっている
お風呂用のおもちゃを全部持って入るんだと
突然言い出すきなこ。後で全部干さなきゃ
いけない手間を考えて、少しでも減らすことを
提案すると、怒って地団駄を始めるきなこ。
ここでいよいよ感情的が抑えられなくなり、
持っていたおもちゃをお風呂のフタの上に
投げつけてしまう僕。
久しぶりに盛大に泣かせてしまいました。

すぐに謝って、泣いた勢いでおもらしをして
しまったことにより泣き笑い状態になったので
後に引きずることもなく、その後も普段通り
楽しく過ごした様子でしたが、今日になって
お風呂の前に「パパ怒ってない?」と
3回くらい聞かれました。
やっぱりちょっとショックだったようです。
僕がきなこの前でキレたことというのは
これまでの彼女の人生で本当に数えるほどしか
ないので、余計に恐かったんだと思います。

大いに反省したのと、おもちゃを投げた瞬間に
「ダメだよ!」と言ってから泣き出すまでの
きなこの悲しそうな顔が忘れられなくて、
贖罪のつもりでこれを書いているのですが、
今回つくづく思ったのは
結局「自分の問題」なのだなぁということ。

考えてみれば、きなこがはしゃいで手が
つけられないなんて、よくあることです。
食器を洗っているのに「パパ登りする!」と
椅子を持ってきて腕に絡みついてくることも、
布団を敷いている所に、歯ブラシを咥えたまま
「パパ遊んで!」と邪魔しにくることも、
別に今に始まったことではありません。

要するに、キレてしまうかどうかの境界は
こちらのキャパの問題でしかなくて、
昨日の体調の悪さからくる心の余裕のなさが、
いつも通りに自由なきなこの言動を
受け止められなかっただけのことなのです。

平時だったらどこかでヨメの助け舟が入って、
たとえどんなに僕が弱っている時でも
感情を爆発させる所まで行かずに済むのですが
今は彼女もつわりの真っ最中です。
特に夕食後から寝るまでの間というのが
一日で一番調子が悪くなるそうで、
そこに頼ることもできない状態でした。

そんな自分の経験から知るべき大切なことは、
とにかく人をそういう状態にしないこと。
いつでもいざという時に頼れる人なり場所なり
何かしらのものを用意しておくことが、
キャパオーバーのリスクを減らし、
感情の爆発を避けることに繋がるということを
いま改めて実感しているところです。

とりあえず目の前のヨメが、なるべくそういう
心理状態にならないで済むように、
日々自分の中で心がけることと実効的な対策を
もう一度2人で話し合っておくことが、
これから訪れる「2人とも余裕のない状態」に
立ち向かうためには必須だと思いました。

| 日記 | 23:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。