シーホースとナッツ

初めての子育てに奮闘中。新米パパ目線で、思ったことなどを書いていきます。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

夜泣きのワケは…

昨日の帰省の件、後日談になります。

家に帰ってからはすっかり普段の感じに戻って、
いつも通りの流れでお風呂が済み、寝かしつけて
何もかも順調に終わったと思われた夜中の3時。
突然のきなこの夜泣きで目が覚めました。

「寝言泣き」なら、ヨメが手を握ってあげれば
すぐにまた寝入るのですが、今回は泣き止みません。
それどころか段々激しくなってきて、
もう抱っこしても全くおさまる気配はなし。
かなり長い時間泣きつづけていました。
結局、授乳して落ち着いてもらうことになって、
それまで成すすべもなく泣き声を聞いていた僕が
一旦抱っこを代わったのですが、そうしたら
どういう訳かもらい泣きをしてしまったのでした。

この3日間、きなこはきっとつらかったんでしょう。
元気に明るくおどけてみせてたけれど、
本当はすごくストレスになっていたのでしょうね。
せっかく心待ちにしてくれていた
じぃじばぁばに残念な思いをさせちゃいけないと、
相当無理をしたのかもしれないし、もしかしたら
このイベントごとが成功のうちに終わるようにと、
僕らにも疲れた顔や不満な顔を見せられなかった
のかもしれません。

そうやってずっと溜め込んでいた気持ちが、
夜になって一気に吹き出してきて
あんなに泣いたんじゃないか。
そんなふうに思ったら、もう僕自身も
泣けてきてしょうがなかったのです。

もちろん全て僕の勝手な想像ですし、
朝起きたらもうすっかり普段どおりのきなこでした。
でも最近は、夜寝付いたら朝まで起きることの
あまりなかった中で、あれだけ泣いたというのは
タイミング的にもやっぱりそういうことなのかなぁと
思わずにはいられません。

これまで手のかからない子で
本当に助かっているのですが、もしそれも全部
本人が僕らに気を使ってのことなんだとしたら
それはあまりにも早すぎるし、これから先
つらい思いをたくさんすることになると思うので、
もっと自分を出して、わがままを言っていいんだよと
言ってあげたいと思います。

| 日記 | 22:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://shnuts.blog.fc2.com/tb.php/288-732379e7

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。